名阪国道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一般国道自動車専用道路(A')
(無料)

名阪国道

名阪国道
Japanese National Route Sign 0025.svg国道25号バイパス
路線延長 73.3km
制定年 1962年
開通年 1965年
起点 三重県亀山市
亀山IC
主な
経由都市
伊賀市
終点 奈良県天理市
天理IC
接続する
主な道路
記法
記事参照
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
上柘植IC付近
小倉IC付近
天理東IC付近

名阪国道(めいはんこくどう、MEIHAN EXPRESSWAY)は、一般国道25号三重県亀山市亀山ICから、伊賀市などを経由し、奈良県天理市天理ICへ至る高速道路高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路)であり、国道25号バイパスでもある。名阪英語: MEIHAN)と略される。国土開発幹線自動車道近畿自動車道名古屋大阪線名古屋市-吹田市)である。

概要[編集]

高規格幹線道路として東名阪自動車道西名阪自動車道とを直結する自動車専用道路でもあり、名神高速道路新名神高速道路と並んで中京圏近畿圏とを結ぶ幹線道路となっている。

通行料金は無料。自動車専用道路であるため、125cc以下の二輪車は通行禁止となっている。

全長73.3kmで全区間4車線。福住IC-天理東ICΩカーブと呼ばれる急カーブ(最小曲率半径150m、設計速度60km/h)があり、最高速度は一部区間で70km/h、他区間60km/h(雨天等の悪天候時は50km/h)に制限されている。また、通常の高速道路よりもIC間の距離が短いためICの数が多い。

なお、交通量が多くトラックを中心とした事故が多発している。ちなみに、2005年の全国の自動車専用道路10kmあたり事故発生件数ではワースト1となっている[1]

路線データ[編集]

歴史[編集]

1962年3月の計画当初から、名阪国道は無料の一般道路として整備される予定であった。このため、1962年5月1日に当時の一級国道25号四日市市-大和郡山市間の指定が政令公布された。しかし、その政令が施行された1963年4月の工事着手後の1963年9月に出された第2次道路整備5か年計画の基本構想により、名阪国道が国土開発幹線自動車道近畿自動車道名古屋大阪線の一部として選定された。そのため、自動車専用道路としての機能を果たすために高速自動車国道の規格をとるよう構造の修正が行われた。それまでの経緯から、高速道路に準じる「準高速道路(道路構造令第1種第4級・設計速度60km/h、高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路)」という扱いとし、建築限界の取り方などについて特例が適用された。有料道路にすることも検討されたが、「準高速道路」扱いであることや、「一般道路として整備する」と住民に説明していたことなどから、開通時から無料で供用することとなった。自動車専用道路であるので案内標識は緑地のものとなっている。

1963年4月の工事着手から1000日間で完成させるという目標が立てられていたことから「千日道路」と呼ばれた。実際、ルートの決定から、用地買収、トンネルの建設なども含めて1000日以内に完成し、1965年12月16日暫定2車線で開通した。

1969年3月21日に西名阪道路(現・西名阪自動車道)が、1970年4月17日に東名阪道路(現・東名阪自動車道道)が開通し、1977年3月には名阪国道全線の4車線化が完成して現在の形となった。1975年10月22日には、途中の関JCT(現・伊勢関IC)から伊勢自動車道が分岐し、関JCT - 亀山IC間の名阪国道を介して東名阪道と接続する形となっていた。しかし、無料区間を挟むため両自動車道に設置されていた本線料金所が渋滞の原因となったこともあり、2005年3月13日亀山直結線が開通し、名阪国道を通らずに両自動車道が直結された。

警察庁および国土交通省により、全国的に交通状況に応じた「より合理的な速度規制」についての取り組みが実施されており、防護柵の強化や視距改良などの安全対策により、道路構造上70 km/h走行の条件を満たした奈良県内の神野口ICから福住ICまでの区間において2012年10月4日より70 km/h規制に見直された。また、三重県内の伊賀ICから上野東ICまでの延長約16 kmも2014年1月末に70 km/h規制に見直された[2][3]。さらに、上野東ICから県境付近までの延長約9 kmも2014年度中に70 km/h規制に見直される予定である[3]

有料道路とすることの問題点[編集]

1964年には工事費の負担の問題から、有料道路に変更して建設することも検討されたが、有料とすると次のような問題点があったため、当初の予定通り、無料の一般道路として建設された。

  • 準高速道路扱いで特例を適用した構造規格であったが有料にする場合は、登坂車線、インターチェンジや休憩施設の加減速車線長など、構造規格の再検討が必要となること。
  • 料金徴収や出入制限のため、三重県内のIC数を17ヶ所から3ヶ所程度に制限する必要があり、沿線地区の直接利用も不可能になる。さらに料金所を設置するために1ヶ所当たりの建設費用(通常のICで5,000万円程度)が10倍-20倍(同時期に開通した名神高速道路の例で5億円-11億円)かかること。
  • トンネル区間を除いた大部分の区間で側道を計画しているが、当初はこれを施工せずに、第2期施工の際に側道を考慮する予定であった。しかし、有料となると側道を同時施工する必要があり、そうなると、第1期施工の切土を第2期施工の盛土として使用することができなくなり、工費及び工期に大きな影響を与えること。
  • 一般道路として整備すると住民に説明して地元協議を行っていたが、有料となると用地買収が困難になるだけでなく、公共道路として低く設定された用地単価も引き上げる必要があること。実際、有料化問題が公になった以降、用地交渉は停止した。
  • 建設省(現在の国土交通省)の施工から日本道路公団(現在のNEXCO中日本西日本)の施工に変わると、事務引継や工事事務所職員の扱いなどに問題点が生じること。
  • 以上の問題点を解決するには工期を延長する必要があり、1000日間で完成させるという目標が達成できなくなること。
  • 当初の計画では、三重県内42kmの暫定2車線供用までの事業費が110億円であったが、有料道路にすると暫定2車線でも160億円程度になると考えられ、これは全巾完成の事業費175億円に匹敵して、事業費を大幅に増額する必要があること。
  • 当時、国道25号(現道)の道路改良率はわずか10%であり、名阪国道が有料となれば、当然一級国道(当時の等級)として存続する現道を改良しなければならず、相当程度の事業費が必要となること。

通過市町村[編集]

※通過地点は同市の市街地からは遠い。なお、当道路と奈良市街の行き来は天理ICから国道169号などの利用が一般的である。

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。未開通区間の名称は仮称。
  • BS(バス停留所)のうち、○/●は運用中、◆は休止中の施設。無印はBSなし。
    • 御代ICは▲としている。これは当該BSはIC近隣に設置された施設でIC設備からも離れており、当路線に属すBSではないためである。しかし実際の運用上の扱いは一緒である。
  • 英略字は以下の項目を示す。
    IC:インターチェンジ、JCT:ジャンクション、SA:サービスエリア、BS:バスストップ、TN:トンネル、BR:、RS:道の駅
IC番号 施設名 接続路線名 亀山から
(km)
BS 備考 所在地
1 亀山IC 東名阪自動車道 名古屋方面
国道1号国道25号
0.0 東名阪道は
上り線(名古屋方面)のみ接続
三重県 亀山市
- 関バイパス分岐) 国道1号関バイパス
(国道1号亀山バイパス直結)
(0.5) 上り線(名古屋方面)のみ接続
34 伊勢関IC 伊勢自動車道 伊勢方面 1.7 下り線(伊勢方面)のみ接続
一般道とは未接続
2 関IC 県道10号津関線 2.8
3 久我IC 6.1
- 関トンネル 下り線1110m・上り線1140m
4 向井IC 8.5
5 板屋IC 国道25号 10.5
6 南在家IC 県道668号関大山田線 11.6
- 加太トンネル 下り線495m・上り線500m
伊賀市
7 伊賀IC 国道25号
県道50号伊賀信楽線
16.7
- 伊賀SA 16.9 天理方面は
別名「道の駅いが」
8 上柘植IC 名神名阪連絡道路(事業中)
県道4号草津伊賀線
18.6
9 下柘植IC 県道146号伊賀大山田線 21.1
10 御代IC 県道2号伊賀青山線 22.4
11 壬生野IC 県道49号甲南阿山伊賀線 23.1
12 伊賀一之宮IC 県道138号信楽上野線
県道676号寺田佐那具停車場線
26.8
13 中瀬IC 国道163号 29.2
14 友生IC 県道56号上野大山田線 31.3
15 上野東IC 国道422号 32.8
16 上野IC 国道368号 34.0
17 大内IC 35.4
- 伊賀上野SA
七本木BS
下り線(天理方面)のみ
18 白樫IC 県道686号上野島ヶ原線 38.3
19 治田IC 県道687号治田山出線 40.4
20 五月橋IC/SA 国道25号 42.3 SAは2012年3月31日をもって廃止[4] 奈良県 山添村
- 五月橋BS
21 山添IC 県道80号奈良名張線 45.0
22 神野口IC 国道25号
県道214号月瀬三ケ谷線
49.5
- 切幡BS
23 小倉IC 国道25号
県道127号北野吐山線
53.6 奈良市
- 小倉BS
24 針IC
道の駅針T・R・S
針インターBS
国道369号 56.4
- 国道針BS
25 一本松IC
国道一本松BS
国道25号 58.7
26 福住IC 国道25号
県道192号福住横田線
61.4 天理市
- 国道福住BS
- 高峰SA 下り線(天理方面)のみ 奈良市
27 五ヶ谷IC
国道五ヶ谷BS
67.6
28 天理東IC
国道岩屋BS
県道51号天理環状線
県道192号福住横田線
71.2 天理市
29 天理IC 国道169号 73.3
西名阪自動車道 香芝大阪市内方面

SA・道の駅[編集]

  • 名阪国道のSA・道の駅には伊賀SA下り線を除きガソリンスタンドがない。しかし、有料道路ではないため一旦国道から下りて一部のIC周辺に設置されているガソリンスタンドを利用する事が比較的容易である。なお、SAで給油する場合は、前後の接続する高速道路(東名阪道御在所SA新名神土山SA伊勢道安濃SA西名阪道香芝SA)で給油する必要がある。また、大内IC・伊賀IC・関IC付近と伊賀上野SAには民間経営のドライブインが設置されている。

主なトンネルと橋[編集]

加太トンネル(上り線入口)
区間 構造物名 長さ 備考
久我IC-向井IC 越川大橋
関トンネル 下り線(天理方面)1,110m
上り線(亀山方面)1,140m
南在家IC-伊賀IC 加太トンネル 下り線495m・上り線500m
伊賀一之宮IC-中瀬IC 服部川橋
友生IC-上野東IC 久米川橋
上野IC-大内IC 木津川橋
治田IC-五月橋IC 新五月橋
福住IC-五ヶ谷IC 高峰橋
薬師橋
中畑橋
五ヶ谷IC-天理東IC 米谷橋

トンネルの数[編集]

区間 上り線 下り線
亀山IC-久我IC 0 0
久我IC-向井IC 1 1
向井IC-南在家IC 0 0
南在家IC-伊賀IC 1 1
伊賀IC-天理IC 0 0
合計 2 2

道路管理者[編集]

  • 国土交通省
    • 中部地方整備局北勢国道事務所 : 亀山IC-五月橋IC
    • 近畿地方整備局奈良国道事務所 : 五月橋IC-天理IC

道路情報ラジオ[編集]

  • 関(亀山IC-関IC)
  • 伊賀(加太トンネル-下柘植IC)
  • 五月(治田IC-山添IC)
  • 針(小倉IC-一本松IC)
  • 天理(天理東IC-天理IC)

北勢国道事務所管内の関・伊賀・五月局は冒頭に「こちらは国土交通省です。名阪国道を走行中の方にこの時間の道路情報をお知らせします。」と放送される。

車線・最高速度[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度 備考
亀山IC-南在家IC 4=2+2 60km/h
南在家IC-伊賀SA 一部区間の上り線に登坂車線
伊賀SA-上野IC 70km/h
上野IC-五月橋IC 60km/h
五月橋IC-神野口IC 一部区間の下り線に登坂車線
神野口IC-小倉IC 70km/h 一部区間の下り線に登坂車線
小倉IC-福住IC
福住IC-天理東IC 60km/h[5] 一部区間の上り線に登坂車線
天理東IC-天理IC

全区間で片側2車線の本線を持つが、備考の区間には付加車線(登坂車線)がある[6]

交通量[編集]

全線を通した平均交通量は一日当たり5万3599台。区間別の交通量は中間地点の伊賀市が最も多く、全体的にそこを中心とした山となっており、起点及び終点に向かって減少していく。2005年調査時と比較すると交通量は軒並み減少しており、特に伊賀市内及び山添村内では1万台以上と大幅に減少している。昼間における混雑度はわずかに「1」を超える区間がある程度で、通常時に混雑することは全線を通してほとんど無い。

調査時の2010年時点における最高速度は全区間60km/hであるが、昼間12時間の平均旅行速度で最高速度が守られている場所は皆無であり、全線を通して非常に流れが速いことがみてとれる。特に上り線の奈良・三重県境付近では平均の流れが最高速度の30km/hオーバーとなる90.0km/hに達しており、規制と実態との乖離が著しい。

24時間交通量(2010年度交通センサス)[7]
区間 観測地点 交通量 昼間
混雑度
昼間平均旅行速度
2010年 前回比 上り 下り
亀山IC-関JCT 亀山市木下町 4万1074台 -9176台 0.83 67.7km/h 64.3km/h
関JCT-関IC 伊賀 5万2530台 -3219台 1.02 82.5km/h 76.3km/h
関IC-南在家IC -6168台 83.5km/h 76.0km/h
南在家IC-伊賀IC 76.8km/h 61.6km/h
伊賀IC-上柘植IC 0.74 76.1km/h 78.9km/h
上柘植IC-下柘植IC 73.2km/h 79.2km/h
下柘植IC-御代IC 伊賀市下柘植 5万1245台 -1万2467台 0.81 80.7km/h 72.6km/h
御代IC-壬生野IC 80.6km/h 76.5km/h
壬生野IC-伊賀一之宮IC 伊賀市伊賀一之宮 6万4387台 -7357台 0.90 80.2km/h 74.8km/h
伊賀一之宮IC-中瀬IC -4152台 74.0km/h 71.6km/h
中瀬IC-友生IC 79.0km/h 74.4km/h
友生IC-上野東IC -7615台 88.8km/h 75.2km/h
上野東IC-上野IC 75.6km/h 68.4km/h
上野IC-白樫IC 伊賀市大内 5万3503台 -7930台 0.72 81.1km/h 71.2km/h
白樫IC-治田IC 74.6km/h 75.2km/h
治田IC-五月橋IC 伊賀市治田 4万7755台 -9344台 0.81 90.0km/h 80.6km/h
五月橋IC-山添IC 山辺郡山添村遅瀬 4万5492台 -1万1607台 0.91 89.7km/h 82.1km/h
山添IC-神野口IC 89.1km/h 82.8km/h
神野口IC-小倉IC 山辺郡山添村切幡 4万6085台 -1万2094台 0.92 85.0km/h 85.1km/h
小倉IC-針IC 82.5km/h 85.2km/h
針IC-一本松IC 奈良市米谷町 5万4585台 -6788台 1.01 82.8km/h 82.7km/h
一本松IC-福住IC 85.7km/h 79.2km/h
福住IC-五ヶ谷IC 78.2km/h 77.5km/h
五ヶ谷IC-天理東IC 75.0km/h 75.5km/h
天理東IC-天理IC 78.6km/h 84.1km/h
天理IC-天理IC 64.9km/h 87.9km/h
平均 5万3599台 -7932台 0.90 79.8km/h 76.9km/h

他の自動車専用道路との違い[編集]

構造上の問題[編集]

当道路は、過渡期に建設された道路であるため、構造上の規格を満たしていない箇所が幾つかある。ICの数が多く、またIC間の距離が短い箇所が多い上、加減速車線はかなり短く、高速自動車国道や自動車専用道路としての規格を満たしていない箇所が多い。また、SAも存在するもののほとんどが一旦国道から降り、再流入するという形式をとっているが、(SAも含めて)流入・流出の際加減速余裕が全くないためドライバーに緊迫した判断を迫る入口が、大阪・名古屋方面共に複数存在する。一例として、上り線にあった高峰SAは、加減速車線が殆ど無いうえ、勾配があるカーブの途中にあることもあって、特に合流時には相当の注意を必要とするなど、本線への流入、流出時に危険が伴うことがあった。なお、国土交通省では、接触や追突事故の多いICについて加減速車線の延伸工事を引き続き行うとしている[1]

有料か無料かを問わず自動車専用道路に指定されると高速道路である[8]が、ICに料金所が無いため、まれに原付や自転車、歩行者が誤って進入する場合がある(ただし、進入禁止の標識はある)。一方、最低速度の規制がないため小型特殊自動車は通行可能である(最高速度15km/h以下、農耕作業用は35km/h未満)。

交通量における諸問題[編集]

設計速度60km/hのΩカーブが存在することもあり最高速度は一部の区間を除いて一般国道自動車専用道路法定最高速度である60km/hに制限されているが、道路幅自体は高速自動車国道並みに整備されていることと、両端に接続する東名阪道西名阪道(いずれも高速自動車国道)の最高速度が80km/hであることもあって、ほとんどの走行車両が80 - 100km/h前後の速度で運転している。そのため、最高速度で走行している車や、急勾配区間で低速となる大型車への追突事故が多発している。また、一度事故が発生すると後続の渋滞の中で追突事故が多発することがあり、そのせいもあってか名阪国道は、2005年の全国の自動車専用道路10kmあたり事故発生件数ではワースト1となっている[1]

名古屋-大阪間を走行する場合、名神新名神などを利用するより通行料金が安い[9]ほか、難波天王寺など大阪市南部以南(中央大通り以南)の地域へ到達する場合の所要時間も名神経由と同程度[10]であるため、交通量は車種や時間帯を問わず多い。西名阪道への接続点に近い福住IC-天理東ICには急坂・急カーブ区間(Ωカーブ)があり、走行速度は必然的に低下する。

自動速度違反取締装置が多く設置されている。

名阪国道を走行する路線バス[11]もあり、これらは比較的低速で運行している。

備考[編集]

  • 名阪国道のキロポストは、三重県内が亀山ICからのキロ数であるのに対し、奈良県内は国道25号の起点からのキロ数表示となっている。このため両県の県境(五月橋ICの名古屋方)でキロ数表示が連続していない。
  • 標識は、全線にわたって高速道路や自動車専用道路に準じた緑色に白字のものが設置されている。使用されている書体は、三重県内が丸ゴシック体(ナール)であるのに対し、奈良県内は「道路公団標準文字(公団ゴシック)」[12]である。また、速度制限の表示も奈良県側では高速道路や自動車専用道路に準じた、可変式のもの設置されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 中日新聞に掲載された新聞広告 (PDF) (2006年12月17日掲載) - 国土交通省中部地方整備局 北勢国道事務所
  2. ^ 三重県警察の公表文 http://www.police.pref.mie.jp/wp/wp-content/uploads/minaosi-25.11.pdf
  3. ^ a b “名阪国道、三重の一部も最高速度70キロ 実態を追認”. 朝日新聞デジタル. (2013年10月13日). http://www.asahi.com/national/update/1014/NGY201310130032.html 2014年3月6日閲覧。 
  4. ^ 名阪国道 五月橋サービスエリアの廃止について (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局奈良国道事務所 (2012年3月5日). 2012年3月10日閲覧。
  5. ^ 開通から20年程度、福住IC-天理東ICの一部下り線はかつて50km/hに設定されていた。
  6. ^ 開通から20年程度は設置されていなかった。
  7. ^ 平成22年度 全国道路・街路交通情勢調査(道路交通センサス)
  8. ^ 国道交通省-平成22年度 高速道路無料化社会実験 対象区間 (PDF) -無料で供用中区間として名阪国道が指定されている。
  9. ^ 名神経由の例:一宮 -(米原経由)- 吹田 4,100円、新名神経由の例:名古屋西 -(甲賀土山経由)- 吹田 3,850円、名阪国道経由の例:名古屋西 - 長原(松原) 2,350円 (いずれも普通車、割引なしの場合)
  10. ^ 規制速度で計算した場合。
  11. ^ 奈良交通天理駅-国道山添および三重交通の路線バス(後者は、2005年から一部区間で、旧道を走行するようになった)
  12. ^ 旧・日本道路公団が開発した書体。「公団文字」「公団ゴシック」とも。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]