東海道五十三次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ)は、江戸時代に整備された五街道の一つ、東海道にある53の宿場を指す。古来、道中には風光明媚な場所や有名な名所旧跡が多く、浮世絵和歌俳句の題材にもしばしば取り上げられた。なお五十三次と称す場合は京都までの場合であり、さらに大阪までを加えて東海道五十七次とする説 [1][2]もある。また、奈良時代の律令制による東海道では、延喜式によると、伊勢の鈴鹿駅から常陸の雄醍(おさか)駅まで55駅が設置されている。

東海道五十三次[編集]

数は品川宿からの通し番号である。 江戸と京の間は里程1248、487.8km。 

宿場 里程 令制国 現在の自治体 特記事項
都道府県 市区町村
日本橋 起点 武蔵国 豊島郡 東京都 中央区
1. 品川宿 2里 荏原郡 品川区
2. 川崎宿 2里半 橘樹郡 神奈川県 川崎市 川崎区
3. 神奈川宿 2里半 横浜市 神奈川区
4. 程ヶ谷宿
 (保土ヶ谷宿)
1里9丁 保土ケ谷区
5. 戸塚宿 2里9丁 相模国 鎌倉郡 戸塚区
6. 藤沢宿 1里30丁 藤沢市
高座郡
7. 平塚宿 3里半 大住郡 平塚市
8. 大磯宿 27丁 淘綾郡 中郡 大磯町
9. 小田原宿 4里 足下郡 小田原市
10. 箱根宿 4里8丁 足柄下郡 箱根町
11. 三島宿 3里28丁 伊豆国 君沢郡 静岡県 三島市
12. 沼津宿 1里半 駿河国 駿東郡 沼津市
13. 原宿 1里半
14. 吉原宿 3里6丁 富士郡 富士市
15. 蒲原宿 2里30丁 庵原郡 静岡市 清水区
16. 由比宿 1里
17. 興津宿 2里12丁
18. 江尻宿 1里3丁
19. 府中宿 2里29丁 有度郡 葵区 駿府城下
20. 鞠子宿 1里半 駿河区
21. 岡部宿 1里29丁 志太郡 藤枝市
22. 藤枝宿 1里29丁
23. 島田宿 2里8丁 島田市
24. 金谷宿 1里 遠江国 榛原郡
25. 日坂宿 1里24丁 佐野郡 掛川市
26. 掛川宿 1里19丁
27. 袋井宿 2里16丁 山名郡 袋井市
28. 見付宿 1里半 磐田郡 磐田市
29. 浜松宿 4里7丁 敷知郡 浜松市 中区
30. 舞坂宿 2里30丁 西区
31. 新居宿 1里(海上) 湖西市
32. 白須賀宿 1里24丁 浜名郡
33. 二川宿 2里16丁 三河国 渥美郡 愛知県 豊橋市
34. 吉田宿 1里20丁
35. 御油宿 2里22丁 宝飯郡 豊川市
36. 赤坂宿 16丁
37. 藤川宿 2里9丁 額田郡 岡崎市
38. 岡崎宿 1里25丁
39. 池鯉鮒宿 3里30丁 碧海郡 知立市
40. 鳴海宿 2里30丁 尾張国 愛知郡 名古屋市 緑区
41. 宮宿 1里半 熱田区 熱田神宮周辺。
桑名宿へは東海道唯一の
海上路七里の渡しで結ぶ。
42. 桑名宿 3里(川舟) 伊勢国 桑名郡 三重県 桑名市
43. 四日市宿 3里8丁 三重郡 四日市市
44. 石薬師宿 2里27丁 鈴鹿郡 鈴鹿市
45. 庄野宿 27丁
46. 亀山宿 2里 亀山市
47. 関宿 1里半
48. 坂下宿 1里24丁
49. 土山宿 2里半 近江国  甲賀郡 滋賀県 甲賀市
50. 水口宿 2里25丁
51. 石部宿 3里12丁 湖南市
52. 草津宿 2里25丁 栗太郡 草津市 中山道と共有(草津追分)。
53. 大津宿 3里24丁 滋賀郡 大津市 中山道と共有。北陸道と結ぶ。
三条大橋 3里 山城国 愛宕郡 京都府 京都市 東山区 京街道と結ぶ。

東海道五十七次[編集]

東海道の延長線として京街道(大坂街道)の宿場が元和5年(1619年)に設置された。京街道の宿場を含めて東海道五十七次と呼ぶ場合もある。

数は品川宿からの通し番号である。

宿場 令制国 現在の自治体 特記事項
都道府県 市区町村
53. 大津宿 近江国 滋賀郡 滋賀県 大津市 髭茶屋追分で東海道から分かれる[3]
54. 伏見宿 山城国 紀伊郡 京都府 京都市 伏見区
55. 淀宿 久世郡
56. 枚方宿 河内国 茨田郡 大阪府 枚方市
57. 守口宿 守口市
高麗橋 摂津国 西成郡 大阪市 中央区 かつては京橋(大阪市)[4]であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 「東海道五十三次」:名物を食べ名所を見、江戸日本橋〜京三条大橋間、写真中心・足掛け三年の徒歩全記録

脚注[編集]

  1. ^ 「東海道は品川宿より守口宿」(幕府道中奉行所御勘定 谷金十郎、宝暦8年(1758年))
  2. ^ 「東海道と申すは、熱田より上方は、伊勢路、近江路を通り伏見、淀、牧方、守口迄外はこれ無き」(土佐藩から問いに対する幕府大目付勘定奉行からの回答、寛政元年1789年)
  3. ^ 東海道から京街道に入る場合は三条大橋は通らず髭茶屋追分(大津市追分町)で南西に折れるルート(大津街道)をとるため、大津宿の次は伏見宿となる。
  4. ^ 大阪府大阪市中央区都島区の境の寝屋川で、大阪城の出入口である