コオイムシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コオイムシ
卵塊を背負った雄
卵塊を背負ったコオイムシの雄
保全状況評価
準絶滅危惧環境省レッドリスト
Status jenv NT.png
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: カメムシ目(半翅目) Hemiptera
亜目 : カメムシ亜目(異翅亜目)
Heteroptera
下目 : タイコウチ下目 Nepomorpha
上科 : タイコウチ上科 Nepoidea
: コオイムシ科 Belostomatidae
亜科 : コオイムシ亜科
Belostomatinae
: コオイムシ属 Appasus
: コオイムシ A. japonicus
学名
Appasus japonicus
シノニム

Diplonychus japonicus
Vuillefroy, 1864

和名
コオイムシ(子負虫)
英名
Ferocious water bug

コオイムシ(子負虫) Appasus japonicus は、カメムシ目コオイムシ科に属する水生昆虫の一種。

分布[編集]

日本全国、中国朝鮮半島平野部に分布。水田等の浅い水域に生息。岐阜では「ケロ」の名称がある。

他の水生昆虫同様、かつてはどこの水田や池にも見られたが、現在は環境悪化によって、都市部などでは見られなくなっている。

形態・生態[編集]

成虫の体長は20mmほど。

体色は褐色。近縁種のタイコウチミズカマキリなどと違い、水中では腹部の間に貯めた空気で呼吸をするが、タガメのような短い呼吸管も持っており、それは体内外に出し入れ可能。

魚類モノアラガイ、他の昆虫等を先端に二対の爪がある鎌状の前肢で積極的に捕らえ、口針から消化液を送り込み溶けた肉質を吸入する体外消化を行う。前肢が横へ拡がって、相手を抱きかかえるようになっているタガメと違い、縦から抑えつけるような形状で、これを振るって獲物を抑えつける。

昆虫類では珍しく、近縁種のタガメと同様にオスが卵を保護するという習性を持っているが、産卵場所に産み付けられた卵を保護するタガメと違い、メスはオスの背部に卵を産み、オスは背中に産み付けられた卵を持ったまま移動するという習性があり、それを子守りする人間の親に見立てて、「子負虫」と名付けられた。

10月頃より陸上および水中で越冬する。

繁殖[編集]

産卵期は4-8月。雌は30-40個の卵塊を雄の背中に産む。卵塊を背負った雄は飛翔できず、単独で付きっきりで世話をするが、タガメのように複数の雄雌が交尾し合う事も珍しくない。オスは卵塊保護中は動きを制約されるが、通常と変わらない程度に給餌もし、時には他のオスが卵を背負ってる時に、その卵を襲って捕食してしまう事もある。

幼虫は数週間で孵化し、その後幼虫は5回の脱皮を行い成虫となる。しかし、孵化後にはオスは幼虫の世話をすることはなく、自分の子供でも捕食対象としてしまう。

他の水生昆虫同様、幼虫間でも共食いは行われている。寿命は2年ほど。

飼育[編集]

水深数cmほどの水に足場となる水草や木の枝を投入する。身体を干す習性があるため、陸場を設ける。小魚の他、陸生の昆虫などを餌とするが、魚の切り身などを近くで動かせば反応して捕食する。飛翔するため容器に蓋をする必要がある。水質の悪化には比較的強い。

共食い傾向も強いので、幼虫は孵化したら、別個に分けた方が良い。

近縁種[編集]

日本に生息するコオイムシ亜科(Belostomatinae)は、コオイムシ Appasus japonicus を含め3種。

アフリカには、大型種が多いタガメモドキ属がいる。

オオコオイムシ Appasus major
1934年に発見された種で、北海道本州に生息。
名前通り、体長23-30mmほどでコオイムシよりも大きく、体色も濃い茶褐色を呈し、山間部で多く見られる。
環境が良好な場所であれば、コオイムシよりも多く見られる事がある。
タイワンコオイムシ Diplonychus rusticus
コオイムシよりも小型で、体長は15mmほど。与論島沖縄島に分布。
タガメモドキ属 Hydrocyrinus
アフリカのナイジェリア等に分布する。
この属には、70mm以上になる大型種もいる。
和名通り姿も形もタガメに似ているが、前肢が横に拡がるような格好のタガメと違い、コオイムシ特有の縦に振り下ろすような形状であり、その先端の爪の数がタガメは一対なのに対し、本種は二対なのもコオイムシの特徴を持っている。
繁殖でも、メスがオスの背中に卵を産みつけるコオイムシ特有の習性を持つ。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]