由布市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゆふし
由布市
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 大分県
団体コード 44213-5
面積 319.16km²
(境界未定部分あり)
総人口 33,826
推計人口、2014年10月1日)
人口密度 106人/km²
隣接自治体 大分市別府市宇佐市竹田市
玖珠郡九重町玖珠町
市の木 アラカシ
市の花 コスモス
市の鳥 ウグイス
由布市役所
所在地 879-5498
大分県由布市庄内町柿原302番地
北緯33度10分48.3秒東経131度25分36.4秒
GazouBoshu.png
外部リンク 由布市

由布市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

由布市(ゆふし)は、大分県のほぼ中央に位置する2005年10月1日大分郡挾間町庄内町湯布院町が新設合併して発足した。

温泉地として名高い由布院温泉を擁する観光都市である一方、大分市ベッドタウンとしての役割も併せ持つ。

地理[編集]

大きなU字カーブを描くように走る久大本線が、由布市湯布院地区中心部を通っている

由布市は大分県のほぼ中央に位置し、北部には由布岳、城ヶ岳および南部には花牟礼山、時山など標高の高い山岳が連なり、市の中央部を流れる大分川によって形成された扇状地とそこから東に開けた平野部からなる。市内の北部には大分自動車道および大分県道11号別府一の宮線(やまなみハイウェイ、九州横断道路)が通り、旧湯布院町で国道210号と交わる。旧庄内町、旧湯布院町の一部の地域は阿蘇くじゅう国立公園の指定を受けている。

気候[編集]

瀬戸内海式気候に属しているが、市の大部分が山岳丘陵地域であるため、内陸性の気候が強く気温差が大きい。

  • 最高気温極値(1976/11 - )35.9℃(2013年8月10日)
  • 最低気温極値(1976/11 - )-13.2℃(2012年2月3日)[1]
  • 最大降水量 - 476ミリ(2005年(平成17年)9月6日
  • 最大瞬間風速 - 29.2メートル(2010年(平成22年)3月20日
  • 夏日最多日数 - 121日(2005年(平成17年))
  • 真夏日最多日数 - 52日(1994年(平成6年))
  • 酷暑日最多日数 - 3日(1994年(平成6年))
  • 熱帯夜最多日数 - 0日(1977年(昭和52年) - )
  • 冬日最多日数 - 108日(1984年(昭和59年))
湯布院の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 7.0
(44.6)
8.6
(47.5)
12.3
(54.1)
18.3
(64.9)
22.6
(72.7)
25.3
(77.5)
28.9
(84)
29.5
(85.1)
25.8
(78.4)
20.7
(69.3)
15.3
(59.5)
9.7
(49.5)
18.67
(65.59)
平均最低気温 °C (°F) −2.5
(27.5)
−1.7
(28.9)
1.0
(33.8)
5.4
(41.7)
10.7
(51.3)
15.9
(60.6)
20.0
(68)
20.1
(68.2)
16.3
(61.3)
9.3
(48.7)
3.8
(38.8)
−1.0
(30.2)
8.11
(46.58)
最低気温記録 °C (°F) −12.3
(9.9)
−13.2
(8.2)
−10.1
(13.8)
−4.9
(23.2)
−0.6
(30.9)
5.8
(42.4)
10.7
(51.3)
12.0
(53.6)
3.8
(38.8)
−1.6
(29.1)
−5.2
(22.6)
−9.9
(14.2)
−13.2
(8.2)
降水量 mm (inch) 56.9
(2.24)
76.2
(3)
125.7
(4.949)
131.5
(5.177)
170.7
(6.72)
340.6
(13.409)
353.9
(13.933)
240.7
(9.476)
236.4
(9.307)
101.8
(4.008)
70.7
(2.783)
44.9
(1.768)
1,950
(76.77)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 8.5 8.9 12.8 10.9 10.7 14.0 13.7 11.7 11.8 8.2 8.4 7.3 126.9
平均月間日照時間 102.4 118.2 138.4 172.2 178.9 133.4 149.9 156.2 126.0 138.2 120.7 113.8 1,648.3
出典 1: 気象庁[2]
出典 2: 気象庁[2]

地形[編集]

由布市の風景 収穫前の水田と由布岳
由布院盆地

隣接する自治体[編集]

地名[編集]

大字の前に合併前の旧町名を冠する。

挟間町
  • 鬼瀬(旧挟間村)
  • 北方(旧挟間村)
  • 下市(旧挟間村)
  • 時松(旧挟間村)
  • 挾間(旧挟間村)
  • 向原(旧挟間村)
  • 内成(旧石城川村)
  • 来鉢(旧石城川村)
  • 高崎(旧石城川村)
  • 田代(旧石城川村)
  • 七蔵司(旧石城川村)
  • 鬼崎(旧谷村)
  • 小野(旧谷村)
  • 篠原(旧谷村)
  • 谷(旧谷村)
  • 筒口(旧谷村)
  • 赤野(旧由布川村)
  • 東院(旧由布川村)
  • 古野(旧由布川村)
  • 朴木(旧由布川村)
  • 三船(旧由布川村)
  • 医大ヶ丘1丁目~3丁目(東院・古野から独立)
庄内町
  • 庄内原(旧西庄内村)
  • 高岡(旧西庄内村)
  • 中(旧西庄内村)
  • 長野(旧西庄内村)
  • 西(旧西庄内村)
  • 畑田(旧西庄内村)
  • 平石(旧西庄内村)
  • 大竜(旧東庄内村)
  • 五ヶ瀬(旧東庄内村)
  • 竜原(旧東庄内村)
  • 柿原(旧南庄内村)
  • 直野内山(旧南庄内村)
  • 野畑(旧南庄内村)
  • 渕(旧南庄内村)
  • 櫟木(旧阿南村)
  • 小挾間(旧阿南村)
  • 北大津留(旧阿南村)
  • 西大津留(旧阿南村)
  • 西長宝(旧阿南村)
  • 東大津留(旧阿南村)
  • 東長宝(旧阿南村)
  • 南大津留(旧阿南村)
  • 阿蘇野(旧阿蘇野村)
湯布院町
  • 川上(旧由布院町)
  • 川北(旧由布院町)
  • 川西(旧由布院町)
  • 川南(旧由布院町)
  • 塚原(旧由布院町)
  • 中川(旧由布院町)
  • 下湯平(旧湯平村、下川から改称)
  • 湯平(旧湯平村、谷川から改称)

歴史[編集]

近現代[編集]

  • 1889年4月1日 町村制度施行により、現在の市域にあたる以下の村が発足。
    • 大分郡阿南村・東庄内村・西庄内村・南庄内村・阿蘇野村・挾間村・谷村・由布川村・石城川村
    • 速見郡湯平村・北由布村・南由布村
  • 1899年3月7日 【所属郡変更】湯平村(速見郡→大分郡)
  • 1936年4月1日 【新設合併】北由布村・南由布村→由布院村
  • 1948年1月1日 【町制施行】由布院村→由布院町
  • 1950年1月1日 【所属郡変更】由布院町(速見郡→大分郡)
  • 1954年10月1日 【新設合併】挾間村・谷村・由布川村・石城川村→挾間村
  • 1954年11月1日 【新設合併】阿南村・東庄内村・西庄内村・南庄内村・阿蘇野村→庄内村
  • 1955年2月1日 【新設合併】由布院町・湯平村→湯布院町
  • 1955年4月1日
    • 【町制施行】庄内村→庄内町
    • 【町制施行】挾間村→挾間町
  • 2005年10月1日 【新設合併・市制施行】挾間町・庄内町・湯布院町→由布市

市政[編集]

平成の大合併[編集]

合併に伴って、3町の地名は従来の大分郡を由布市に変え、大字を取り、番地の枝番を示すひらがなの「の」を取るという変更が行われたが、地名自体及び郵便番号の変更は行われなかったので、市内に従来の挾間町、庄内町、湯布院町という地名が残っている。

国政・県政[編集]

国政[編集]

衆議院小選挙区選挙では大分2区に属する。近年選出の議員は以下のとおり。

県政[編集]

本市でひとつの選挙区をなす。定数は2人。近年選出の議員は以下のとおり。

  • 2007年4月

公共機関[編集]

国の出先機関[編集]

国立大学法人[編集]

県の行政機関[編集]

  • 中部保健所由布保健部

医療[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography44213.svg
由布市と全国の年齢別人口分布(2005年) 由布市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 由布市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
由布市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 33,804人
1975年 32,994人
1980年 34,708人
1985年 35,945人
1990年 35,119人
1995年 34,773人
2000年 35,248人
2005年 35,386人
2010年 34,708人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

大学[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

市立

  • 挾間中学校
  • 庄内中学校
  • 湯布院中学校

小学校[編集]

市立

  • 石城小学校
  • 由布川小学校
  • 朴木小学校
  • 挾間小学校
  • 谷小学校
  • 阿南小学校
  • 大津留小学校
  • 西庄内小学校
  • 東庄内小学校
  • 星南小学校
  • 南庄内小学校
  • 阿蘇野小学校
  • 湯平小学校
  • 川西小学校
  • 由布院小学校
  • 塚原小学校

特別支援学校[編集]

  • 大分県立庄内養護学校

交通[編集]

空港[編集]

最寄の空港は大分県国東市にある大分空港

鉄道[編集]

由布院駅前。土産屋などの商店が並ぶ駅前通りの真正面には由布岳がそびえる

※中心駅は由布院駅(市役所最寄り駅は庄内駅または天神山駅)。

高速バス[編集]

路線バス[編集]

コミュニティバス

道路[編集]

高速道路[編集]

一般国道[編集]

主要地方道[編集]

観光[編集]

金鱗湖
湯平温泉

温泉地[編集]

旧湯布院町にある温泉街は歓楽街を廃した町並みが特徴で、「東の軽井沢、西の湯布院」といわれる。他の温泉地に見受けられる、規模の大きい旅館が存在しないのもこの町の特徴である。

名所・旧跡・観光スポット[編集]

  • 旧湯布院町内に数多くある小規模美術館
  • 九州自動車歴史館
  • 由布院二輪車博物館
  • 岩下コレクション
  • 陣屋の村
  • 大将軍公園
  • 由布川峡谷
  • 狭霧台

祭事・催事[編集]

由布市を舞台とした作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 観測史上1~10位の値(年間を通じての値) - 気象庁
  2. ^ a b 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2011年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]