鹿島臨海鉄道大洗鹿島線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大洗鹿島線
東水戸駅にて
東水戸駅にて
路線総延長 53.0 km
軌間 1067 mm
停車場・施設・接続路線
STR
JR東常磐線(日暮里方面)
BHF
0.0 水戸駅
ABZlf
JR東:水郡線
ABZlf
JR東:常磐線(岩沼方面)
BHF
3.8 東水戸駅
BHF
8.3 常澄駅
WBRÜCKE
涸沼川
BHF
11.6 大洗駅
TUNNEL1
大貫トンネル 1380m
BHF
18.0 涸沼駅
BHF
22.8 鹿島旭駅
BHF
26.7 徳宿駅
BHF
31.0 新鉾田駅
BHF
34.9 北浦湖畔駅
BHF
39.0 大洋駅
BHF
43.1 鹿島灘駅
BHF
46.1 鹿島大野駅
BHF
48.4 長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅
BHF
50.1 荒野台駅
BHF
53.0 鹿島サッカースタジアム駅
ABZlf
鹿島臨港線
HST
鹿島神宮駅
STR
JR東:鹿島線

大洗鹿島線(おおあらいかしません)は、茨城県水戸市水戸駅から鹿嶋市鹿島サッカースタジアム駅に至る鹿島臨海鉄道が運営する鉄道路線日本鉄道建設公団建設線(北鹿島線)を引き継ぎ、開業した路線である。

PASMOSuica等のICカード乗車券は使用はできず、導入予定もない。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):53.0km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:15駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:特殊自動閉塞式(軌道回路検知式)
  • 保安装置:ATS-SN
  • 最高速度:95km/h
  • 最長トンネル:大貫トンネル (1380m)

路線概要[編集]

水戸 - 大洗間[編集]

水戸の近郊エリアとして通勤・通学利用や、水族館(アクアワールド・大洗)や大洗マリンタワー大洗サンビーチ大洗リゾートアウトレットといったマリンスポットが多数点在する大洗へのアクセスに利用される。

この区間の運転本数は1時間に2 - 3本ほどあり、第三セクターの地方鉄道線としては列車密度が高めである。水戸 - 大洗間の区間列車が多数を占めており、旅客輸送において大洗駅は重要な拠点駅となっている。

大洗 - 新鉾田間[編集]

大洗より先は鹿島灘に沿って進むが、5kmほど距離を置いて走行するため、車窓から太平洋が映る区間はない。農地が続く平地を直線状に路線が敷かれ、駅間距離も5kmほどと長いために、ローカル線の気動車ながら走行速度は高い。大洗より先は、列車本数は1時間に1本ほどと少なくなる。

新鉾田は途中駅としては利用者数が多めであり、大洗鹿島線における拠点駅の一つである。大洗鹿島線の開通によって、鉾田市(開通当時は鉾田町)から水戸までの通勤・通学の所要時間は大幅に短縮された。鉾田市には鹿島鉄道(旧関東鉄道鉾田線、2007年廃止)の鉾田駅があり、鉾田市にとっては大洗鹿島線は初めての鉄道路線ではなかったが、開通時は大洗町と同様に地元からの歓迎を受けた。大洗鹿島線の新鉾田駅と鹿島鉄道の鉾田駅とは道のりで2kmほど離れており、両線をまたぐ利用者は少なかった。

新鉾田 - 鹿島サッカースタジアム間[編集]

北浦と鹿島灘の間を走行し、大洋 - 鹿島サッカースタジアム間は鹿島灘の沿岸から2kmほどの距離を置いて走行する。

大洗鹿島線の終点は鹿島サッカースタジアム駅だが、カシマサッカースタジアムでの試合開催日以外は通過する臨時駅である。大洋 - 鹿島サッカースタジアム間は、県道242号と並行する。

鹿島サッカースタジアム - 鹿島神宮間は東日本旅客鉄道(JR東日本)鹿島線に乗り入れる。

歴史[編集]

改正鉄道敷設法別表第39号「茨城県水戸ヨリ鉾田ヲ経テ鹿島ニ至ル鉄道」である。

国鉄再建法施行時には鉄建公団により建設中で、開業後の輸送密度が4000人以上見込めるとして工事が続行されたが、当時の日本国有鉄道第三セクター鉄道での運営を希望した。これを承け茨城県では、1984年、鹿島臨海鉄道による引き受けを決定し、翌1985年に開業した。当初は特急列車を運行する計画があったため、単線ながら高規格な設計になっている。踏切は、水戸駅近辺の常磐線と並行する部分にJRが設置している2箇所以外には存在しない。

年表[編集]

  • 1985年(昭和60年)3月14日:水戸 - 北鹿島(現在の鹿島サッカースタジアム)間(53.0km)開業。国鉄鹿島線鹿島神宮駅まで直通運転。快速を運転開始。
  • 1989年(平成元年)11月1日:全線で貨物営業開始。
  • 1990年(平成2年)11月18日:長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅新設。
  • 1992年(平成4年)7月23日:7000形気動車による快速「マリンライナーはまなす」運転開始。
  • 1994年(平成6年)3月12日:北鹿島駅を鹿島サッカースタジアム駅に改称。サッカー試合開催日の一部列車のみ旅客営業開始。
  • 1996年(平成8年)3月16日貨物列車設定廃止。
  • 1998年(平成10年)12月8日:快速廃止。
  • 2004年(平成16年)12月1日:大洗鹿島線COMBAT(バリス式列車検知形閉塞装置)導入プロジェクト立ち上げ。
  • 2005年(平成17年)10月12日:常澄 - 大洗間でCOMBATの表示機能運用開始。
  • 2011年(平成23年)3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の被害を受け、全線が不通となる。
    • 4月2日:水戸 - 大洗間運転再開。
    • 4月7日:大洋 - 鹿島サッカースタジアム間運転再開。JR鹿島線鹿島神宮 - 鹿島サッカースタジアム間が未復旧のため、鹿島サッカースタジアム駅に全列車が停車し、代行バスと連絡。また、大洋駅 - 新鉾田駅間で代行バスの運転開始。
    • 4月8日:大洗 - 新鉾田間運転再開。
    • 4月16日:JR鹿島線との直通運転再開。鹿島サッカースタジアム駅は営業休止。
    • 7月12日:大洋駅 - 新鉾田駅間運転再開し全線で運行再開。大洋駅 - 新鉾田駅間の代行バスは11日限りで運転終了。

運行形態[編集]

路線上の終点である鹿島サッカースタジアム駅を通る水戸方面との列車はすべて鹿島臨海鉄道所有の気動車で運行され、JR鹿島線鹿島神宮駅まで一区間乗り入れる。鹿島サッカースタジアム駅はサッカー開催日のみ営業する臨時駅で、1994年に貨物駅であった北鹿島駅を改称して旅客扱いを始めたものである。旅客営業を行わない日はすべての列車が通過扱いで、一部が列車交換のために運転停車を行うのみである。

列車としては、毎時1本の水戸 - 鹿島神宮間を運行する列車のほか、水戸 - 大洗間の列車も多く設定されており水戸周辺の地域輸送の便を図っている。水戸 - 新鉾田間の区間列車も数本設定されている。

また、2001年4月1日から一部の列車でワンマン運転を実施している。

2002 FIFAワールドカップ開催時に東京方面からJR東日本の電車を鹿島サッカースタジアム駅まで運転する輸送計画が立てられたが(鹿島サッカースタジアム駅までの鹿島線は直流1500V電化されており、電気機関車EF65形が定期列車で入線する)、前年に起きた兵庫県明石市の歩道橋圧死事故を教訓に、警備上の問題から見送られることとなった。

その後、2006年7月15日の2006JOMOオールスターサッカーに際して、初めてJR東日本の旅客車両が鹿島サッカースタジアム駅まで営業運行(臨時列車)され、多客が見込める場合は、JR東日本の臨時増発列車が乗り入れることもある。

開業後の数年間、海水浴シーズンにJR東日本常磐線上野駅からの臨時急行「おおあらい」(後に快速になる)が水戸駅から大洗駅まで乗り入れていた。

マリンライナーはまなす[編集]

1992年から1998年まで、7000形で定期運行されていた有料快速列車

水戸 - 鹿島神宮間に2往復、水戸 - 大洗間に2往復が運行されていた。潮来市で行われるあやめ祭り開催中はJR鹿島線潮来駅まで延長運転を行うことがあった。なお、乗車の際には乗車券のほかに快速券(乗車整理券)200円が必要だった(快速券は車内で販売)。定期券では乗車できないため、通勤・通学利用向きの列車ではなかった。当時の停車駅は以下のとおり。

水戸 - 大洗 - 鹿島旭 - 新鉾田 - 大洋 - 鹿島大野 - 鹿島神宮 (- 潮来)

定期運行廃止後も、あやめ祭り期間等に臨時列車として運転したことがあった。なお、このときは水戸 - 潮来間各駅停車(JR鹿島線内の延方駅も停車)で、特別料金は不要であった。

なお、「マリンライナーはまなす」とは別に1985年の開業時から、水戸 - 鹿島神宮間に6000形による料金不要の快速(1986年から「はまなす」の愛称が付く)が1往復運転されていたが、これも1998年に廃止されている。

列車名のハマナスは鹿嶋市の市の花である。ハマナス自生南限地域[1]が鹿嶋市内にあり、国の天然記念物に指定されている。最寄り駅は鹿島灘駅

利用状況[編集]

輸送実績[編集]

収入実績[編集]

駅一覧[編集]

  • 全駅茨城県に所在
  • 鹿島サッカースタジアム - 鹿島神宮間は自社路線ではないが、便宜上併記している。
  • 線路(全線単線) … ◇:列車交換可、|:列車交換不可
路線名 駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 線路 所在地
鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 水戸駅 - 0.0 東日本旅客鉄道:常磐線水郡線 水戸市
東水戸駅 3.8 3.8  
常澄駅 4.5 8.3  
大洗駅* 3.3 11.6   東茨城郡大洗町
涸沼駅 6.4 18.0   鉾田市
鹿島旭駅 4.8 22.8  
徳宿駅 3.9 26.7  
新鉾田駅* 4.3 31.0  
北浦湖畔駅 3.9 34.9  
大洋駅 4.1 39.0  
鹿島灘駅 4.1 43.1   鹿嶋市
鹿島大野駅 3.0 46.1  
長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅 2.3 48.4  
荒野台駅 1.7 50.1  
鹿島サッカースタジアム駅 2.9 53.0 鹿島臨港線(貨物線)
JR鹿島線
鹿島神宮駅 3.2 - 東日本旅客鉄道:鹿島線佐原方面)
  • *は社員配置駅。JR東日本と同型のPOS端末が設置されている。
  • 自動券売機が設置されている無人駅はない。
  • 鹿島サッカースタジアム駅は貨物駅・信号扱所としては常設。
  • 鹿島サッカースタジアム駅を通る実際の旅客列車は、JR鹿島線鹿島神宮駅まで運転され、鹿島神宮駅が佐原方面との乗換駅となる。

運賃について[編集]

路線上の終点(境界)は鹿島サッカースタジアム駅であるが、通常は旅客扱いを行わず、JR鹿島線に乗り入れて鹿島神宮駅まで運転され、鹿島神宮駅が佐原方面との乗換駅となる。そのため、大洗鹿島線で鹿島神宮駅を経由する場合、JRの鹿島サッカースタジアム駅までの運賃と鹿島臨海鉄道の運賃が発生する(最短区間である鹿島神宮 - 荒野台間は特別連絡運賃が設定されている)。このため、JRの在来線を乗車可能な特別企画乗車券青春18きっぷ北海道&東日本パスなど)で鹿島神宮駅から大洗鹿島線へ乗り越す(あるいは大洗鹿島線から鹿島神宮駅を経由してJRへ乗り越す)ために、鹿島サッカースタジアム駅が旅客営業していない日にも、鹿島サッカースタジアム駅発着の乗車券が発売(あるいは乗り越し精算)される。SuicaPASMOは利用できない。 なお、大洗鹿島線を経由した通過連絡運輸の扱いが、区間を限定して(成田 - 成田線・鹿島線 - 鹿島神宮 - 大洗鹿島線 - 水戸 - 常磐線・水郡線方面)設定されている。

大人普通旅客運賃(小児半額・10円未満切り上げ)。2014年4月1日改定[2][3]

キロ程 運賃(円)
初乗り3km 170
4 - 8 220
9 240
10 260
11 290
12 320
13 340
14 360
15 390
16 410
17 440
18 460
19 490
20 520
21 550
22 580
キロ程 運賃(円)
23 600
24 630
25 650
26 680
27 700
28 730
29 750
30 780
31 800
32 830
33 850
34 890
35 910
36 950
37 970
38 1,000
キロ程 運賃(円)
39 1,020
40 1,040
41 1,070
42 1,090
43 1,120
44 1,140
45 1,170
46 1,190
47 1,220
48 1,240
49 1,270
50 1,290
51 1,320
52 1,350
53 1,380


水戸
220 東水戸
240 220 常澄
320 220 220 大洗
460 390 260 220 涸沼
600 490 390 320 220 鹿島旭
700 600 490 410 240 220 徳宿
800 730 600 520 340 240 220 新鉾田
910 830 700 630 440 340 240 220 北浦湖畔
1020 950 800 730 550 440 340 220 220 大洋
1140 1040 910 830 680 550 440 340 240 220 鹿島灘
1220 1120 1000 910 750 630 520 410 320 220 170 鹿島大野
1270 1170 1070 970 800 680 580 460 360 260 220 170 公園前[※ 1]
1320 1220 1090 1020 850 730 630 520 410 320 220 220 170 荒野台
1380 1290 1170 1090 910 800 700 580 490 360 260 220 220 170 鹿島スタ[※ 2]
1570 1480 1360 1280 1110 990 890 770 680 550 450 410 410 330 190 鹿島神宮
  1. ^ 長者ヶ浜潮騒はまなす公園前
  2. ^ 鹿島サッカースタジアム


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ハマナス自生南限地域 - 茨城県
  2. ^ 消費税引き上げに伴う鉄道旅客運賃の改定について - 鹿島臨海鉄道、2014年3月20日(2014年4月3日閲覧)
  3. ^ 消費税引上げに伴う運賃の改定申請について 資料1 (PDF) - 鹿島臨海鉄道(2014年4月3日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]