江島神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江島神社
江島神社
瑞心門
所在地 神奈川県藤沢市江の島2-3-8
位置 北緯35度18分02秒
東経139度28分47秒
主祭神 多紀理比賣命
市寸島比賣命
田寸津比賣命
社格 県社・別表神社
創建 (伝)欽明天皇13年(552年)
本殿の様式 権現造(辺津宮・中津宮)、入母屋造(奥津宮)
札所等 鎌倉江の島七福神(弁財天)
例祭 4月最初の巳の日
テンプレートを表示

江島神社(えのしまじんじゃ)は、神奈川県藤沢市江の島にある神社である。旧社格県社で、現在は神社本庁別表神社。日本三大弁天の一つに数えられる[1]

祭神[編集]

弁財天 童子像建立之記

宗像三女神を祀る。島の西方の「奥津宮(おくつみや)」に多紀理比賣命、中央の「中津宮(なかつみや)」に市寸島比賣命、北方の「辺津宮(へつみや)」に田寸津比賣命をそれぞれ祀り、「江島大神」と総称する。

江戸時代までは弁財天を祀っており、江島弁天江島明神と呼ばれた。幕末に日本を訪れたロドルフ・リンダウ(Rodolphe Lindau)は、著書Un Voyage Autour du Japon, Paris, 1861(『日本周航記』)のp.287で、この弁財天についてOmanko-samaの別名がある、と記している。

現在の祭神は明治神仏分離の際に改められたものである。辺津宮境内の奉安殿には八臂弁財天と妙音弁財天が安置されている。

歴史[編集]

江島神社 境内

社伝によれば、欽明天皇13年(552年)、神宣に基づき欽明天皇の勅命により、江の島の南の洞窟に宮を建てたのに始まると伝える。神仏習合により当社は金亀山与願寺と称する寺となった。『吾妻鏡』によれば、寿永元年(1182年)、源頼朝の命により文覚が島の岩屋に弁財天を勧請したとあり、これをもって創建とすることもある。歴代の鎌倉幕府将軍執権や、代々の領主から崇敬を受けた。江戸時代には弁才天信仰が盛んになり、多くの庶民が参詣するようになった[2]

当社には岩本坊・上ノ坊・下ノ坊の3つの別当があり、それぞれ岩屋本宮(現在の奥津宮)・上之宮(現在の中津宮)・下之宮(現在の辺津宮)を管理していた。その中で岩本坊は総別当とされ、江島寺とも称した。慶安2年(1649年)に京都・仁和寺の末寺となってからは、岩本坊のみ院号の使用が認められて「岩本院」と称するようになった。三坊は競って当社の縁起を説いて回り、参詣者を集めた。そのうちに利権争いが起こり、寛永17年(1640年)、岩本院は幕府からの朱印状を得て上ノ坊を吸収した。後に下ノ坊も支配するようになり、岩本院が全島の権益を握ることとなった。

明治元年(1868年)の廃仏毀釈により三重塔の他多くの仏教施設や仏像などが破壊された。明治6年(1872年)には、仏式を廃して神社となり「江島神社」へ改称、県社に列せられた。同時に僧侶は全員僧籍を離れて神職となり、岩本院は参詣者の宿泊施設としても利用されていたことから、旅館となり「岩本楼」へ改称した。

境内[編集]

奥津宮(2011年3月27日)
中津宮(2011年3月27日)
辺津宮(2011年3月27日)
弁天堂

文化財[編集]

  • 木造彩色八臂弁財天坐像:県指定(彫刻)
  • 肥前国藤原正広作太刀:県指定(工芸品)
  • 八方睨みの亀:市指定(絵画)
  • 江島縁起:市指定(書跡)
  • 青銅鳥居:市指定文化財(建造物)

祭事・年中行事[編集]

  • 初巳祭:例大祭。4月最初のの日。
  • 初亥祭:初巳祭に並ぶ例祭。10月最初のの日。
    • 八坂神社例祭:7月14日に近い日曜日。神輿の海中渡御が行われる。
    • 秋葉神社例祭:1月16日。火伏祈願祭。
    • 龍宮例祭:9月9日。

所在地・交通[編集]

神奈川県藤沢市江の島2-3-8

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 竹生島宝厳寺)、宮島厳島神社)、江の島(江島神社)が日本三大弁天といわれるが、江島神社の代わりに吉野天河大弁財天社を入れる場合もある。
  2. ^ 江戸の庶民にとっては、大山詣でと江ノ島詣でのセットで娯楽の一つでもあった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]