足寄駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
足寄駅
旧 足寄駅(2010年5月)
旧 足寄駅(2010年5月)
あしょろ - Ashoro
仙美里 (8.4km)
(6.1km) 愛冠
所在地 北海道足寄郡足寄町北1条1丁目
所属事業者 北海道ちほく高原鉄道
所属路線 ふるさと銀河線
キロ程 44.6km(池田起点)
電報略号 アヨ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1910年明治43年)9月22日
廃止年月日 2006年平成18年)4月21日
備考 ふるさと銀河線廃線に伴い廃駅
左:ホームの様子 右:窓口の様子(2010年5月) 左:ホームの様子 右:窓口の様子(2010年5月)
:ホームの様子 :窓口の様子(2010年5月)
1977年、国鉄池北線時代の足寄駅と周囲1.5km×1km範囲。上が北見方面。千鳥式相対ホーム2面2線、駅舎横の池田側に貨物ホームと引込み線、駅裏側に副本線と2本の留置線を有する。留置線からは駅北側にある幾つかの木工所前へ引込み線が伸びている。駅表の北側には足寄営林署管轄のストックヤード(土場)があり、かつては北側の踏切辺りからカーブを描いてヤード中央へ専用線が伸びていた。(国土地理院 米軍撮影航空写真USA-R353-34)。この写真ではその跡は、道の汚れ具合や、微かな土の変色などで推測できるだけである。
このヤードへは、かつて大正12年から昭和35年まで足寄森林鉄道が接続しており、利別川の支流の足寄川上流やその支流の稲牛川上流などから木材を搬入していた。軌道はヤードの外周からヤード右下に見える軌道跡の小道上を走り、国道へ曲がらずにそのまま利別川を渡河して右上へ向きを変えて上足寄へ向かっていた。川の中央に当時の鉄橋の橋脚が残されている。
また、木材だけでなく、昭和27年から昭和37年頃まで、雌阿寒岳山頂近くの硫黄鉱山から採掘された鉱石が、索道で茂足寄の製錬所へ運ばれた後、トラック輸送によって製品が駅へ運搬されていた。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

足寄駅(あしょろえき)は北海道足寄郡足寄町北1条1丁目にあった北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線廃駅)である。足寄町の代表駅であった。

駅構造[編集]

地上駅。廃止時は相対式ホーム2面2線を有した。

のりば
1番のりば…ふるさと銀河線上り本別・池田方面
2番のりば…ふるさと銀河線下り陸別・北見方面、上り(池田からの折り返し列車)

廃止時まで社員配置駅(末期には駅長助役の2名配置)であった。末期には窓口は平日の7時50分から16時15分まで営業していたが、廃止前1ヶ月程度の期間は土日祝も営業していた。ふるさと銀河線乗車券回数券定期券のほか、JR北海道管内の普通乗車券・特急券指定席券も取り扱っており、これらについては補充券による発行が行われていた。末期には改札業務は行われていなかった。

そのほか駅舎には十勝バス案内所、売店があった(拓殖バス案内所は路線廃止により2005年9月30日で営業終了)。そのため2005年9月まで、ちほく高原鉄道、十勝バス、拓殖バス、道の駅きっぷと4種類のきっぷが買える駅だった。駅2階には、地元出身の松山千春のギャラリーが設けられている他、駅前には、ヒット曲「大空と大地の中で」が流れ、本人の筆跡で書かれた歌詞と肖像画がデザインされた歌碑が設置されている。

駅名の由来[編集]

アイヌ語の「エショロ・ペツ」(沿って下る川)から。

駅跡地・周辺[編集]

鉄道駅としての役割は終わったが、駅舎は改築時から複合施設とされており、道の駅あしょろ銀河ホール21および十勝バス足寄案内所として廃駅の後も使われている。十勝バス案内所は足寄駅事務室に移され、NPO法人あしょろ観光協会が乗車券発売業務を受託し、硬券乗車券を引き続き発売している。

鉄道施設はホーム部分が一部残されるのみで、駅舎周りは線路撤去後に駐車場の拡張など道の駅関連の再整備が行われた。駅舎を出て右側にあったバス乗り場は建物外に整備された24時間トイレのある左側に移され、代替バスは休憩を行う。

足寄町の中心地であり、商店等が多くある。駅前交差点の信号機には現在も「足寄駅」と表示されている。

歴史[編集]

JR北海道当時の足寄駅(1989年3月)

足寄森林鉄道[編集]

  • 1922年(大正11年) - 幹線敷設工事着工。
  • 1923年(大正12年) - 足寄貯木場10.47ha設置。
  • 1927年(昭和2年) - 幹線33.147km敷設。10t蒸気機関車運用。
  • 1945年(昭和20年) - この時点までに幹線37.700km、支線10.114km敷設運用。
  • 1949年(昭和24年)-1954年(昭和29年) - 幹線支線合わせて21.8kmを延長。
  • 1956年(昭和31年) - 運用機関車をすべてディーゼルに転換。B5t加藤製2台、B7t酒井製3台。
  • 1960年(昭和35年) - 廃止。トラック輸送に切り替え。
なお、昭和23年における保有機関車は以下の通り[1]
10tコッペル製4台、10t鉄道省製2台。

隣の駅[編集]

北海道ちほく高原鉄道
ふるさと銀河線
仙美里駅 - 足寄駅 - 愛冠駅

参考資料[編集]

  • 足寄町史 昭和47年発行
  • 東北海道の林業 帯広営林局 昭和44年発行

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 管内概要 帯広営林局 昭和23年5月発行。

関連項目[編集]