高麗川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高麗川駅
駅舎(2012年10月)
駅舎(2012年10月)
こまがわ - Komagawa
所在地 埼玉県日高市大字原宿336-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 マワ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
4,711人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1933年昭和8年)4月15日
乗入路線 2 路線
所属路線 八高線[* 1][* 2]
キロ程 31.1km(八王子起点)
東飯能 (5.5km)
(5.8km) 毛呂[* 3]
所属路線 川越線[* 1]
キロ程 30.6km(大宮起点)
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
  1. ^ a b 川越線 - 八高線東飯能方で直通運転実施
  2. ^ 当駅で系統分離
  3. ^ この間に八王子支社高崎支社との境界あり(当駅から東飯能寄りは八王子支社管内)
  4. ^ この間に大宮支社と八王子支社の境界あり(当駅は八王子支社管内)

高麗川駅(こまがわえき)は、埼玉県日高市大字原宿にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

乗り入れ路線[編集]

当駅の所属線である[1]八高線と、当駅を終点とする川越線の分岐駅となっている。

八高線は当駅を境に八王子方面が電化、高崎方面が非電化となっており、運転系統が分断されている。また、川越線も電化されており、川越線川越方面と八高線八王子方面で当駅を経由して直通運転が行われている。ただし、川越線と八高線八王子方面では列車間隔が異なるため、直通運転を行う電車は当駅で長時間停車を行う場合がある。また、八高線には当駅始発・終着で青梅線経由中央線直通東京駅発着の電車も朝の上りと夜の下りに設定されている。なおこの直通列車は車両に表示される種別(快速または青梅特快)に関わらず、ホーム上の電光掲示板上で「普通 東京(行き)」と表記される。これは、中央線直通列車も八高線内の正式な列車種別は普通列車とされているからである。

八高線は八王子駅から当駅までが八王子支社、当駅から北の区間が高崎支社、川越線は大宮支社の管轄となっており、当駅は八王子支社の管轄となる。

1996年の八高線八王子駅 - 当駅間電化以前は八王子駅から高崎駅まで全線通し運転の列車が、1985年の川越線電化以前は大宮駅から八高線に乗り入れて東飯能駅までの直通列車(気動車)が設定されていた。川越線電化後もしばらくは当駅 - 大宮間の全線通し運転の列車(電車)が設定されていた。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線を持つ地上駅。駅舎は単式ホーム側(駅西側)にある。すべてのホームを八高線の高崎方面の車両であるキハ110系気動車の乗車口の高さに合わせているため、電車が乗り入れる1・3番線はホームと乗車口との間に段差がある[3]。駅構内東側には数本の側線が引かれている。駅舎とホームは地下通路で連絡しているが狭くなっており、数分の間に相次いで列車が到着・発車する時には、その地下通路が大変な混雑となる。待合室は2・3番線ホームの北側に設置されている。

直営駅駅長配置)であり、管理駅として東飯能駅を管理している。構内に自動改札機はなく、簡易Suica改札機が設置されている。トイレには「かわせみ手洗館」という愛称が付き、ホームと駅前広場に挟まれており、男女別になっているものの、ホームと駅前広場に壁が設置されている。

2010年現在、利便性向上のための東口開設や橋上駅舎化が検討されている[4]。また、2010年4月までに跨線橋とエレベーターの新設、ホームの嵩上げ、待合室の移設によるバリアフリー対応工事が完成した。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・3 八高線 上り 東飯能八王子方面
川越線 - 川越大宮方面
2 八高線 下り 小川町高崎方面
  • 八高線(八王子方面)と川越線の電車は1・3番線のどちらかから発車する(駅舎側の単式ホームまたは島式ホーム外側で、時間により異なる)。非常時に直通運転を中止した場合は、1番線が八高線八王子方面、3番線が川越線の折り返し運転となる。
  • 八高線(高崎方面)の気動車は2番線のみからの発車となる(島式ホーム内側)。また、一部列車でワンマン運転を行っているが、それを行っている列車では発車メロディを流さない。
  • 夜間滞泊は八高線(高崎方面)で1本、川越線・八高線(八王子方面)で3本設定されている。

利用状況[編集]

  • 2013年度の1日平均乗車人員は4,711人である。
乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 4,187[1]
2001 4,172[2]
2002 4,124[3]
2003 4,110[4]
2004 4,104[5]
2005 4,179[6]
2006 4,292[7]
2007 4,495[8]
2008 4,613[9]
2009 4,623[10]
2010 4,582[11]
2011 4,516[12]
2012 4,585[13]
2013 4,711[14]
貨物取扱量
年度 発送貨物(トン) 到着貨物(トン)
1962 815,126 1,753,710
1963 694,136 1,674,230
1966 522,244 1,469,900
1973 9,163 18,088
1979 536,709 1,540,557
1983 338,573 52,649
1989 316,160 34,372
1994 382,888 40,420
1999 30,236 3,088
  • 埼玉県統計年鑑各年度版

1985年時の常備貨車[編集]

「昭和60年版私有貨車番号表」『トワイライトゾーンMANUAL13』ネコ・パブリッシング、2004年

駅周辺[編集]

この他、巾着田などへのハイキングコースの入口でもある(徒歩もしくは国際興業バス利用)。

バス路線[編集]

最寄りバス停は「高麗川駅」で、停車するバスは以下の通り。なお、国際興業バスPASMOSuicaが利用可能である。

高麗川駅
  • 国際興業バス
    • 飯12・医大31・医大32 栗坪・巾着田・高麗駅天覧山入口経由 飯能駅
    • 医大11・医大31 埼玉医大
    • 医大11-2 (快速)埼玉医大保健医療学部行
    • 医大12・医大32 埼玉医大国際医療センター行
    • 医大12-2 (快速)埼玉医大国際医療センター行
  • イーグルバス
    • H-4 高麗川団地高萩駅経由 ひだか団地行
    • H-7 高麗川団地経由 高萩駅行
    • H-8 高麗川団地第二行

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
川越線・八高線(電化区間)
武蔵高萩駅(川越線) - 高麗川駅 - 東飯能駅(八高線)
八高線(非電化区間)
高麗川駅 - 毛呂駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ 太平洋セメント引込線跡地について (PDF) - 日高市 記者発表資料 平成21年4月2日
  3. ^ 元々、八高線、川越線ともに非電化で気動車列車(大昔では旧形客車)だけだったため。のちに電化で導入された103系205系209系のデッキ部分が高いために段差が生じている。
  4. ^ 情報交換会で出された意見・要望等に対する回答 (PDF) - 日高市(2007年9月28日時点でのアーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]