金子駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金子駅
駅舎(2006年5月5日)
駅舎(2006年5月5日)
かねこ - Kaneko
箱根ヶ崎 (4.8km)
(5.1km) 東飯能
所在地 埼玉県入間市大字南峯429
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 八高線
キロ程 20.5km(八王子起点)
電報略号 カコ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,098人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1931年昭和6年)12月10日
備考 業務委託駅
ホーム(2009年1月)

金子駅(かねこえき)は、埼玉県入間市大字南峯にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)八高線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。駅の東側にのみ出入口があり、下り線ホームへは雨ざらしの跨線橋を利用する必要があるが、エスカレータエレベーター・エスカル(車椅子専用リフト)は設置されていない。トイレ改札内、1番線ホームに設置されている。2014年10月現在、駅舎建て替えのため、仮駅舎で営業中である。

拝島駅管理で、JR東日本ステーションサービスが業務を行う業務委託駅。駅員配置時間は7時30分 - 19時で、それ以外は不在となる。窓口(POS端末-営業時間:7時40分-18時40分)・自動券売機2台・簡易Suica改札機が設置されている。

JR東日本仕様の駅名標は1番線側になく、2番線側にのみ、改札口の正面に設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 八高線 上り 拝島八王子方面  
青梅線・中央線 - 立川新宿東京方面 朝のみ運転
2 八高線・川越線 下り 高麗川高崎川越方面 高崎方面は高麗川乗り換え
  • 実際の川越線の案内は、川越以東で用いられるグリーン()が用いられている。また、東福生駅以北では唯一「青梅線・中央線」も表記されている。

利用状況[編集]

  • 2011年度の一日平均乗車人員は2,098人である。
乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 1,819[1]
2001 1,971[2]
2002 2,092[3]
2003 2,195[4]
2004 2,216[5]
2005 2,254[6]
2006 2,237[7]
2007 2,229[8]
2008 2,166[9]
2009 2,122[10]
2010 2,121[11]
2011 2,098[12]

駅周辺[編集]

当駅から500m程南の八高線最高所地点

入間市内で唯一のJRの駅である。同市の西部に存在し、駅の周辺は住宅街。日本三大緑茶である狭山茶の最大生産地であり、駅の南側には広大な茶畑が広がる。高麗川方面のホームに渡る橋の上からは、きれいに茶畑が見渡せる。

また、駅周辺には多くの桜の木がある事で知られ、駅前の桜並木は春になると満開の桜がトンネルのように続き、多くの写真家や絵描きが訪れるスポットでもある。

バス路線[編集]

当駅とその周辺には下記のバス停が存在する。徒歩圏内である西武バス寺竹停留所まで行けば1時間に1 - 2本の割合でバスが来る。

金子駅

金子駅入口(駅から約270m。東京都道・埼玉県道218号二本木飯能線道路上発)

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
八高線
箱根ヶ崎駅 - 金子駅 - 東飯能駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]