桑名宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
七里の渡し跡

桑名宿(くわなしゅく、くわなじゅく)は、東海道五十三次の42番目の宿場である。現在は三重県桑名市脇往還佐屋街道もここから分岐していた。徳川四天王本多家のほか、各松平家大名が藩主を務めた桑名藩城下町でもある。

江戸時代後期の調査では、本陣2軒、脇本陣4軒、旅籠屋120軒を擁し、家数2,544軒、人口8,848人(男4,390人、女4,458人)であったと記録されている[1]。東海道では旅籠屋数で宮宿に次ぐ2番目の規模を誇った。

宮宿とは、東海道で唯一の海上路である七里の渡しで結ばれ、伊勢国、および、伊勢参りの玄関口となっていた。

江戸時代の宿場町揖斐川沿いにあったが、関西鉄道桑名駅が宿場町の西側に設けられて以降、市街地は西にシフトした。

話し言葉(方言)において木曽三川東京式アクセント京阪式アクセント(関西式アクセント)の境界であることから[2]、桑名宿は東海道における京阪式アクセント地区最東端の宿場町となっている。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

桑名宗社(春日神社)の青銅鳥居
桑名宗社楼門(随神門)
鎮国守国神社
  • 七里の渡し
    • 宮宿との間海路七里(28km)を結んでいた七里の渡しの船着き場跡。伊勢神宮遙拝用の一の鳥居がある。この鳥居は江戸時代の天明年間伊勢国のはじめの地にふさわしい鳥居をと願い、矢田甚右衛門と大塚与六郎が関東諸国に勧進して立てたのが始まりである。明治以降は神宮式年遷宮のたびに宇治橋外側の鳥居を削って建て直されている。1959年(昭和34年)、三重県の指定史跡となった。
  • 大塚本陣跡(船津屋)
  • 脇本陣「駿河屋」跡(料理旅館「山月」の一部)
  • 通り井跡
  • 柿安本店
  • 桑名宗社(春日神社)
    • 桑名神社(三崎大明神)と中臣神社(春日大明神)の総称で、別名春日神社とも呼ばれる桑名の総鎮守社。楼門(随神門)は1833年天保4年)15代藩主松平定永が建立したものがあったが、1945年(昭和20年)空襲により焼失。現在建っているのは1995年(平成7年)に再建されたもの。
    • 青銅鳥居は桑名宗社門前の旧東海道に面して建つ鳥居。1667年寛文7年)7代藩主松平定重が辻内善右衛門に命じて建立したもの。その後何度か天災・戦災に遭ったが、その都度歴代の辻内氏により修復され、今日に至っている。1965年(昭和40年)三重県指定文化財になった。
  • 桑名城
  • 歴史を語る公園
  • 海蔵寺(薩摩義士墓所)
  • 佛眼院(喚鐘、桑名藩藩士墓所)

四日市宿までの史跡・みどころ

名産[編集]

葛飾北斎『桑名 四日市へ三』(3里8町(丁)は約12.7kmで、桑名宿から四日市宿までの距離を意味する。)

江戸時代後期に幕府道中奉行所五街道の全宿駅を調査、記録した『宿村大概帳』によれば、「桑名宿雑之部」に「一、此宿蛤・時雨蛤・白魚・干白魚名物なり、」との記載があり、桑名宿の主な名物として(はまぐり)、白魚(しらうお)を挙げることができる[3]。「桑名市#名産」も参照のこと。

  • 蛤は焼き蛤か煮蛤(時雨蛤)として食されることが多かった。主に焼き蛤は即席で旅人に供され、時雨蛤は土産物として売られていた[4]
  • 白魚
  • 桑名萬古焼

その他[編集]

  • 「妖刀村正」で知られる村正は、桑名の刀匠である。江戸時代に桑名宿を行き交った旅人たちは、村正の噂や伝説を話題に楽しんだこともあったと推測される[5]
  • 民謡『桑名の殿様』に登場する「桑名の殿様」は、桑名藩主ではなく、明治から大正にかけて米相場で儲けた桑名の大旦那衆(お大尽、成金)のことである[6][7]。ただし、「桑名の殿様」を松平定信(楽翁公)とする異説も存在する[7]
  • 江戸時代、桑名宿から富田の立場にかけての東海道沿いでは、焼き蛤を食べさせる店が多数軒を連ねて繁盛していた[8]。(「富田の焼き蛤」も参照。)

隣の宿[編集]

東海道
宮宿 - 桑名宿 - 四日市宿

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『東海道宿村大概帳』 児玉幸多 校訂、吉川弘文館〈近世交通資料集〉、1970年、745-746頁。2009年10月19日閲覧。
  2. ^ 『桑名のいろは』 桑名ふるさと検定実行委員会、桑名商工会議所、2007年、204頁。ISBN 4-9903866-0-42009年8月15日閲覧。
  3. ^ 『東海道宿村大概帳』 児玉幸多 校訂、吉川弘文館〈近世交通資料集〉、1970年、765頁。2009年10月19日閲覧。
  4. ^ 佐藤誠也 (1980年4月). “桑名「鋳物」「時雨蛤」「かぶら盆」”. 三重の伝統産業. 三重県教育文化会館. 2009年5月9日閲覧。
  5. ^ 東海道・街道の昔々 第1話 妖刀の故郷、ここにあり?!” (日本語). 三重県. 2009年6月26日閲覧。
  6. ^ 桑名の殿さんはいったい誰?” (日本語). 総本家新之助貝新. 2009年6月27日閲覧。
  7. ^ a b 『日本民謡集』 町田嘉章 編、浅野建二 編、岩波書店〈岩波クラシックス〉、1983年、246頁。2009年5月15日閲覧。
  8. ^ 桑名の特産品” (日本語). 桑名市物産振興協会. 2012年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]