三岐鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三岐鉄道株式会社
SANGI Railway Co., Ltd.
SANGI Railway Co., Ltd. Head Office.jpg
本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
510-0814
三重県四日市市富田三丁目22番83号
設立 1928年昭和3年)9月20日
業種 陸運業
事業内容 旅客鉄道事業など
代表者 日比 義三(代表取締役社長)
資本金 4億円
発行済株式総数 800万株
売上高 連結:50億3,621万7,000円
単独:50億3,621万7,000円
(2009年3月期)
営業利益 連結:△3億8,407万2,000円
単独:△3億8,391万1,000円
(2009年3月期)
純利益 連結:6,802万8,000円
単独:1,788万9,000円
(2009年3月期)
純資産 連結:17億9,972万2,000円
単独:12億328万2,000円
(2009年3月31日現在)
総資産 連結:74億5,530万9,000円
単独:68億4,798万9,000円
(2009年3月31日現在)
従業員数 連結:274人 単独:273人
(2009年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 太平洋セメント 10.15%
日本生命保険 6.91%
新星和不動産 6.90%
(2008年3月31日現在)
主要子会社 三岐観光サービス 100%
外部リンク www.sangirail.co.jp
テンプレートを表示

三岐鉄道株式会社(さんぎてつどう)は、三重県北部で三岐線北勢線鉄道2路線を運営するほか、路線バス貸切バス事業などを行っている鉄道会社である。

概要[編集]

社名は、かつて三重県岐阜県関ケ原)を結ぶことを目的としていたことに由来する。鉄道事業はかねてよりセメント輸送が主力であったが、現在では地域住民や行楽の足として旅客輸送の比重も上がって来ている。

奈良県と三重県の私鉄は近畿日本鉄道(近鉄)の力が大変強く、三重県の私鉄は一時、三岐以外はすべて近鉄の経営下だった時代があったが、三岐鉄道は戦時中の統合の際も鉱山関係(小野田セメント)の企業であったため近鉄への合併をまぬがれている[1]。現在でも三岐鉄道の筆頭株主は小野田セメントの後継企業である太平洋セメント株式会社である。営業路線は長らく三岐線および近鉄連絡線のみであったが、2003年平成15年)に近鉄から北勢線を譲受し運行している。

2001年(平成13年)には開業70周年を記念して三岐線西藤原駅蒸気機関車のテーマパーク「ウィステリア鉄道」を、2003年(平成15年)には同線丹生川駅に「貨物鉄道博物館」を開館し、ボランティアと共に貴重な鉄道車両の保存も行っている。

歴史[編集]

鉄道事業[編集]

路線図(クリックで拡大)

路線[編集]

車両[編集]

北勢線の経営体移行が比較的近年であり、軌間など車両規格がまったく異なることもあって、三岐線・北勢線の両路線の間に車両の互換性はまったくない。共通点は形式記号と車体塗装だけである。

各線の車両については以下を参照。

運賃[編集]

大人普通旅客運賃(小児半額・10円未満切り上げ)。2014年4月1日改定[2]。三岐線・北勢線共通。

キロ程 運賃(円) キロ程 運賃(円)
初乗り1 - 4km 170 14 - 15 390
5 180 16 - 17 430
6 200 18 - 19 450
7 230 20 - 21 470
8 - 9 270 22 - 23 490
10 - 11 310 24 - 25 500
12 - 13 350 26 - 27 520
  • 近鉄名古屋線を介して前後の三岐鉄道線の運賃通算は行わない。
    • (例)三岐線 - 近鉄富田駅 - 近鉄名古屋線 - 桑名駅 - 徒歩 - 西桑名駅 - 北勢線を連続乗車する場合、接続駅で打ち切り計算となる。
  • 三岐鉄道1日乗り放題パス」は三岐線・北勢線とも乗車できるが、両線の間の運賃は別に必要である[3]
  • 定期券は通常の通勤定期・通学定期のほかに学校の学期に合わせた学期定期を発売している。

バス事業[編集]

路線バス

長らく日野自動車製のみであったが、2004年1月いすゞ自動車製が導入された。

現行路線[編集]

一般路線[編集]

山之一色線[編集]
  • JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - みたき総合病院前 - 坂部が丘 - 大沢台 - あかつき台 - 八千代台二丁目 - あさけが丘一丁目 - 山城駅前
  • JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - みたき総合病院前 - 坂部が丘 - 大沢台 - あかつき台 - 暁学園前駅前
  • JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - みたき総合病院前 - 坂部が丘 - 四日市大学看護医療大学前 - あかつき台 - 八千代台二丁目 - あさけが丘一丁目 - 山城駅前
  • JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - 末永 - 坂部が丘 - 大沢台 - あかつき台 - 八千代台二丁目 - あさけが丘一丁目 - 山城駅前
  • 近鉄四日市駅前 → 末永 → 坂部が丘 → 大沢台 → あかつき台 → 八千代台二丁目 → あさけが丘一丁目
  • JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - (直行) - 四日市大学・看護医療大学前

平日昼間はJR四日市駅前 - みたき総合病院前 - 大沢台 - 山城駅前とJR四日市駅前 - みたき総合病院前 - 四日市大学・看護医療大学前 - 山城駅前が主体で合わせて30分毎の運転。土休日昼間はJR四日市駅前 - みたき総合病院前 - 大沢台 - 山城駅前が主体で30 - 60分毎の運転。

暁学園駅前行は平日のみ1日1往復。四日市大学・看護医療大学前行直行は平日の朝下り・夕上りのみ。

金曜下りのみ深夜バスあり(近鉄四日市駅前→あさけが丘一丁目)。

2010年(平成22年)3月31日までは「JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - みたき総合病院前 - 坂部が丘 - あかつき台 - 四日市大学・看護医療大学前」の系統が存在。

2010年(平成22年)4月1日からは「JR四日市駅前 - 近鉄四日市駅前 - みたき総合病院前 - 坂部が丘 - 四日市大学・看護医療大学前 - あかつき台 - 八千代台二丁目 - あさけが丘一丁目 - 山城駅前」の系統が新設された。

四日市大学線[編集]
  • JR富田駅前 - 近鉄富田駅前 - 四日市大学・看護医療大学前 - 東芝正門前
  • JR富田駅前 - 近鉄富田駅前 - 四日市大学・看護医療大学前
  • JR富田駅前 - 近鉄富田駅前 -(直行)- 東芝正門前

休日運休。2010年(平成22年)4月1日から東芝正門前まで延長及び東芝正門前行きの直行バスの運転が開始された。

桑名西高校線[編集]

学校休校日運休。

イオンモール東員線[編集]

2013年(平成25年)11月19日新設 [4]

受託路線[編集]

詳細は以下の各記事を参照。

廃止・撤退路線[編集]

  • 宇賀渓線: 大安駅前 - 宇賀渓キャンプ村 ※休止
  • 三里いなべ線: 三里駅前 - いなべ総合学園 ※いなべ市コミュニティバス員弁西線に統合

その他の事業[編集]

関係会社[編集]

  • 三岐観光サービス株式会社(2008年3月31日解散)
  • 北勢線施設整備株式会社
  • 近畿日本鉄道 - 資本面での関係はないが、近鉄富田駅で列車の接続ダイヤがとられる、近鉄の時刻表に三岐の列車ダイヤが掲載されるなど、営業面での協力関係は存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 他の例として、石川県においても北陸鉄道への戦時統合が進められたが、尾小屋鉄道のみは鉱山関係(日本鉱業)だったため統合されなかった
  2. ^ 消費税率引き上げに伴う鉄道運賃の認可と運賃・料金の改定について (PDF) - 三岐鉄道、2014年3月5日
  3. ^ 三岐鉄道1日乗り放題パス発売!! - 三岐鉄道ホームページ
  4. ^ http://www.sangirail.co.jp/contents/jikoku/aeonmolltoinsen/aeonmolltoinsen25.11.19.htm 25年11月19日 三岐バス イオンモール東員線運行開始のお知らせ

関連項目[編集]

  • 日本の鉄道事業者一覧
  • 四日市大学 - 地元四日市市にある大学であり、三岐線・暁学園前駅が最寄り駅となっている。近年は、同大学の総合政策学部や経済学部の授業の一環として、鉄道を盛り上げるイベントを共同で実施している。
  • 秩父鉄道 - 三岐鉄道と同じく太平洋セメントが筆頭株主である鉄道会社。

外部リンク[編集]