天草五橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国道266号標識
国道324号標識
天門橋(三角側から撮影) 2005年12月24日

天草五橋(あまくさごきょう)とは、熊本県宇土半島先端の三角(みすみ)から、天草諸島大矢野島永浦島、池島、前島を経て天草上島までを結ぶ上天草市内の5つの橋の総称で、1966年(昭和41年)9月24日に開通した。

概要[編集]

一号橋(天門橋)と三角ノ瀬戸、三角港付近の空中写真。1974年撮影の6枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
4つの橋が連続する二号橋から五号橋付近の空中写真。1974年撮影の6枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

天草五橋は当初は償還期間39年を見込んだ有料道路であったが、開通により天草への観光客が急増し、モータリゼーションの進展なども含めた交通量の増大によりわずか9年で償還を完了して無料化された。

一号橋から五号橋の間の国道266号および路線に重複する国道324号は、天草で真珠の養殖が盛んなことから天草パールラインと名付けられ、日本の道100選にも選ばれている。

また、大矢野島から上島までの間3km足らずは小さな島づたいで、二号橋・三号橋・四号橋・五号橋がほぼ連続している。その間の両側の海に大小さまざまな島が浮かぶ風景は、天草松島と呼ばれ日本三大松島の1つに数えられる。 天草五橋の開通によって、天草島における生活、産業、すべてが変化した。『新・天草学』[1]によると、それを1)船の衰退 2) 経済圏 3) 道路 4) 人口 5) 早期作 6) 黒毛和牛 7) 特産品作り 8) つくる漁業 9) 陶石 10) もらい水 11) 林業 12) 大手スーパー進出 13) 観光つり船 14) 工場進出 15) ホテル・旅館 16) フェリー 17) 目玉作り 18) 架橋と空港 19) 人情 20) 政治風土 21) 県外からのイメージ に分けて詳説している。

  • 一号橋(天門橋) 全長:502m 工法:連続トラス 上部 株式会社横河橋梁製作所 下部 西松建設株式会社
  • 二号橋(大矢野橋) 全長:249m 工法:ランガートラス 上部 日本橋梁株式会社 下部 株式会社大林組
  • 三号橋(中の橋) 全長:361m 工法:PCラーメン 住友建築株式会社
  • 四号橋(前島橋) 全長:520m 工法:PCラーメン 鹿島建設株式会社
  • 五号橋(松島橋) 全長:178m 工法:パイプアーチ 上部 川崎重工業 下部 星野土木株式会社

沿革[編集]

道路公団の評価[編集]

メリット・デメリット評価(1976年[2]
問題 評価(%)
交通網の整備 93.4
交通事故の増大 93.2
外商の増加 75.6
地域開発の進展 68.8
公害の増大 67.9
本土との一体感 65.4
買い物が便利 60.3
生活環境の整備 43.7
五橋料金が高い(現在は無料) 41.6
風紀の乱れ 32.1
収入増大感 22.1
天草としての一体感 21.9
就職口の増加 16.3
物価が安くなる 10.2

脚注[編集]

  1. ^ 『新・天草学』熊本日日新聞社 1987
  2. ^ 天草市史 天草の門 (2007) 上天草市史大矢野町編現代部会

参考資料[編集]

  • 『工事報告 天草五橋』 (社)土木学会 1966/05
  • 『天草建設文化史』 天草地区建設業協会 1978/05
  • 『新・天草学』熊本日日新聞社 1987
  • 『天草の歴史』郷土出版社 ISBN 978-4-87663-932-8
  • 天草地区建設業組合 『天草建設文化史』秀巧社 1978年

関連項目[編集]