南長岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南長岡駅
駅の入口
駅の入口
みなみながおか - Minami-Nagaoka
宮内 (1.4km)
(1.6km) 長岡
所在地 新潟県長岡市宮内八丁目
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 信越本線
キロ程 71.4km(直江津起点)
高崎から上越線経由で164.0km
電報略号 ミナ
ナソ(長岡操車場)
駅構造 地上駅
開業年月日 1966年(昭和41年)1月10日
備考 貨物専用駅

南長岡駅(みなみながおかえき)は、新潟県長岡市宮内八丁目にある日本貨物鉄道(JR貨物)信越本線貨物駅である。長岡市一帯の鉄道貨物輸送の拠点駅で、着発線荷役方式(E&S方式)を導入している。

歴史[編集]

駅構造[編集]

コンテナホーム(着発5番線側) 構内配線図
コンテナホーム(着発5番線側)
構内配線図

地上駅である。線路は南北方向に通り、貨物設備は上下本線の西側にある。

着発線は5本あり、下り本線の西側に着発1・2・3・4・5番線の順に並ぶ。着発4番線と着発5番線は、E&S方式に対応した荷役線で、2線に挟まれる形でコンテナホームが1面設置されている。ホームは400メートルほどの長さである。また、ホームの北側で着発5番線の西側にあたる場所には留置線(仕分線)がある。

駅本屋は、コンテナホームの中程から着発5番線を渡った先にある。駅構内の脇にあり、住宅地が近接している。この中には、営業窓口のJR貨物長岡営業所も入っている。

本線の東側には、東日本旅客鉄道(JR東日本)の車両基地である長岡車両センターがある。そのさらに東側を上越新幹線が通過している。

取扱う貨物の種類[編集]

貨物列車・トラック便[編集]

(2015年3月14日現在)

高速貨物列車
下り列車は1日10本停車する。内訳は、着発荷役線で荷役作業を行うものが3本、駅でコンテナ車の解放作業を行うものが5本、コンテナ車の連結作業を行うものが1本、当駅を終着とするものが1本である。行き先は、新潟貨物ターミナル駅(1日7本)、秋田貨物駅(1日1本)、大館駅(1日1本)である。
上り列車は1日10本停車する。内訳は、着発荷役線で荷役作業を行うものが3本、駅でコンテナ車の連結作業を行うものが4本、コンテナ車の解放作業を行うものが1本、コンテナ車の解放作業と連結作業を行うものが2本、当駅始発のものが2本である。列車の行き先は、隅田川駅(1日3本)、東京貨物ターミナル駅吹田貨物ターミナル駅大阪貨物ターミナル駅百済貨物ターミナル駅広島貨物ターミナル駅福岡貨物ターミナル駅(1日1本ずつ)など[1]
トラック便
柏崎オフレールステーションとの間に1日5.5往復(当駅発が5本)設定されている[2]

駅周辺[編集]

その他[編集]

周辺は住宅地で、宮内駅 - 長岡駅間は約3kmと距離があることから、地元住民から「旅客駅として整備して欲しい」という意見がしばしば寄せられているものの、実現に前向きな動きはない。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
信越本線
宮内駅 - 南長岡駅 - 長岡駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『貨物時刻表 平成27年3月ダイヤ改正』、鉄道貨物協会、2015年、 112-115頁。
  2. ^ 『貨物時刻表 平成27年3月ダイヤ改正』、鉄道貨物協会、2015年、 145頁。

外部リンク[編集]