幕別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
幕別駅
幕別駅舎(2013年9月)
幕別駅舎(2013年9月)
まくべつ - Makubetsu
K33 稲士別 (5.8km)
(6.5km) 利別 K35
所在地 北海道中川郡幕別町錦町
駅番号 K34
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 根室本線
キロ程 194.3km(滝川起点)
電報略号 マク
ヤム(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
330人/日(降車客含まず)
-2009年度-
開業年月日 1905年明治38年)10月21日
備考 業務委託駅
みどりの窓口 有
駅舎内(2013年9月)
1977年の幕別駅と周囲約500m範囲。右上が根室方面。千鳥状にずれた形の相対式ホーム2面2線と駅裏側に3本の貨物用留置線、駅舎横の池田側に貨物ホームと2本の引込み線、駅裏帯広側のヤードに短い側線(石炭荷卸用)、池田側には新田帯革十勝製渋工場から派生した新田ベニヤ工場への専用線が伸びて、工場内で3本に分岐している。かつて新田帯革は明治42年頃(開設時期諸説あり)から大正年間にかけて、タンニン製造の為の木材運搬用に南の猿別川上流やその支流から馬車軌道を敷設していたが、その軌道跡は確認できない。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

幕別駅(まくべつえき)は、北海道中川郡幕別町錦町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線である。かつては急行列車(「狩勝」「ぬさまい」など)の停車駅だった。駅番号K34電報略号マク

歴史[編集]

駅構造[編集]

  • 2面3線の単式・島式ホームの地上駅。駅舎側の本線である1番線を基本的に上下線とも使用し、交換および追抜き待避する場合のみ上りは2番線(あるいは3番線)、下りは3番線を使用する。お互いのホームは跨線橋で連絡している。
  • みどりの窓口設置の業務委託駅ジェイ・アール道東トラベルサービス委託)、窓口営業時間は7時から17時まで、日曜・祝日は休業。

駅名の由来[編集]

北海道旅客鉄道釧路支社によるとアイヌ語の「ヤム・ワッカ・ピラ(冷たい水のがけ)」→止若に因るものだが、当駅の所在地は幕別町であり、天北線にも「幕別」があって紛らわしいことからまず天北線の「幕別」を「恵北」に改め、その一ヶ月後に根室本線の「止若」を「幕別」に改めた。

駅周辺[編集]

幕別町の中心駅。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
根室本線
稲士別駅 (K33) - 幕別駅 (K34) - 利別駅 (K35)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 北海道旅客鉄道釧路支社編『JR釧路支社 鉄道百年の歩み』(2001年)
  • 幕別町百年史 平成8年発行
  • 東北海道の林業 帯広営林局 昭和44年発行
  • 大正12年版、昭和5年版、昭和26年版、昭和32年版、昭和45年版、昭和58年版全国専用線一覧表

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 町費により設置された。幕別町史 交通・観光
  2. ^ 町が鉄道利用債を購入した予算により改築された。幕別町史 交通・観光

外部リンク[編集]