的場駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
的場駅
駅舎(2009年2月7日)
駅舎(2009年2月7日)
まとば - Matoba
西川越 (2.2km)
(2.9km) 笠幡
所在地 埼玉県川越市大字的場1314
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 川越線
キロ程 20.9km(大宮起点)
八王子から40.8km
電報略号 トハ←マトハ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
2,907人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1940年昭和15年)7月22日
備考 業務委託駅

的場駅(まとばえき)は、埼玉県川越市大字的場にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)川越線である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。ホーム中央には待合室がある。駅舎からホームへは構内踏切で連絡している。近年、上屋の増築とスロープの設置が行われ、バリアフリーに配慮しているホームの南側に駅舎が設置されている。同じ川越線の笠幡駅とよく似た駅舎を持つ。

川越駅管理の業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)。自動改札機は設置されていないが、簡易Suica改札機がある。自動券売機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 川越・八高線 笠幡高麗川八王子高崎方面
2 川越・埼京線 川越大宮池袋新宿りんかい線方面

駅舎内の発車標では上記のように案内されているが、当駅から南古谷駅以東と八高線毛呂駅以北へ直通する列車は設定されていないため、前者(大宮・新宿・りんかい線方面)は川越駅で、後者(高崎方面)は高麗川駅で乗り換えとなる。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1999年 2,781
2000年 2,848
2001年 2,837
2002年 2,883
2003年 2,905
2004年 2,953
2005年 2,956
2006年 3,039
2007年 3,053
2008年 3,101
2009年 3,072
2010年 2,972
2011年 2,894
2012年 2,907

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
的場 川越35 水久保 かすみ野 西武バス
本田金属技術・尚美学園大学・川越駅西口 本川越駅
13・14 尾崎団地・笠幡駅 西後楽会館 川越シャトル 1日2 - 4本
13 霞ヶ関駅北口・西川越駅・市役所 総合福祉センター 火・木・土曜運転
14 本田金属技術・霞ヶ関駅南口・小畔水鳥の郷公園 いせはら団地 1日2本
的場駅入口 11・14 本田金属技術・霞ヶ関駅南口・小畔水鳥の郷公園 いせはら団地 川越シャトル
11 御嶽神社 いせはら団地
14 尾崎団地・笠幡駅 西後楽会館 1日2本

※当駅より徒歩10分ほどの関越自動車道に「川越的場バスストップ」があり、信州、上越、北陸方面への高速バスが停車する。

歴史[編集]

川越線開通以前には、前述した東武東上線の霞ヶ関駅が「的場駅」を名乗っている時期があった(1916年10月27日 - 1930年1月14日)。

その他[編集]

  • 駅の出入口を降りてすぐのところに「的場の由来」と書いてある看板があり、その看板には「的場駅の乗車券お守りとして持ち帰る人もいる。」と表記してある。
  • 西武鉄道安比奈線(休止中)が旅客線化された場合、当駅まで延伸する構想がある。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
川越線
西川越駅 - 的場駅 - 笠幡駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]