亀山宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
歌川広重「東海道五十三次・亀山」

亀山宿(かめやましゅく、かめやまじゅく)は、東海道五十三次の46番目の宿場である。現在は三重県亀山市

城下町であると同時に宿場町であった。

最寄り駅[編集]

JR関西本線紀勢本線 亀山駅

史跡・みどころ[編集]

  • 江戸口門跡
  • 石井兄弟敵討跡
  • 亀山城
    胡蝶城と呼ばれた優美な城であったが、現在は多聞櫓を残すのみである。
  • 亀山市歴史博物館
  • 京口門跡
  • 瑞宝軒
    伊勢国「亀乃尾」』は、亀山銘菓として江戸時代よりある。

関宿までの史跡・みどころ

  • 野村一里塚
    三重県で唯一現存する一里塚。右側の椋が現存。高さ33mの巨木。
  • 大岡寺畷
    鈴鹿川沿いで、かつては松並木であったが、現在は桜が植えられている。気持ちのよい散策路。
  • 関の小萬のもたれ松

隣の宿[編集]

東海道
庄野宿 - 亀山宿 - 関宿