湖西市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こさいし
湖西市
Flag of Kosai, Shizuoka.svg
Emblem of Kosai.svg
湖西市旗[1][2] 湖西市章[1][2]
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
団体コード 22221-6
面積 86.65km²
総人口 58,897
推計人口、2014年9月1日)
人口密度 680人/km²
隣接自治体 浜松市西区北区
愛知県豊橋市
市の木 黒松[1][2]
市の花 クチナシ[1][2]
市歌 作詞:夏目忠男、作曲:本間彦作[3]
湖西市役所
市長 三上元
所在地 431-0492
静岡県湖西市吉美3268
北緯34度43分6.4秒東経137度31分53.8秒
湖西市役所
外部リンク 湖西市

湖西市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
湖西市中央部にあたる鷲津地区周辺の空中写真。
1988年撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

湖西市(こさいし)は、静岡県の最も西に位置するである。旧浜名郡の一部で、1972年市制施行。自動車工業、農業、トヨタグループの始祖の町。

2010年3月23日浜名郡新居町と合併した(詳しくは後述を参照の事)。

地理[編集]

静岡県の最西端に位置し、浜松市豊橋市に隣接している。南側は太平洋、東側は浜名湖に面している。市街地は市内3つのJR駅周辺に発達しているが、湖西市内の旧6ヶ町村が存在していた当時の名残からか市街地が分散しており、市の核といえるような地域は無く、連続した市街地は形成されていない。

江戸時代浜名湖の北側と南側に関所が置かれ、幕府の法度により漁業以外の目的で浜名湖を船で渡ることは禁じられていた。

歴史[編集]

人口[編集]

Demography22221.svg
湖西市と全国の年齢別人口分布(2005年) 湖西市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 湖西市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
湖西市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 46,126人
1975年 49,999人
1980年 54,252人
1985年 58,212人
1990年 59,926人
1995年 60,714人
2000年 60,827人
2005年 60,994人
2010年 60,043人
総務省統計局 国勢調査より

地域区分[編集]

  • 鷲津地区
    • 鷲津
    • 風の杜 - かつての富士紡績跡地の住宅地で住所表記は「鷲津」から独立している
    • 古見
    • 吉美(上の原を除く)
    • 山口
    • 坊瀬
  • 新所原地区
    • 新所原
    • 梅田
    • 岡崎(読みは「おかき」)
    • 駅南
    • 入会地
    • ときわ
    • 吉美(上の原)
  • 入出地区
    • 入出
  • 新所地区
    • 新所
    • 太田
    • 神座
    • 大森
  • 知波田地区
    • 大知波
    • 利木
    • 横山
  • 白須賀地区
    • 白須賀
  • 新居地区[7]
    • 新居町中之郷
    • 新居町新居
    • 新居町浜名
    • 新居町内山

鷲津地区を中央地区、新所原地区を西部地区、新所から北の地域を北部地区、白須賀地区を南部地区、新居地区を東部地区と呼ぶ事もある。

一応は鷲津地区が湖西市内の中心となる地域となっていて、鷲津地区に市役所と消防署、その他市の施設が立地、国道301号沿いや古見から新居地区に抜けていくロードサイドに多くの住宅や商店、大手スーパーが立地している。又、鷲津地区には2000年代に入ってから風の杜や吉美ニュータウン(共に150区画以上)といった大規模な新興住宅地が整備されている。鷲津地区はトヨタグループの始祖・豊田佐吉の出身地でもあり、鷲津小学校の校歌で彼の事を歌った歌詞が歌われている他、鷲津小中学校に彼の銅像があり、トヨタ自動車の資本により豊田佐吉記念館1988年10月にオープンしている。

新所原地区は愛知県豊橋市との境目にあり、新所原駅構内に県境も存在する。天竜浜名湖鉄道の出発駅でもある。新所原地区は鷲津地区と並ぶ住宅密集地であり、その周辺部には多くの商店が立地しており、大手スーパーも立地する。愛知県が目の前にある事もあり、この地区は静岡や浜松より名古屋や豊橋に通勤・通学している者が多いようである。

白須賀地区は東海道白須賀宿宿場町として江戸時代以前にはかなり栄えていた。現在は衰退してしまったが、国道1号潮見バイパスの開通と道の駅の完成、更には2013年6月に全線開通した豊橋東バイパスの起点且つ県境付近に位置する豊橋東ICの完成でやや活気が戻っている。スズキの湖西工場があるのもこの地区であり、ここから軽自動車乗用車等が生産されている。又、旧国道1号(潮見バイパスが開通する1996年迄は国道1号線、それ以降は国道42号)沿いに大衆食堂が軒を連ね、トラック運転手を中心に根強い人気がある。遠州灘に面する温暖な気候と豊かな土地を生かして古くからキャベツジャガイモメロン等農業が盛んである。遠州灘沿岸ではサーフィン釣りも盛んである。又、浜名湖カントリークラブでのゴルフも行われている。

新所・入出・知波田の北部地区は古くからの集落と田園風景がそのまま残されているが、ヤマハマリーナスズキマリーナといった地元企業(共に本社は浜松市)が運営しているマリーナがある事で、浜名湖沿岸での水上スキージェットスキークルージング釣り等のマリンスポーツや湖西連峰のハイキング等が盛んな観光地でもある。又、斜面ではみかんの栽培も盛んである。入出漁港では近年なかなかお目にかかれなくなったノコギリガザミが水揚げされている。

新居地区は文字通り2010年3月23日に編入された旧浜名郡新居町の地域で、東海道の新居宿新居関所で古くから栄えている。関所周辺には多くの住宅や商店が軒を連ね、古い町並みが忠実に表現されているとも言える。新居町中之郷の国道301号沿いには平成(1989年以降)に入ってから登場した「あけぼの地区」という新興住宅地を中心に多くの住宅や商店、大手スーパーが立地している。又、1993年ユーストアが出店した事で発展している一方、朝夕は国道301号が渋滞する事が多い。静岡県唯一の競艇場浜名湖競艇があるのもこの地区で、レース終了後の夕方になると周辺道路が渋滞する事が多い。新居地区はこの他、浜名湖での海水浴や釣り、潮干狩り等のマリンスポーツ、夏季の手筒花火イチゴ狩りやぶどう狩り等湖西市内切っての観光地でもある。

行政[編集]

歴代市長[編集]

  • 第1代市長 - 木村市郎 (在任1973年1月 - 1975年4月)
  • 第2代市長 - 猪井善亮 (在任1975年4月 - 1983年10月)
  • 第3代市長 - 守田肇 (在任1983年11月 - 1987年7月)
  • 第4代市長 - 白井富次郎 (在任1987年9月 - 1992年?月)
  • 第5代市長 - 山本昌寛 (在任1992年12月 - 2004年12月)
  • 第6代市長 - 三上元 (在任2004年12月 - 現職)

施策[編集]

財政は比較的健全であり、1984年度-1998年度および2000年度以降、普通地方交付税不交付団体である。2001年度-2010年度の第4次湖西市総合計画では「輝く未来が開けるまち・湖西」の実現を目指した施策を行っている。道路整備、下水道整備に重点的に取り組んでいる。

合併問題[編集]

  • 2003年8月、県内天竜川西部を大合併する環浜名湖政令指定都市構想から離脱。当時の市長である山本は、当面は単独市制を継続する事を表明[8]
  • 2006年8月6日に行われた新居町長選挙の結果、湖西市との合併を志向する中嶋正夫[9]の当選について、三上湖西市長は新居町との合併に前向きの意を示す。
  • 2008年3月の第1回湖西市・新居町任意合併協議会において両市町長は、新居町が湖西市に編入する編入合併方式を前提に、2010年3月末日迄の合併を目指す事を明らかにした。同年7月、法定合併協議会がスタート。
  • 2009年5月にすべての協議が終了。6月には静岡県副知事立会いの中で両市町長が合併協定書に調印、7月には全会一致で新居町との廃置分合議案を可決。8月6日、新居町長とともに川勝平太静岡県知事に合併を申請。
  • 2009年9月開会の平成21年県議会9月定例会において、同年10月7日同案が可決[10]。同月14日川勝知事から合併決定書が交付され[11]、11月10日に総務大臣からの告示がなされる。
  • 2010年3月23日、新居町を編入。湖西市としては1955年4月の旧5ヶ町村の合併による「湖西町」の発足以来55年ぶり、1972年1月1日の市制施行して以降初の合併となる。

経済[編集]

産業[編集]

漁業[編集]

浜名湖での漁業やの養殖も行われている。

  • 鷲津漁港
  • 入出漁港

姉妹都市・提携都市[編集]

姉妹都市は国内外ともに締結していない。

公共施設[編集]

湖西市役所
市民会館
湖西市立中央図書館

健康[編集]

総合病院[編集]

  • 市立湖西病院[12](内・循環器・呼吸器・神経内・小児・外・脳神経外・皮膚・泌尿器・整形外・産婦人・眼・耳鼻咽喉・精神・理学療法)
  • 医療法人浜名会 浜名病院(内・外・胃腸・整形外・眼・脳神経外・肛門・口腔外・泌尿器・理学療法)

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 湖西市立湖西中学校
  • 湖西市立白須賀中学校
  • 湖西市立鷲津中学校
  • 湖西市立岡崎中学校
  • 湖西市立新居中学校

小学校[編集]

  • 湖西市立岡崎小学校
  • 湖西市立白須賀小学校
  • 湖西市立知波田小学校
  • 湖西市立東小学校
  • 湖西市立鷲津小学校
  • 湖西市立新居小学校

特別支援学校[編集]

幼稚園・保育園[編集]

  • 幼稚園は公立が5園、私立が1園
  • 保育所(園)は公立が1所、私立が3園

図書館[編集]

  • 湖西市立中央図書館
  • 湖西市立新居図書館

消防[編集]

  • 湖西市消防本部

警察[編集]

1954年に新居警察署として静岡県警察が設置。2010年3月の新居町の編入により「湖西警察署」と名称を変更した。市内には4つの交番が立地している。

公民館[編集]

  • 市民会館
  • 西部公民館

隣接している自治体・行政区[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

バス[編集]

道路[編集]

旧街道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

豊田佐吉記念館(入口)
新居関所
  • 名所:トキワマンサクの自生北限地である。
  • 旧跡:新居関所本興寺妙立寺。史跡大知波峠廃寺跡。宇津山城址。
  • 観光:浜名湖沿いに女河浦海水浴場・新居弁天海水浴場がある。
  • 観光:鷲津駅周辺に豊田佐吉記念館、新居町新居に新居関所博物館がある。
  • 祭事:市制施行20周年の年(1992年)より毎年8月に湖西おいでん祭[13]1996年からは毎年10月最終日曜日に新居町新居にて新居町産業祭あらいじゃんが開催されている。
  • 祭事:近年は松見ヶ浦花火大会も開催されている。

特産品[編集]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 1972年(昭和47年)1月1日制定
  2. ^ a b c d 市の概要”. 湖西市ホームページ. 2014年7月19日閲覧。
  3. ^ 市歌”. 湖西市ホームページ. 2014年7月19日閲覧。
  4. ^ “週刊首都圏 -飛び地、線上のドラマ-”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2010年5月28日) 
  5. ^ “静岡・浜名湖の境界が画定 未確定湖沼では面積最大”. 47NEWS (共同通信社). (2010年3月17日). http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010031701000457.html 2012年5月22日閲覧。 
  6. ^ 字の名称の変更(平成21年静岡県告示第1011号)静岡県庁 (2009年12月25日). “静岡県公報 第2151号 平成21年12月25日 (PDF)”. 2010年2月8日閲覧。
  7. ^ 新居地区のみ「新居町○○」と表記され、その表記は一つの字として扱われる。
  8. ^ 隣の新居町も同じ理由で離脱している。
  9. ^ 合併後も中嶋は湖西市の非常勤職員として市政に従事している。
  10. ^ 静岡県/県議会平成21年9月定例会における審議結果
  11. ^ 湖西市・新居町合併協議会/10月14日 県知事から合併決定書が交付されました。
  12. ^ 2010年3月22日迄は「共立湖西総合病院」。尚、産婦人科の分娩施設は現在、休止している。開業当時は「町立湖西病院」、1969年の「湖西総合病院」、1986年の「共立湖西総合病院」の改称を経て現在に至る。
  13. ^ おいでん祭は2008年以降、中止している。

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度43分28秒 東経137度31分11秒 / 北緯34.72444度 東経137.51972度 / 34.72444; 137.51972