南林間駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南林間駅
東口(2004年11月27日)
東口(2004年11月27日)
みなみりんかん - Minami-Rinkan
OE 02 中央林間 (1.5km)
(0.6km) 鶴間 OE 04
所在地 神奈川県大和市南林間一丁目6-11
駅番号 OE 03
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 江ノ島線
キロ程 4.5km(相模大野起点)
新宿から36.8km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
32,278人/日
-2011年-
開業年月日 1929年昭和4年)4月1日*
備考 * 1941年(昭和16年)10月15日 南林間都市駅より改称

南林間駅(みなみりんかんえき)は、神奈川県大和市南林間にある、小田急電鉄江ノ島線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を持つ。

かつては島式ホーム2面4線で、特急ロマンスカーえのしま」号などの優等列車が先行の列車を追い越す事が可能となっていた。しかし、近隣の相模大野駅大和駅待避線が整備された事により当駅での追い越しが不要となったため、待避線2線(旧1・4番ホーム)を廃止し、旧2番ホームを新1番ホーム、旧3番ホームを新2番ホームに変更している。なお、待避線の跡地は有料自転車駐輪場や改札階行エレベーターなどへ転用された。

トイレは改札内コンコースに設置されている。併設されている多目的トイレはオストメイトの利用にも対応し、男女別に1室ずつ設置されている。

のりばは東側を1番ホームとして、下表の通りである。

2012年7月26日に、行先案内表示器が新設された[1]

南林間駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 江ノ島線 下り 大和藤沢片瀬江ノ島方面
2 江ノ島線 上り 相模大野新宿千代田線方面

利用状況[編集]

2011年度の一日平均乗降人員は32,278人である[2]。近年の乗降人員・乗車人員の推移は下表のとおり。

年度 一日平均
乗降人員
一日平均
乗車人員
1998年 17,458[3]
1999年 16,787[4]
2000年 16,618[4]
2001年 16,647[5]
2002年 16,190[5]
2003年 32,658 16,185[6]
2004年 31,657 16,006[6]
2005年 31,860 16,099[7]
2006年 32,037 16,190[7]
2007年 32,392 16,355[8]
2008年 32,671 16,422[8]
2009年 31,971 16,051[9]
2010年 16,256[9]
2011年 32,278 16,214[10]

駅周辺[編集]

東口[編集]

西口[編集]

バス路線[編集]

かつては東口に神奈川中央交通が乗り入れていたが廃止され、現在は大和市コミュニティバスが発着している。

南林間駅[編集]

南林間駅東口[編集]

  • 大和市コミュニティバス「のろっと」

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

林間都市計画区域」の部地域であったことから「南林間都市駅」として開業したが、1941年に中央林間駅東林間駅とともに「都市」の文字が駅名から外され、「南林間駅」と改称した。

「林間都市計画」発足以前は「相模ヶ丘駅」となる予定であった。なお、座間市相模が丘は小田急相模原駅西方にあたり、当駅とはかなり離れている。

隣の駅[編集]

小田急電鉄
江ノ島線
快速急行
通過
急行
中央林間駅 (OE 02) - 南林間駅 (OE 03) - 大和駅 (OE 05)
各駅停車
中央林間駅 (OE 02) - 南林間駅 (OE 03) - 鶴間駅 (OE 04)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年度の鉄道事業設備投資計画 (2)駅施設改良、サービスの向上 ②行先表示装置の新設 (PDF) - 小田急電鉄(2012年4月27日閲覧)
  2. ^ 小田急電鉄「事業案内」
  3. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)223ページ
  4. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)225ページ
  5. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)223ページ
  6. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)225ページ
  7. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)227ページ
  8. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)241ページ
  9. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成23年度)239ページ
  10. ^ 神奈川県県勢要覧(平成24年度)235ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]