桜田門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桜田門 (高麗門)
桜田門 (渡櫓門)

桜田門(さくらだもん、正字体:櫻田門)は、江戸城[1](現在の皇居)の内堀に造られたの一つ。桜田堀と凱旋堀の間にある。昭和36年(1961年)に「旧江戸城外桜田門」として国の重要文化財(建造物)に指定された[2]。特別史跡「江戸城跡」の一画を占める。なお江戸城には内桜田門と外桜田門の2つが存在するが、前者は桔梗門とも呼ばれ、単に「桜田門」という場合には後者を指すことが多い。

概要[編集]

当初は小田原街道の始点として小田原口と呼ばれていた。寛永13年(1636年)にそれまでの柵戸仕立の門を現在のような桝形門に改築、桜田門とよぶようになる。外側の高麗門(こうらいもん)と内側の渡櫓門(わたりやぐらもん)の二重構造になっており、間に桝形がある。大正12年(1923年)の関東大震災で一部が破損、鋼鉄土蔵造りに改修される。

安政7年(1860年)にこの門の近くで水戸藩浪士らによる大老井伊直弼の暗殺事件(桜田門外の変)が起きた。井伊邸は現在憲政記念館の建っている辺りにあり、桜田門から西に500メートルほどの所にあった。

昭和7年(1932年)には昭和天皇の暗殺未遂事件(桜田門事件)が起きた。

桜田門の正面(豊後杵築藩松平家屋敷跡)には現在、警視庁の庁舎がある。この事から警視庁は隠語で「桜田門」と呼ばれることもある。国道1号を挟んで法務省の赤レンガ棟が建っている。

交通[編集]

桜田門駅以外では、霞ケ関駅が非常に近いほか、日比谷駅永田町駅からも至近である。

脚注[編集]

  1. ^ 「江戸城跡」として国の特別史跡に指定されている。
  2. ^ 他に重要文化財に指定された江戸城の門には清水門田安門がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度40分42.8秒 東経139度45分14.2秒 / 北緯35.678556度 東経139.753944度 / 35.678556; 139.753944