高麗橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高麗橋(2007年4月)

高麗橋(こうらいばし)は、大阪府大阪市中央区東横堀川に架かるおよび同橋西詰以西の町名

橋梁[編集]

橋名の由来には、東詰付近に難波高麗館(なにわのこまのむろつみ)が置かれていた説と、朝鮮国使来朝のために架橋された説などがある。

大坂城築城に際して、西惣構堀として東横堀川が開削され、その際に架橋されたと言われており、慶長9年8月銘の擬宝珠が発掘されている。大坂に12あった公儀橋のひとつで、西詰に高札場が設置されていた。

江戸時代から明治初期にかけて、京街道大坂街道)、中国街道暗越奈良街道紀州街道などの起点が順次高麗橋に変更され、明治政府は高麗橋東詰に里程元標を置き、西日本の道路の距離計算の起点となった。

明治3年(1870年)には大阪で最初の鉄橋に架け替えられ、「くろがね橋」などと通称された。設計は本木昌造で、資材はイギリスから輸入されたが、当時の日本の契約に対する認識不足により当初の2倍ほどの価格を完成後に追加請求され、外交上の問題にまで発展した。

昭和4年(1929年)には大阪市の第一次都市計画事業の一環として鉄筋コンクリート製のアーチ橋に架け替えられ、現在に至っている。 現在は橋の真上には阪神高速1号環状線が覆い被さっている。

町名[編集]

船場のうち北から3番目の町で、1 - 4丁目まである。東端は高麗橋、西端は西横堀川筋違橋跡。高麗橋1交差点(堺筋)には高麗橋野村ビル三井住友銀行大阪中央支店(旧・三井銀行大阪支店)などの近代建築があり、以前には三越大阪店もあった。他には2丁目に料亭・吉兆の本店がある。

江戸時代には呉服屋、両替屋、屋、苧麻屋などが集積していた。特筆されるのが越後屋の存在で、明治以降に三越三井銀行、さらには三井物産東洋棉花)となって行く。銀行は他にも、第一国立銀行大阪支店、第三十四国立銀行第百三十国立銀行が設立され、高麗橋通は銀行街へと変貌した。

里程元標跡碑が建つ東詰以東の上町(内町)では、最初は東高麗橋(もとは高麗橋詰町)、続いて島町2 - 1丁目、谷町1交差点で谷町筋を超えて、上町筋の大手前交差点で大坂城西外濠の堀端、乾櫓の正面に至る。交差点名は大手前だが、大手口より京橋口のほうが近く、堀に沿って左へ歩けば京橋門への分かれ道があり、反対側は寝屋川にかかる京橋で、渡れば土佐堀通(京街道にあたる部分)である。

主要施設[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]