塩幌駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塩幌駅
しおほろ - Shiohoro
西一線 (1.9km)
(2.5km) 上利別
所在地 北海道足寄郡足寄町上利別181-4
所属事業者 北海道ちほく高原鉄道
所属路線 ふるさと銀河線
キロ程 55.9km(池田起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1961年昭和36年)2月1日
廃止年月日 2006年平成18年)4月21日
備考 ふるさと銀河線廃線に伴い廃駅
1977年、国鉄池北線時代の塩幌駅と周囲500m範囲。右上が北見方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

塩幌駅(しおほろえき)は、北海道足寄郡足寄町上利別181-4[1]にあった北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線である。ふるさと銀河線廃線に伴い、2006年(平成18年)4月21日廃駅となった。

駅名の由来ははっきりしないが、アイヌ語の「シュツ・ポロ」(末広がる沢)や「スオプ・ポロ」(川床にえぐられた深みのある川)だという説がある。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅

駅周辺[編集]

国道から林道を降りた所にある畑の中の駅。周囲には民家は1軒もない。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北海道ちほく高原鉄道
ふるさと銀河線
西一線駅 - 塩幌駅 - 上利別駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『JR釧路支社 鉄道百年の歩み』 北海道旅客鉄道釧路支社2001年
  • 『ふるさと銀河線10年のあゆみ』 ふるさと銀河線10周年記念事業実行委員会、1999年

関連項目[編集]