内子線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
JR logo (shikoku).svg 内子線
内子線
内子線
路線総延長 5.3 km
軌間 1067 mm
停車場・施設・接続路線
STR
予讃線
BHF
U14/S18 伊予大洲駅
伊予若宮信号場
ABZlf eABZq+l BHFq
S17 五郎駅 予讃線
exSTR
予讃線支線
eABZrg
旧線 -1986
BHF+GRZq
0.0 U13 新谷駅
BHF
1.2 U12 喜多山駅
eABZrf
旧線 -1986
exTUNNEL1 STR
exBHF BHF
3.7 U11 五十崎駅
exSTR TUNNEL1
五十崎トンネル
exKBHFe BHF
5.3 U10 内子駅
STR
予讃線支線
内子線旧線(新谷 - 五郎)跡

内子線(うちこせん)は、愛媛県大洲市新谷駅から愛媛県喜多郡内子町内子駅に至る四国旅客鉄道(JR四国)の鉄道路線地方交通線)である。

概要[編集]

かつては予讃線の五郎駅から分岐して内子駅に至る盲腸線であった。現在は予讃線向井原駅 - 伊予大洲駅間短絡ルート(建設時の名称は内山線)の一部に組み込まれ特急列車が行き交う路線となっているが、換算キロ制(現在のJR四国では擬制キロ制となっている)が適用されている地方交通線に指定されたがゆえに、幹線の予讃線(当時は予讃本線)に編入することができず、内子駅 - 新谷駅間が内子線のままとなっている。

短絡ルートに組み込まれる前の輸送密度は500人/日を下回る程度で、第1次特定地方交通線に選定される水準であったが、短絡ルートになることで想定輸送密度は6700人/日と算定され大幅な増加が見込めることを理由に存続が決定した。1980年(昭和55年)施行の国鉄再建法によって原則的に工事が凍結された日本鉄道建設公団AB線(地方開発線・地方幹線)の中で、内山線は北関東鹿島新線とともに工事凍結を免れた2路線の中の1路線であり、しかも内山線は再建法施行以降に全線が国鉄線として開業した唯一の鉄道公団AB線である。ただし内山線は重要ルートとしての活用が約束されたにもかかわらず、鉄道公団線としては最低ランクのA線=地方開発線扱いであった。内山線と当線を合わせた区間が存続・建設となった理由としては、既存の伊予灘沿いの予讃本線が地すべり地帯で危険であることもあげられていた[1]

地元住民からは内子線に加え予讃線の向井原駅 - 内子駅間および新谷駅 - 伊予大洲駅間に関しても未だに「内山線」と呼ばれている。

旅客向け時刻表や『鉄道要覧』では予讃線の伊予長浜経由の従来ルートと内子経由の短絡ルートの分岐点を伊予大洲駅としているが、実際の分岐点は予讃線五郎 - 伊予大洲間にある伊予若宮信号場である。ここでは時刻表や『鉄道要覧』に倣い伊予大洲駅を分岐点として記述する。

路線データ[編集]

  • 管轄(事業種別):四国旅客鉄道(第一種鉄道事業者
  • 路線距離(営業キロ):5.3km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:4(起終点駅含む)
    • 起終点駅を含めた全駅が内子線所属駅となっている。
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:単線自動閉塞式
  • 最高速度:110km/h
  • 輸送密度:3806人(内子駅 - 新谷駅間、2011年度)

運行形態[編集]

予讃線と一体的に運行されており、高松・岡山・松山 - 宇和島間の特急列車や松山・伊予市 - 伊予大洲・八幡浜・宇和島間の普通列車が運転されている。

そのため、起点は新谷であるが、松山・伊予市(・内子)発が下りとなっている。

歴史[編集]

  • 1920年(大正9年)5月1日:愛媛鉄道により若宮連絡所(五郎 - 大洲間にあった分岐点で現在の伊予若宮信号場) - 内子間が開業。軌間762mmの軽便鉄道であった。
  • 1933年(昭和8年)10月1日:国有化され愛媛線となる。
  • 1935年(昭和10年)10月6日:1067mm軌間に改軌。五郎駅分岐となり内子線と改称。
  • 1971年(昭和46年)12月1日:貨物営業廃止。
  • 1985年(昭和60年)11月25日:新谷 - 五十崎間(喜多山 - 五十崎間の一部を除く)で重軌条化・路盤強化及び曲線緩和工事に着手。これに伴い、全区間が翌年3月2日までバス代行輸送となる。
  • 1986年(昭和61年)3月3日:予讃本線の向井原 - 内子間、新谷 - 伊予大洲間の開業により内子線が短絡ルートに組み込まれる。新谷駅に交換設備が設けられ、五十崎・内子両駅は移転、五郎 - 新谷間は廃止。CTC化。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により四国旅客鉄道に承継。日本貨物鉄道の第二種鉄道事業開業。
  • 2006年(平成18年)4月1日:日本貨物鉄道の第二種鉄道事業廃止。

駅一覧[編集]

  • 普通列車はすべての駅に停車。特急列車停車駅は「宇和海 (列車)」ほか列車記事を参照。なお、普通・特急ともすべての列車が予讃線伊予市駅方面および伊予大洲駅方面へ直通する。
  • 全駅愛媛県内に所在
駅番号 駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 所在地
U13 新谷駅 - 0.0 四国旅客鉄道:予讃線(直通運転) 大洲市
U12 喜多山駅 1.2 1.2  
U11 五十崎駅 2.5 3.7   喜多郡内子町
U10 内子駅 1.6 5.3 四国旅客鉄道:予讃線(直通運転)
廃止区間(1986年3月3日廃止)
五郎駅 - 新谷駅

その他[編集]

1988年5月に、新線への切り替えで使用されなくなった五十崎駅付近の旧線を使用して、映画『ダウンタウン・ヒーローズ』の撮影が行われた。このとき車両として使用されたのは、1977年に米山工業の手で復元された伊予鉄道1号機坊っちゃん列車蒸気機関車)であった。これは正真正銘の蒸気機関車で、現在伊予鉄道松山市内線で走行しているディーゼル駆動のものとは別車両である。

脚注[編集]

  1. ^ 種村直樹『ローカル線の旅』日本交通公社、1981年、p236

関連項目[編集]