藤沢宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤沢宿(ふじさわしゅく、ふじさわじゅく)は、東海道五十三次の6番目の宿場である。 現在の神奈川県藤沢市にあった。

藤沢宿(歌川広重『東海道五十三次』より)
清浄光寺
清浄光寺門前の遊行寺橋(大鋸橋)
白旗神社
永勝寺の飯盛女の墓

概要[編集]

慶長6年(1601年)に東海道の宿場となった。後に戸塚宿川崎宿が追加され東海道6番目の宿場となる。東海道五十三次整備以前から清浄光寺(遊行寺)の門前町として栄え、後北条時代は小田原城と支城の江戸城桜田門八王子城玉縄城をつなぐ小田原街道の分岐点だった。

清浄光寺の東側に江戸側の見附(江戸方見附)があり、現在の小田急江ノ島線を越えた西側あたりに京都側の見附(上方見附)があった。この範囲が藤沢宿である。

境川に架かる大鋸(だいぎり)橋(現遊行寺橋)を境に、江戸側(東岸)の大鋸町[注釈 1](後に西村が分立)は相模国鎌倉郡、京都側(西岸)の大久保町、坂戸町は同国高座郡に属した。

右上の浮世絵に見られるように大鋸橋の京都側南東には江島神社の一の鳥居があり、ここから江の島道が約1里(約4km)の距離で江の島に通じていた。また八王子道(現・国道467号)のわきには源義経が祀られている白旗神社がある。幕末には70軒以上の旅籠があった。

藤沢御殿[編集]

藤沢御殿徳川将軍家の宿泊施設であり、現在の藤沢公民館と藤沢市民病院の間にあった。慶長元年頃東西106間、南北62間の広さの御殿が建てられた。表御門は南側、裏御門は東側にあった。徳川家康、秀忠、家光と30回近く利用されている。天和2年(1682年)まで設置。現在では御殿橋、陣屋小路、陣屋橋などの地名が残る。

本陣[編集]

延享2年(1745年)までは堀内本陣、その後は蒔田本陣があった。

飯盛女の墓[編集]

永勝寺には旅籠で働いていた飯盛女を供養した墓が残されている。

名物[編集]

サザエアワビ、ひこしなます(しらす干し)、弁慶餅[1]

代官[編集]

以下は藤沢宿支配の歴代代官の一覧であるが、藤沢宿には代官所は存在しなかった。

隣の宿場[編集]

戸塚宿 - 藤沢宿 - 平塚宿

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 大鋸町は戦国時代に後北条氏の支配下の「オガ引衆」(ノコギリを扱う職人)の頭(かしら)がいたことによる名称。「大鋸」は普通は「おが」と訓じられたが、「だいきり」とも読まれ、「大鋸町」は「だいきりまち」。

参照[編集]

  1. ^ 『東海道と藤沢宿 東海道宿駅制度四〇〇年記念』15項

参考文献[編集]

  • 『鶏肋温故』(平野道治編著、天保13年(1843年))
  • 『我がすむ里』(小川泰二著、文政13年(1830年))
  • 『藤沢-わがまちのあゆみ-』児玉幸多編、藤沢市・藤沢市教育委員会、藤沢市文書館、昭和59年(1984年)増補版。
  • 『藤沢の地名』日本地名研究所編、藤沢自治文化部 市民活動課、昭和62年(1987年)。
  • 『東海道と藤沢宿 東海道宿駅制度四〇〇年記念』藤沢市教育委員会 生涯学習課 博物館準備担当、2001年(平成13年)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]