明知鉄道明知線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
明知線
路線総延長 25.1 km
軌間 1067 mm
停車場・施設・接続路線
STR
JR東海中央本線
0.0 恵那駅
WBRÜCKE WBRÜCKE
阿木川
STR STRlf
BHF
2.6 東野駅
WBRÜCKE1
保古川橋梁 48m
BHF
7.6 飯沼駅
TUNNEL2
飯沼トンネル 192m
TUNNEL2
野田トンネル 160m
BHF
9.9 阿木駅
WBRÜCKE1
阿木川橋梁 42m
BHF
12.7 飯羽間駅
BHF
13.7 極楽駅
BHF
15.0 岩村駅
BHF
18.3 花白温泉駅
BHF
19.7 山岡駅
BHF
23.1 野志駅
KBHFe
25.1 明智駅

明知線(あけちせん)は、岐阜県恵那市恵那駅から明智駅に至る明知鉄道が運営する鉄道路線。旧日本国有鉄道(国鉄)の特定地方交通線を転換、引き継いだ路線である。

わずか25kmあまりの区間で、2つの峠を越えるという急勾配と急曲線の連続する路線で、転換後に当時の運輸省(現・国土交通省)の特認を受けて新設された飯沼駅野志駅は、日本で第1位と第2位の急勾配駅(鋼索式鉄道を除く)として知られる。

基本は通学輸送を中心としたローカル輸送であるが、寒天列車、きのこ列車等のイベント列車も企画・運行されている。

有人窓口のある恵那駅岩村駅明智駅では、硬券のきっぷが発売されている。また、岩村駅と明智駅では使用済乗車券(硬券)が1枚20円で販売されている。

路線データ[編集]

年に一度の夏祭り(2008年8月 明智駅)
  • 路線距離(営業キロ):25.1km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:11駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:特殊自動閉塞式(軌道回路検知式)
  • 交換可能駅:1(岩村)

運行形態[編集]

ワンマン運転の各駅停車が線内で折り返し運転されている。1時間から1時間半に1本の運行で、土曜日と休日は夜の1往復は運行されない。2011年3月12日からは急行「大正ロマン号」が1日1往復(月曜運休)が運転されている。急行は途中阿木駅極楽駅(下り列車のみ)・岩村駅花白温泉駅のみに停車する。2012年3月17日改正から平日上りの最終列車が快速列車となり、野志駅飯沼駅が通過となった。

利用状況[編集]

輸送実績[編集]

明知線の輸送実績を下表に記す。表中、輸送人員の単位は万人。輸送人員は年度での値。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

年度別輸送実績
年度 輸送実績(乗車人員):万人/年度 輸送密度
人/1日
特記事項
通勤定期 通学定期 定期外 合計
1985年(昭和60年) 3.4 18.9 11.4 33.7 1,239 国鉄より運営移管
1986年(昭和61年) 6.3 53.6 29.7 89.6 1,221  
1987年(昭和62年) 4.8 54.8 27.3 86.9 1,178  
1988年(昭和63年) 4.2 55.7 26.3 86.2 1,171  
1989年(平成元年) 3.0 57.6 25.1 85.7 1,161  
1990年(平成2年) 2.7 56.6 24.5 83.8 1,134  
1991年(平成3年) 2.4 55.4 25.2 83.0 1,121  
1992年(平成4年) 2.5 53.4 24.7 80.6 1,091  
1993年(平成5年) 2.3 51.6 24.0 77.9 1,054  
1994年(平成6年) 2.7 50.3 23.3 76.3 1,034  
1995年(平成7年) 2.1 46.7 22.2 71.0 958  
1996年(平成8年) 1.6 44.6 22.7 68.9 934  
1997年(平成9年) 1.4 40.9 21.5 63.8 855  
1998年(平成10年) 1.4 41.3 21.1 63.8 872  
1999年(平成11年) 1.3 41.2 19.2 61.7 831  
2000年(平成12年) 1.4 40.2 18.2 59.8 809  
2001年(平成13年) 1.6 37.1 17.9 56.6 766  
2002年(平成14年) 1.2 38.8 16.9 56.9 768  
2003年(平成15年) 1.2 37.9 14.9 54.0 728  
2004年(平成16年) 1.6 31.7 14.0 47.3 639  
2005年(平成17年) 1.8 30.6 14.3 46.7 632  
2006年(平成18年)            
2007年(平成19年) 1.6 24.7 16.0 42.3    
2008年(平成20年)       46.6    
2009年(平成21年) 1.5 27.5 13.6 42.6 577  
2010年(平成22年)            
2011年(平成23年)            
2012年(平成24年)            
2013年(平成25年)            

収入実績[編集]

明知線の収入実績を下表に記す。表中、収入の単位は千円。数値は年度での値。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

年度別収入実績
年度 旅客運賃収入:千円/年度 運輸雑収
千円/年度
総合計
千円/年度
通勤定期 通学定期 定 期 外 手小荷物 合  計
1985年(昭和60年) 32,552 ←←←← 39,647 0 72,199 1,808 74,007
1986年(昭和61年) 83,698 ←←←← 96,466 0 180,164 1,164 181,328
1987年(昭和62年)              
1988年(昭和63年)              
1989年(平成元年) 5,974 76,957 77,290 0 160,221 148 160,369
1990年(平成2年)              
1991年(平成3年)              
1992年(平成4年)              
1993年(平成5年) 4,761 71,770 76,046 0 152,577 3,236 155,813
1994年(平成6年)              
1995年(平成7年)              
1996年(平成8年)              
1997年(平成9年) 2,839 55,811 65,610 0 124,260 3,357 127,617
1998年(平成10年)              
1999年(平成11年)              
2000年(平成12年)              
2001年(平成13年) 4,235 63,347 65,226 0 132,818 4,313 137,131
2002年(平成14年) 3,919 64,934 65,042 0 133,895 3,369 137,264
2003年(平成15年) 3,314 56,329 53,792 0 113,435 4,220 117,655
2004年(平成16年) 4,340 49,417 44,441 0 98,198 5,308 103,506
2005年(平成17年) 4,593 42,891 44,520 0 92,004 6,022 98,026
2006年(平成18年)              
2007年(平成19年)              
2008年(平成20年)             111,300
2009年(平成21年) 3,678 42,848 53,130 0 99,656 550 100,206
2010年(平成22年)              
2011年(平成23年)              
2012年(平成24年)              
2013年(平成25年)              

歴史[編集]

改正鉄道敷設法別表第63号に掲げる予定線のうち「静岡県掛川ヨリ二俣、愛知県大野、静岡県浦川、愛知県武節ヲ経テ岐阜県大井ニ至ル鉄道…(以下略)」(遠美線)の一部である。大井(現・恵那) - 明知間は当時の岐阜県選出の衆議院議員古屋慶隆の活動などにより建設が決定し、1933年から翌1934年にかけて開業した。

岩村 - 大井間には、1906年岩村電気軌道が開業していたが、明知線開業後の1935年に廃止されている。なお岩村電気軌道は、岐阜県で最初に開業した私鉄である。明知線は岩村電気軌道の経由しなかった阿木村を経由したため、大井 - 飯羽間間においてルートが岩村電気軌道に比べ東側に大きく迂回し、急カーブ、急勾配、トンネルも生じることとなった。

1957年、戦時中に休止されていた白棚線がバス専用道路に改築され、国鉄バス路線として開業したのを機に、国鉄は1958年営業係数の悪い明知線を白棚線と同様の形でバス専用道路に改築してバス転換することを検討したが、この構想は勾配の問題などから中止された。

1968年には国鉄諮問委員会より廃止が提言された(いわゆる「赤字83線」)が、赤字83線の廃止の取り組みが中止となり存続した。その後国鉄再建法が成立し、1981年第1次廃止対象路線となり、1985年に第三セクターの明知鉄道に転換された。

2004年3月、閉塞方式がスタフ閉塞式(恵那 - 岩村間)・タブレット閉塞式(岩村 - 明智間)から特殊自動閉塞式に変更され、中部地方に残った最後の腕木式信号機の使用が停止された。

年表[編集]

  • 1933年昭和8年)5月24日 - 大井 - 阿木間(10.0km)開業。東野駅、阿木駅新設。
  • 1934年(昭和9年)
    • 1月26日 - 阿木 - 岩村間(5.0km)延伸開業。岩村駅新設。
    • 6月24日 - 岩村 - 明知間(10.2km)延伸開業。遠山駅、明知駅新設。
  • 1956年(昭和31年)12月20日 - 遠山駅を山岡駅に改称。
  • 1959年(昭和34年)1月10日 - 飯羽間駅新設。
  • 1963年(昭和38年)11月1日 - 大井駅を恵那駅に改称。
  • 1967年(昭和42年)11月15日 - 花白駅新設。
  • 1981年(昭和56年)
    • 2月1日 - 貨物営業廃止。
    • 9月18日 - 第1次廃止対象特定地方交通線として廃止承認。
  • 1985年(昭和60年)11月16日 - 国鉄明知線(25.2km)廃止。明知鉄道明知線 恵那 - 明智間(25.1km)開業。町名に合わせ明知駅を明智駅に改称。
  • 1989年平成元年)9月20日 - 台風20号による災害で11日間列車運休。バスによる代行運転実施。
  • 1991年(平成3年)10月28日 - 飯沼駅新設。
  • 1994年(平成6年)12月15日 - 野志駅新設。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 下り最終列車1本を廃止し、最終の時刻を繰り上げ。
  • 2004年(平成16年)3月30日 - 閉塞方式を特殊自動閉塞式に変更。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 最終列車として平日に下り1本増発、上り最終を平日のみの運転とする。
  • 2008年(平成20年)12月25日 - 極楽駅新設。
  • 2011年(平成23年)3月12日 - 花白駅を花白温泉駅に改称。急行「大正ロマン号」運転開始。
  • 2012年(平成24年)3月17日 - 急行「大正ロマン号」の停車駅に極楽駅(下り列車のみ)と花白温泉駅が加わる。また、平日上り最終列車を快速化、野志駅・飯沼駅が通過となる。

駅一覧[編集]

全駅岐阜県に所在。カッコ内は旧国鉄時代の駅名。*印は明知鉄道転換後の新設駅。▼印は下りのみ停車、▲印は上りのみ停車。快速は上りのみの運転。

駅名 駅間キロ 営業キロ 国鉄時代の
営業キロ
快速 急行大正ロマン号 接続路線 所在地
恵那駅 - 0.0 0.0 東海旅客鉄道中央本線 恵那市
東野駅 2.6 2.6 2.7  
*飯沼駅 5.0 7.6 ---   中津川市
阿木駅 2.3 9.9 10.0  
飯羽間駅 2.8 12.7 12.8   恵那市
*極楽駅 1.0 13.7 ---  
岩村駅 1.3 15.0 15.0  
花白温泉駅
(花白駅)
3.3 18.3 18.4  
山岡駅 1.4 19.7 19.8  
*野志駅 3.4 23.1 ---  
明智駅
(明知駅)
2.0 25.1 25.2  

現在、明知鉄道沿線活性化協議会において、恵那 - 東野間に学頭駅(仮称)の設置が検討されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]