吉原宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯35度9分44.585秒 東経138度41分15.795秒 / 北緯35.16238472度 東経138.68772083度 / 35.16238472; 138.68772083

歌川広重『東海道五十三次・吉原』

吉原宿(よしわらしゅく、よしわらじゅく)は、東海道五十三次の14番目の宿場である。現在の静岡県富士市に位置する。

陸上交通や水運の拠点であったほか、富士参詣の宿駅としても機能した。

吉原宿は当初現在のJR吉原駅付近にあった(元吉原)が、1639年寛永16年)の津波により壊滅的な被害を受けたことから、再発を防ぐため内陸部の現在の富士市依田原付近に移転した(中吉原)。しかし1680年延宝8年)8月6日津波により再度壊滅的な被害を受け、更に内陸部の現在の吉原本町に移転した。このため原宿 - 吉原宿間で海沿いを通っていた東海道は吉原宿の手前で海から離れ、北側の内陸部に大きく湾曲する事になり、それまで(江戸から京に向かった場合)右手に見えていた富士山が左手に見えることから、"左富士"と呼ばれる景勝地となった。往時は広重の絵にあるような松並木であったが、現在は1本の松の木が残るのみである。

隣の宿場[編集]

東海道
原宿 - 吉原宿 - 蒲原宿

関連項目[編集]

外部リンク[編集]