東武越生線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東武鉄道 越生線
越生線
越生線
路線総延長 10.9 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V(直流
複線区間 武州長瀬駅 - 東毛呂駅(1.0km)
停車場・施設・接続路線
ABZq+l BHFq
0.0 TJ-26 坂戸駅 東上本線
AKRZu
関越自動車道
BHF
2.8 TJ-41 一本松駅
eBHF
大家駅 -1945
eDST
西大家信号場 -1984
eABZlf
日本セメント専用線
BHF
4.4 TJ-42 西大家駅
eBHF
森戸駅 -1959
WBRÜCKE
高麗川
BHF
5.6 TJ-43 川角駅
eDST
川角信号場 -1987
BHF
7.6 TJ-44 武州長瀬駅
BHF
8.6 TJ-45 東毛呂駅
BHF
9.4 TJ-46 武州唐沢駅
STRrf
10.9 TJ-47 越生駅
STRq
JR東八高線

越生線(おごせせん)は、埼玉県坂戸市坂戸駅入間郡越生町越生駅を結ぶ、東武鉄道鉄道路線である。

東武東上本線の支線であることから、各駅の駅名標には「東武東上線」と表示されている。

路線データ[編集]

歴史[編集]

越生線の前身は越生鉄道で、1927年(昭和2年)9月22日に埼玉県入間郡坂戸町 - 入間郡越生町至る全長7マイル(11.2km)に3フィート6インチ(1067mm)軌間の地方鉄道免許を受け、1928年(昭和3年)9月28日に創立総会を開き、本社を東京府東京市本所区の東武鉄道本社内に置き、初代取締役社長は東武鉄道専務取締役[1]の吉野伝冶が就任し、資本金35万円で設立させた。設立に当たっては、越生鉄道沿線の町村が越生鉄道の株式の引き受けに協力した[2]

1932年(昭和7年)2月17日に坂戸町 - 高麗川東岸まで5kmが開通し貨物営業が開始された。開業当初は東武鉄道から機関車貨車を借り入れ、月平均2,500tの砂利を輸送した。その後、国鉄八高線が越生まで延長されると、越生鉄道においても急遽延伸工事を行い、1934年(昭和9年)12月16日に森戸 - 越生間(5.9km)が開通し、旅客運輸営業を開始した。開業に当たっては気動車(ガソリンカー)2両を購入し、坂戸町 - 越生間1日9往復の旅客運輸営業に就いた。当初月間平均5千人であった輸送人員も大幅に増え、1935年(昭和10年)12月さらに気動車(ガソリンカー)1両を購入し、1936年(昭和11年)2月より増強した車両の運転を開始して1日14回に増加し、所要時間も坂戸町 - 越生間は30分かかっていたところを24分に短縮した。輸送人員は開業5年後の1940年(昭和15年)には月間1万5千人に達した。

交通統制に関する政府方針に沿って東武鉄道に合併することとなり、1943年(昭和18年)4月25日に定時株主総会を開き越生鉄道の買収を取締役会に一任、越生・東武鉄道両社長間で鉄道運輸事業及び所属財産27万1,751円でもって譲渡され、同年6月10日に監督官庁認可、7月1日にすべての買収手続き完了、即日東武鉄道越生線として鉄道運輸営業を継承した。

年表[編集]

運行形態[編集]

定期・臨時列車合わせて坂戸駅 - 越生駅間を運行する普通列車のみが運行される。おおむね平日朝ラッシュ時は10分毎、平日帰宅ラッシュ時と土休日朝方は12分毎、平日の日中と土休日の朝方以降は15分毎の運転で、平日朝をのぞき坂戸駅で東上本線の急行または快速と接続している。

全線でワンマン運転を実施している。

東上本線直通[編集]

1970年代までは東上線観光急行列車「くろやま」「かまきた」が、また朝夕は川越市駅まで乗り入れていた普通列車があったが、2013年現在定期列車の直通はない。臨時列車では、1996年 - 2003年に観梅列車「越生観梅号」として池袋駅発で運行された実績がある。

越生観梅号[編集]

毎年2 - 3月のの季節に運転されていた臨時列車である。

運行当初は池袋駅 - 越生駅間無停車(坂戸運転停車)とし、池袋駅乗車時については越生梅林へのクーポンと無料の乗車整理券を要した。設定当初より下り越生行のみで、上りは運行されなかった。前面の表示は「臨時・越生」、側面は「臨時」で運行された。また、ヘッドマーク取り付け用のサボ受けが取り付けられた。

  • 2000年より朝霞台・川越の両駅に停車。ただし、両駅での乗車の際にも無料の乗車整理券を要した。
  • 2002年より乗車整理券が不要となった。
  • 車両:10030系(1996年のみ方向幕の都合により8000系を使用)
  • 停車駅:池袋駅・朝霞台駅川越駅越生駅

現在、この臨時列車は運転していないが、代替として梅の季節に区間運転列車がヘッドマークを装着して運転している。

使用車両[編集]

現在の車両[編集]

ワンマン運転専用の4両編成が使用される。運用は東上本線のワンマン運転区間(寄居駅 - 小川町駅間)と共用。

過去の車両[編集]

以前運用されていた10030系越生駅

駅一覧[編集]

  • 全線埼玉県内に所在
  • 線路 ∥:複線区間、◇・|:単線区間(◇は列車交換可能)、∨:これより下は単線、∧:これより下は複線・終点(交換可能)
駅番号 駅名 駅間キロ 累計キロ 接続路線 線路 所在地
TJ-26 坂戸駅 - 0.0 東武鉄道:東上本線 坂戸市
TJ-41 一本松駅 2.8 2.8   鶴ヶ島市
TJ-42 西大家駅 1.6 4.4   坂戸市
TJ-43 川角駅 1.2 5.6   入間郡
毛呂山町
TJ-44 武州長瀬駅 2.0 7.6  
TJ-45 東毛呂駅 1.0 8.6  
TJ-46 武州唐沢駅 0.8 9.4   入間郡
越生町
TJ-47 越生駅 1.5 10.9 東日本旅客鉄道八高線

廃駅・廃止信号場[編集]

  • 大家駅(現・一本松 - 西大家間、1934年12月16日 - 1945年12月1日または同年12月10日)
  • 西大家信号場(現・一本松 - 西大家間、1984年8月1日廃止)
  • 森戸駅(現・西大家 - 川角間、1932年2月17日 - 1959年2月1日)
  • 川角信号場(現・川角 - 武州長瀬間、1987年8月25日廃止)

PASMO導入について[編集]

  • 越生線では、2007年3月18日からSuicaとの相互利用が可能なICカードPASMO」を導入しているが、自動改札機が設置されていない越生駅は簡易Suica改札機の利用、その他の駅は自動改札機の利用扱いとなっている。なお、越生駅にある自動券売機は同日からPASMOを利用しての東上線乗車券の購入が可能となり、JR八高線連絡用の簡易ICカード中間改札機が設置された。同駅はJR東日本の管理であるため、越生線に乗車する際と越生線から降車する際は、簡易Suica改札機と簡易ICカード中間改札機の2つにタッチする。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第38回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  2. ^ 総株数7000株、株主総数1346人うち大株主(300株以上)根津嘉一郎、吉野伝治、松田嘉重『地方鉄道軌道営業年鑑』昭和4年(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1927年9月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『地方鉄道及軌道一覧. 昭和12年4月1日現在』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  5. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第38回』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  6. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1932年3月1日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  7. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1934年12月24日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 6月10日譲渡許可「地方鉄道譲渡」『官報』1943年6月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]