京都丹後鉄道宮津線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg
宮津線(宮舞線・宮豊線)
KTR8000 TANGO Yu-Yu01.jpg
栗田駅交換する「タンゴ悠遊号」
2号(手前)と1号(奥)
概要
起終点 起点:西舞鶴駅
終点:豊岡駅
駅数 19駅
路線記号 M(宮舞線)
T(宮豊線)
ウェブサイト 宮舞線|京都丹後鉄道
宮豊線|京都丹後鉄道
運営
開業 1924年4月12日 (1924-04-12)
三セク転換 1990年4月1日
上下分離 2015年4月1日
所有者 National Railway Symbol of Japan.png 鉄道省
Japanese National Railway logo.svg 日本国有鉄道(国鉄)→
JR logo (west).svg 西日本旅客鉄道(JR西日本)→
KTR logo.png 北近畿タンゴ鉄道 (KTR)
第一種鉄道事業者
第三種鉄道事業者
運営者 WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
第二種鉄道事業者
使用車両 車両の節を参照
路線諸元
路線総延長 83.6 km (51.9 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
最小曲線半径 300 m
電化 直流1,500 V(宮津駅 - 天橋立駅間)
架空電車線方式
運行速度 最高85 km/h
最急勾配 25
路線図
Kyoto Tango Railway Linemap.svg

宮津線(みやづせん)は、京都府舞鶴市西舞鶴駅から宮津市宮津駅を経由して兵庫県豊岡市豊岡駅に至るWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)の鉄道路線である。もとは日本国有鉄道(国鉄)・西日本旅客鉄道(JR西日本)の路線で、1990年から2015年までは北近畿タンゴ鉄道 (KTR) が運営していた[注釈 1]

西舞鶴駅 - 宮津駅間 (24.7 km) に「宮舞線(みやまいせん)」、宮津駅 - 豊岡駅間 (58.9 km) に「宮豊線(みやとよせん)」の愛称が付けられている[2][3]丹後半島の付け根を通り、日本三景天橋立などへの観光の足となっている。路線記号は「宮舞線」区間が「M」、「宮豊線」区間が「T」[4]

路線データ[編集]

運行形態[編集]

広域輸送[編集]

沿線に観光地や海水浴場を数多く控えていることから、観光輸送や夏季の海水浴客輸送のために多くの特急列車が設定されている。特急列車は宮福線を経由して福知山方面へ連絡している。一部の列車は西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線との相互直通運転を行い、京都駅へ乗り入れている。運行列車と使用車両は以下の通り。

周辺の各接続路線が電化された今でも、宮津線内の電化区間は北近畿タンゴ鉄道への転換後に電化された宮津駅 - 天橋立駅間だけ(国鉄・JR時代は全線非電化)であるため、非電化区間にまたがって走る特急には自社の気動車が使用されている。

なお、舞鶴線西舞鶴駅経由でも京都方面との特急列車が設定されていたが、2008年3月15日のダイヤ改正で宮福線経由に変更され、西舞鶴駅 - 宮津駅間は快速・普通列車のみの運転となった。また、新大阪方面への直通列車は2011年3月12日のダイヤ改正で全廃された。 かつて運転されていた優等列車の、急行「丹波」・急行「大社」については「舞鶴線・小浜線・宮津線優等列車沿革」を、急行「丹後」については「きのさき (列車)#沿革」を参照。

地域輸送[編集]

普通列車は、沿線住民の生活のほかに、宮津駅天橋立駅での特急接続を考慮したダイヤとなっている。

1 - 2時間に1本運行されている。夜間滞泊は西舞鶴駅・宮津駅・網野駅豊岡駅 (兵庫県)で行っており、始発列車は西舞鶴行きが網野発6時06分、豊岡発5時56分、豊岡行きが宮津発5時54分、西舞鶴発6時17分である。最終は西舞鶴発が豊岡行き20時45分(宮津発は21時18分)、網野行きが22時(宮津発は35分)、22時台2本目の24分発が宮津行きである。豊岡発西舞鶴行きは21時26分(宮津発は22時49分)である。[5]

観光型列車として一部の普通列車が「タンゴ悠遊号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」「丹後くろまつ号」として運転される。

車両[編集]

現用車両[編集]

自社車両[編集]

JR西日本の車両[編集]

  • 電車

過去の車両[編集]

北近畿タンゴ鉄道移管後[編集]

自社車両はすべて現用中。

JR西日本の車両[編集]
  • 電車
    • 183系(宮津 - 天橋立間) - JR西日本福知山電車区所属

国鉄・JR西日本時代の車両[編集]

歴史[編集]

宮津線の周辺の鉄道を敷設しようとする動きは古くからあり、特に後の宮福線にあたる福知山と結ぶ鉄道の計画は何度も繰り返されてきた。鉄道建設の運動をしていた地元の丹後鉄道急設期成同盟会では、民営による鉄道建設と運営の難しさを感じ、国による建設を訴える方向に転じた。これをうけて1918年(大正7年)の帝国議会で舞鶴(現在の西舞鶴駅)と峰山を結ぶ峰山線(みねやません)の建設予算案が通過した[6]

当初の建設計画では、舞鶴から真壁峠を越えて志高で由良川を渡り、由良川左岸に沿って下って現行ルートに取り付くようになっていた。しかし架橋の計画を知った上流の大江地区などからは、橋が水流の障害となって引き起こされる洪水への懸念から強い反対運動が起きた。そこで再調査の結果、1921年(大正10年)7月の計画変更で、神崎村まで由良川右岸に沿って下って、河口付近で由良川を横断する現行計画に改められた[6]

その後舞鶴側から工事が順次進められ、宮津線として網野まで1926年(大正15年)12月に開通した。さらに豊岡までも峰豊線(みねとよせん)として計画され、豊岡側からも工事が進められた結果1932年(昭和7年)8月に全通し、峰豊線は宮津線に編入された。

全通後は鉄道省 - 日本国有鉄道(国鉄)が運営をしてきたが、国鉄の経営悪化に伴い1980年(昭和55年)の日本国有鉄道経営再建促進特別措置法(国鉄再建法)の規定により、特定地方交通線(第3次)に指定された。その頃、国鉄が開業させる予定で建設が進められながら、同じく国鉄再建法の規定で建設中断となっていた宮福線を引き受ける第三セクター会社として宮福鉄道が設立されることになっていたことから、地元ではこの会社に宮津線も引き受けさせて第三セクター化することとした。宮津線はその後西日本旅客鉄道を経て、宮福鉄道を改称した北近畿タンゴ鉄道1990年4月1日から承継した。本路線を最後に、特定地方交通線の転換は終結した。

第三セクター化後、宮福線の高速化・電化事業に関連して宮津 - 天橋立間の電化が実施され、京都や大阪方面から直通の特急電車が乗り入れるようになっている。

その一方で、過疎化やマイカー化等により、普通列車等の地域交通としての役割が揺らぎ、赤字が山積してきており、特に天橋立-豊岡方面の乗客減が特に顕著なことから、北近畿タンゴ鉄道の経営主体の京都府は、兵庫県に対し、運行本数見直しや一部路線の廃止も含めた検討を始めたことが明らかとなり、地元自治体と検討会を設置し、2011年9月までに結論を出すとしていた[7]。検討会(北部地域総合公共交通検討会)は、当初予定より1年遅れて2012年9月に「中間とりまとめ」を府に提出し、この中で上下分離方式の導入や経営組織の変更、設備更新投資、ダイヤ・企画乗車券の見直しなどの提言を盛り込んだ[8]

2015年4月1日に、鉄道運行事業が北近畿タンゴ鉄道からWILLER ALLIANCEの子会社であるWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)に移譲された。これに伴い、京都丹後鉄道が第二種鉄道事業者、北近畿タンゴ鉄道が第三種鉄道事業者となり、上下分離方式による運行を開始した[2]。同時に路線愛称と路線記号・駅番号が設定された[4]

年表[編集]

1927年の北丹後地震により網野駅構内で横転した8620形蒸気機関車牽引の列車

国鉄→JR西日本[編集]

北近畿タンゴ鉄道→京都丹後鉄道[編集]

  • 1990年平成2年)
    • 4月1日:JR西日本宮津線 (84.0km) 廃止、北近畿タンゴ鉄道宮津線 (83.6km) 開業[10]。丹後山田駅を野田川駅に、丹後木津駅を木津温泉駅に改称。特急「タンゴエクスプローラー」が運転開始。
    • 4月8日:早朝の回送列車(KTR001形3両編成)が、天橋立 - 岩滝口間(西舞鶴起点32.1km付近)において、前夜からの強風の影響で線路上に飛ばされてきたプレハブ住宅に衝突する事故が発生[18]
  • 1992年(平成4年)1月10日:列車無線運用開始。
  • 1993年(平成5年)
    • 4月16日:宮津 - 天橋立間鉄道電化・高速化事業の基本計画及び鉄道施設変更認可申請[10]
    • 5月13日:基本計画変更認可。同上工事の起工式を開催[10]
    • 5月14日:鉄道施設変更認可[10]
    • 6月10日:工事実施計画の指示、鉄道整備基金事業認定[10]
    • 7月21日:電化・高速化事業の起工式を開催[10]
  • 1996年(平成8年)3月16日:宮津線の宮津 - 天橋立間が電化直流1,500V)および高速化開業[10]。JR西日本の電車特急「はしだて」・「文殊」が運転開始。
  • 2007年(平成19年)3月18日:「タンゴ悠遊号」が運転開始。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月:円山川橋梁の架け替え工事開始。
    • 3月15日:「タンゴ浪漫号」が運転開始。
  • 2009年(平成21年)
    • 3月14日:「大江山タンゴ悠遊号」が宮福線福知山 - 網野間で運転開始。当線宮津 - 網野間に乗り入れ。
    • 5月10日:但馬三江駅に「コウノトリの郷駅」の愛称が設定される[19][20]
    • 12月18日:宮津市由良にて、宮津行き普通列車が強風で線路に倒れてきた北近畿タンゴ鉄道の3本の通信用電柱のうちの1本に衝突。乗客30人に怪我はなし。
  • 2010年(平成22年)
    • 4月5日 - 7日:但馬三江 - 豊岡間の円山川橋梁の架け替えのため、久美浜 - 豊岡間が終日運休・バス代替となる[21]
    • 4月8日:始発より新円山川橋梁供用開始。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月12日:特急「文殊」が廃止。特急「たんごリレー」が運転開始。
    • 4月28日:北部地域総合公共交通検討会第1回会議[10]
  • 2012年(平成24年)9月11日:北部地域総合公共交通検討会第5回会議。中間とりまとめ[10]
  • 2013年(平成25年)
    • 4月14日:「丹後あかまつ」「丹後あおまつ」運行開始[22]
    • 4月23日:宮津市が地元住民グループに検討を依頼していた岩滝口駅の愛称が「阿蘇の入江駅」に決定[23]
    • 5月:与謝野町の公募により、野田川駅の愛称が「美心 与謝野駅」に決定[24]
    • 10月31日:北近畿タンゴ鉄道宮津線・宮福線の新たな運行会社募集開始[10]
  • 2014年(平成26年)
    • 2月21日:舞鶴市の公募により、同市内の3駅の愛称が決定。四所駅が「四所しだれ桜公園駅」、東雲駅が「安寿の里駅」、丹後神崎駅が「神崎海水浴場駅」[25]
    • 5月9日:北近畿タンゴ鉄道宮津線・宮福線の新たな運行会社について、最適提案事業者の発表[10]
    • 6月17日:京丹後市による公募により、同市内の7駅に愛称を設定。丹後大宮駅が「小町の里駅」、峰山駅が「羽衣天女の里駅」、網野駅が「静御前と乙姫の里駅」、木津温泉駅が「橘の里 夕日ヶ浦駅」、丹後神野駅が「日間の松原 小天橋駅」、甲山駅が「摩須郎女の里 かぶと山駅」、久美浜駅が「龍伝説の里駅」[26][27]
  • 2015年(平成27年)

駅一覧・接続路線[編集]

凡例
●:停車、|:通過
普通列車:各駅に停車するため省略。
線路…∨・∧・◇:列車交換可能 |:列車交換不可能
路線愛称 電化方式 駅番号 駅名 駅愛称 駅間キロ 営業キロ 快速 特急 接続路線 線路 所在地
宮舞線 非電化 M08 西舞鶴駅   - 0.0     西日本旅客鉄道:舞鶴線 京都府 舞鶴市
M09 四所駅 四所しだれ桜公園駅 5.4 5.4      
M10 東雲駅 安寿の里駅 3.5 8.9      
M11 丹後神崎駅 神崎海水浴場駅 3.8 12.7      
M12 丹後由良駅   1.7 14.4       宮津市
M13 栗田駅   5.8 20.2      
直流 14 宮津駅   4.5 24.7 WILLER TRAINS(京都丹後鉄道):宮福線
宮豊線
T15 天橋立駅   4.4 29.1  
非電化 T16 岩滝口駅 阿蘇の入江駅 3.7 32.8  
T17 与謝野駅 美心 与謝野駅 2.9 35.7   与謝郡与謝野町
T18 京丹後大宮駅 小町の里駅 7.0 42.7   京丹後市
T19 峰山駅 羽衣天女の里駅 5.6 48.3  
T20 網野駅 静御前と乙姫の里駅 7.2 55.5  
T21 夕日ヶ浦木津温泉駅 橘の里 夕日ヶ浦駅 5.6 61.1  
T22 小天橋駅 日間の松原 小天橋駅 5.4 66.5  
T23 かぶと山駅 摩須郎女の里 かぶと山駅 3.2 69.7  
T24 久美浜駅 龍伝説の里駅 2.3 72.0  
T25 コウノトリの郷駅   8.6 80.6   兵庫県豊岡市
T26 豊岡駅   3.0 83.6 西日本旅客鉄道:山陰本線

終日無人駅となっているのは四所駅・東雲駅・丹後神崎駅・岩滝口駅・かぶと山駅・コウノトリの郷駅の6駅。それ以外の13駅は有人(一部時間帯無人となる駅を含む)であるが、KTR直営駅は西舞鶴駅・宮津駅・天橋立駅・豊岡駅の4駅のみで、残りの9駅は民間や観光協会に駅業務が委託されている。

過去の接続路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 北近畿タンゴ鉄道は現在でも第三種鉄道事業者として鉄道施設を保有している。
  2. ^ a b c 北近畿タンゴ鉄道の公式サイト「宮津線の経緯・沿革」[10]ではこの区間を「峰山線」としている。
  3. ^ a b 北近畿タンゴ鉄道の公式サイト「宮津線の経緯・沿革」[10]ではこの区間を「峰豊線」としている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 施設・運営概要”. 北近畿タンゴ鉄道 (2007年9月20日). 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年5月19日閲覧。
  2. ^ a b c “本日、京都丹後鉄道の運行を開始!新たに「京都丹後鉄道サイト」をオープン” (プレスリリース), WILLER TRAINS, (2015年4月1日), http://trains.willer.co.jp/news/2015/0402.html 2015年4月1日閲覧。 
  3. ^ 事業概要 営業線概要”. 北近畿タンゴ鉄道. 2015年4月1日閲覧。
  4. ^ a b c 三角運賃表 (PDF)”. WILLER TRAINS (2015年4月1日). 2015年4月1日閲覧。
  5. ^ 交通新聞社『JR時刻表』2015年4月号
  6. ^ a b 『三セク新線高速化の軌跡』 76-79頁
  7. ^ “再建議論 廃線も視野 北近畿タンゴ鉄道”. 読売新聞舞鶴支局版 (京都北部経済新聞(読売新聞社)). (2011年2月2日). http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/blog-entry-149.html 2011年2月4日閲覧。 
  8. ^ 第5回「北部地域総合公共交通検討会」の開催結果について”. 京都府ウェブサイト (2012年9月11日). 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月1日閲覧。
  9. ^ a b 鉄道省告示第68号「明治四十二年十月鉄道院告示第五十四号国有鉄道線路名称中山陰線ノ部舞鶴線ノ次ノ行ニ『宮津線(舞鶴宮津間)』ヲ加エ…」、同第69号「大正十三年四月十二日ヨリ宮津線舞鶴宮津間鉄道運輸営業ヲ開始ス」”. 官報国立国会図書館デジタルコレクション) (1924年4月9日). 2015年4月3日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 事業概要 宮津線の経緯・沿革”. 北近畿タンゴ鉄道. 2015年4月1日閲覧。
  11. ^ a b 鉄道省告示第132号、同第133号”. 官報(国立国会図書館デジタルコレクション) (1925年7月27日). 2015年4月3日閲覧。
  12. ^ a b 鉄道省告示第208号、同第209号”. 官報(国立国会図書館デジタルコレクション) (1925年10月29日). 2015年4月3日閲覧。
  13. ^ a b 鉄道省告示第240号、同第241号”. 官報(国立国会図書館デジタルコレクション) (1926年12月18日). 2015年4月3日閲覧。
  14. ^ 『昭和二年北丹後地震』
  15. ^ a b 鉄道省告示第260号「山陰線ノ部宮津線ノ次ノ行ニ左ノ如ク加フ 峰豊線(豊岡久美浜間)」、同第261号「昭和四年十二月十五日ヨリ峰豊線豊岡久美浜間鉄道運輸営業ヲ開始ス」”. 官報(国立国会図書館デジタルコレクション) (1929年12月9日). 2015年4月3日閲覧。
  16. ^ a b 鉄道省告示第100号、同第101号”. 官報(国立国会図書館デジタルコレクション) (1931年5月15日). 2015年4月3日閲覧。
  17. ^ a b c 鉄道省告示第293号「山陰線ノ部宮津線ノ行中『舞鶴丹後木津間』ヲ『舞鶴豊岡間』ニ改メ峰豊線ノ行ヲ削ル」、同第294号「昭和七年八月十日ヨリ宮津線丹後木津久美浜間鉄道運輸営業ヲ開始ス”. 官報(国立国会図書館デジタルコレクション) (1932年8月4日). 2015年4月3日閲覧。
  18. ^ 『鉄道ジャーナル』 通巻285号 36頁
  19. ^ “降り立ってみたくなる駅づくり「コウノトリの郷駅」命名記念イベント” (プレスリリース), 北近畿タンゴ鉄道, (2009年4月23日), オリジナルの2009年4月29日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20090429093228/http://ktr-tetsudo.jp/news/archives/002450.php 2015年4月1日閲覧。 
  20. ^ 『コウノトリの郷』駅をよろしくお願いいたします☆”. 北近畿タンゴ鉄道(アテンダント日記) (2009年5月11日). 2015年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月1日閲覧。
  21. ^ “珍しい工法で橋梁架け替え 北近畿タンゴ鉄道”. 神戸新聞(神戸新聞NEXT) (神戸新聞社). (2010年4月7日). http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/0002845849.shtml 2010年4月7日閲覧。 [リンク切れ]
  22. ^ “北近畿タンゴ鉄道観光型リニューアル列車 「丹後あかまつ号・丹後あおまつ号」の運行開始等について” (プレスリリース), 北近畿タンゴ鉄道, (2013年3月22日), オリジナルの2015年4月1日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150401160255/http://trains.willer.co.jp/news/2013/0322.html 2015年4月1日閲覧。 
  23. ^ “岩滝口駅の愛称が「阿蘇の入江」駅に決まりました!” (プレスリリース), 北近畿タンゴ鉄道, (2013年4月23日), オリジナルの2015年4月1日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150401173354/http://trains.willer.co.jp/info/37.html 2015年4月1日閲覧。 
  24. ^ “北近畿タンゴ鉄道(KTR)野田川駅愛称募集の結果について” (PDF) (プレスリリース), 与謝野町 企画財政課, (2013年5月), オリジナルの2015年4月1日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150401165325/http://www.town-yosano.jp/open_imgs/info/0000013387.pdf 2015年4月1日閲覧。 
  25. ^ “KTR各駅(四所駅・東雲駅・丹後神崎駅)の愛称名の決定について” (プレスリリース), 舞鶴市 企画政策課, (2014年2月21日), オリジナルの2015年4月1日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150401173842/http://www.city.maizuru.kyoto.jp/modules/kikakup/index.php?content_id=1047 2015年4月1日閲覧。 
  26. ^ “「京丹後市駅の愛称」が決定” (PDF) (プレスリリース), 京丹後市役所, (2014年6月17日), オリジナルの2015年4月1日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20150401174128/http://www.city.kyotango.lg.jp/shisei/shicho/kishakaiken/201404_201503/documents/20140617_n58.pdf 2015年4月1日閲覧。 
  27. ^ “丹後大宮は「小町の里駅」 北近畿タンゴ鉄道7駅の愛称決まる”. 京都新聞 (京都新聞社). (2014年6月22日). オリジナル2014年6月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140622170941/http://kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20140622000099 2015年4月1日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]