置戸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
置戸駅
置戸駅舎(2005年8月)
置戸駅舎(2005年8月)
おけと - Oketo
小利別 (15.9km)
(4.4km) 豊住
所在地 北海道常呂郡置戸町字置戸
所属事業者 北海道ちほく高原鉄道
所属路線 ふるさと銀河線
キロ程 109.4km(池田起点)
電報略号 オケ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1911年大正10年)9月25日
廃止年月日 2006年平成18年)4月21日
備考 ふるさと銀河線廃線に伴い廃駅
JR北海道当時の駅舎(ホーム側より撮影、1989年3月)
発車時刻待ちの北見行CR75-3(置戸、1998年7月3日)
1977年、国鉄池北線時代の置戸駅と周囲1km範囲。右上が北見方面。標高約220m、周囲の山々と300m程高低差のある谷筋に、木材搬出を主目的として作られた駅で、山を越えた北隣の石北本線留辺蘂駅と似ている。駅裏正面から池田側に北見営林局置戸営林署管轄の広大なストックヤード(土場)が広がる。その周囲には沢山の木工場が建てられており、駅裏は殆んど全て木材関係の施設が占めている。相対式ホーム2面2線と駅舎横の北見側に貨物ホームと引込み線、駅裏側に3本の留置線、そこからヤードの池田側へ2本の貨物積卸線が伸びる。かつてはもう一本ヤードの中央に伸びていたが、既に撤去されて軌道跡が小道状になっている。その積卸線と本線との間に建家があるが、置戸-陸別間にある池北峠越え用の補機用機関車の車庫で、以前はそのすぐ北見寄りに転車台があったが、撤去され埋められて殆んど痕跡が無くなっている。
かつてはこのヤードの南西端へ置戸森林鉄道が接続し、西方の常呂川上流、現在の鹿の子ダムよりさらに上流にある支流の上ホロカトコロナイ川や、勝山から南西に分かれる支流の仁居常呂川上流から、勝山に設けられた土場を中継地として、木材を運び込んでいた。写真左下に見える踏切よりも川寄り、本線の常呂川鉄橋手前に窪んでカーブして行く跡と本線の短い鉄橋が残っているが、軌道はそこを潜り抜けて、川を渡らずに旧道に沿って山裾を回り込みながら勝山へ向かっていた。 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

置戸駅(おけとえき)は、北海道常呂郡置戸町字置戸にあった北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線廃駅)である。電報略号オケ

駅構造[編集]

  • 相対式ホーム2面2線の地上駅。コミュニティーセンターと合築になっている。
  • 社員配置駅(駅長と助役)。平日日中のみ営業。改札業務はしなかった。廃止前1ヶ月程度の期間は土日祝も営業していた。
  • 廃止後は観光案内所で北海道北見バス回数券・定期券を発売するが、バスは駅前には乗り入れない。
  • この駅での夜間停泊は行わず、北見駅へと折り返していた(国鉄時代からふるさと銀河線初期は回送列車扱いだった)

駅名の由来[編集]

アイヌ語の「オ・ケトゥ・ウン・ナイ」(川尻に毛皮を干す枠のある川)より。

駅周辺[編集]

置戸町の中心駅。町の機能がほぼそろっている。

歴史[編集]

置戸森林鉄道[編集]

  • 1920年(大正9年) - 置戸森林鉄道敷設工事着工。
  • 1921年(大正10年)
    • - 中里に貯木場(中置戸土場)設置。
    • 8月 - 幹線(置戸駅-中置戸-二股(現・勝山))16.6km竣工。
    • 11月 二股より仁居常呂支線 9.6km、士居常呂支線 11.8km 各線延長。
  • 1922年-1925年 仁居常呂支線 25.1km、士居常呂支線 24.9km 各線延長。
  • 1923年(大正12年) - 置戸貯木場(駅土場)設置。
  • 1925年(大正14年) - 駅土場へ引込線200m敷設。
  • 1929年(昭和4年) - 士居常呂支線 4.0km延長。
  • 1931年(昭和6年) - 中置戸土場閉鎖、置戸駅土場に集約。
  • 1961年(昭和36年) - 廃止、軌道撤去。

隣の駅[編集]

北海道ちほく高原鉄道
ふるさと銀河線
小利別駅 - 置戸駅 - 豊住駅


小利別と置戸間の釧北峠(現・池北峠)に、1916年(大正5年)から1931年(昭和6年)まで釧北信号場が置かれていた。また、同一地点に戦後まもない頃(時期不詳)から1957年(昭和32年)まで釧北仮乗降場が置かれていた。

参考資料[編集]

  • 置戸町史 上下巻 昭和60,62年発行

脚注[編集]

  1. ^ 置戸町史 上巻 昭和60年8月発行 P732。

関連項目[編集]