丹後神崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
丹後神崎駅
丹後神崎駅舎
丹後神崎駅舎
たんごかんざき - Tango-kanzaki
(神崎海水浴場)
M10 東雲 (3.8km)
(1.7km) 丹後由良 M12
所在地 京都府舞鶴市油江109-4
駅番号 M11
所属事業者 WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
所属路線 宮津線(宮舞線)*
キロ程 12.7km(西舞鶴起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
25人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1957年昭和32年)6月22日
備考 無人駅
* 1990年 西日本旅客鉄道から移管

丹後神崎駅(たんごかんざきえき)は、京都府舞鶴市油江にある、WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮津線。「宮舞線」の愛称区間に含まれている。

神崎海水浴場の最寄駅であり、「神崎海水浴場駅」の愛称が付けられている。以前は、臨時で夏期などに特急が停車することがあったが、2008年3月改正で「タンゴディスカバリー」の宮津線宮津駅以東乗り入れが廃止されてからは、普通列車のみ停車する。

西舞鶴駅から当駅までは、舞鶴市内を走る。

歴史[編集]

駅構造[編集]

宮津方面に向かって左側に単式1面1線のホームを持つ地上駅分岐器絶対信号機がないため、停留所に分類される。

宮津寄りに小さな駅舎があるが、無人駅となっている。自動券売機等も設置されていない。

駅周辺[編集]

毎年7月1日開きが行われる

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

  • 77人(1999年度)
  • 60人(2000年度)
  • 47人(2001年度)
  • 41人(2002年度)
  • 41人(2003年度)
  • 36人(2004年度)
  • 25人(2005年度)
  • 27人(2006年度)
  • 22人(2007年度)
  • 36人(2008年度)
  • 36人(2009年度)
  • 25人(2010年度)
  • 30人(2011年度)
  • 25人(2012年度)
  • 25人(2013年度)

隣の駅[編集]

北近畿タンゴ鉄道時代の駅名標
WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)
宮津線(宮舞線)
快速
通過
普通
東雲駅 (M10) - 丹後神崎駅 (M11) - 丹後由良駅 (M12)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]