徳川四天王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

徳川四天王(とくがわしてんのう)は、徳川家康の側近として仕えて江戸幕府の樹立に功績を立てた酒井忠次本多忠勝榊原康政井伊直政の4人の武将を顕彰した呼称。仏教四天王に準えている。類似の概念として更に12人を加えた徳川十六神将がある。

本多忠勝・榊原康政・井伊直政の3人は1590年徳川氏関東移封から1600年関ヶ原の戦いまでの時代に徳川氏の家政と関ヶ原の戦いに関わる大名工作・戦後処理に中心となって活躍して幕府の基礎固めに功績があり、特に彼らを指して徳川三人衆もしくは徳川三傑と呼ぶ場合もある。

該当者[編集]

筆頭は酒井忠次といわれている(最古参の譜代筆頭・最年長者であり、石川数正と並んで三河国統一時代から五か国領有時代まで仕えたため)。また、一部の学者は本多忠勝または井伊直政が筆頭であると唱えている[要出典]

2008年4月2日NHKその時歴史が動いた」では、徳川四天王をテーマにした番組が放送された。