古津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古津駅
駅舎(2004年7月)
駅舎(2004年7月)
ふるつ - Furutsu
矢代田 (3.1km)
(3.2km) 新津
所在地 新潟市秋葉区朝日
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 信越本線
キロ程 202.2km(篠ノ井起点)
電報略号 フツ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
899人/日(降車客含まず)
-2007年-
開業年月日 1949年昭和24年)5月28日*
備考 無人駅(自動券売機 有)
* 信号場として1943年(昭和18年)9月28日開設

古津駅(ふるつえき)は、新潟県新潟市秋葉区朝日にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)信越本線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。両ホームは跨線橋で連絡している。

新津駅が管理する無人駅となっている。簡易Suica改札機が東口駅舎内、西口階段に入場用・出場用各1台設置されている。駅舎は1番線に面する東口側にのみ設けられており、自動券売機(簡易式1台。Suica、オレンジカード等は使用不可)、自動販売機、トイレなどがある。西口には駅舎はなく、ホーム上の待合室内に自動券売機(簡易式1台。Suica、オレンジカード等は使用不可)が設置されている。

のりば[編集]

1 信越本線(上り) 東三条長岡方面
2 信越本線(下り) 新津新潟方面

利用状況[編集]

新潟市統計書によると、年間の乗車人員、それより求められる1日の平均乗車人員は以下の通りである[1]。なお、新潟市合併前の2004年度以前のデータは非公表。

年度 年間乗車人員
(単位:千人)
一日平均
乗車人員
2005年 294 805
2006年 312 855
2007年 329 899
2008年 333 912
2009年 352 964
2010年 363 995

無人駅については、発券データが正確に計上されないとして、2011年度以降の乗車人員データが非公表となった。

駅周辺[編集]

駅周辺は住宅地となっている。駅東側はかつての中蒲原郡金津村の中心地にあたる。

東口[編集]

西口[編集]

バス路線[編集]

東口側の県道320号沿いに古津駅前バス停が設置されており(徒歩約5分)、新潟交通観光バスの路線バス「矢代田線」と秋葉区が運行するコミュニティバス秋葉区区バス」が経由する。

区バスの両方面と新潟交通観光バスの新津中心部方面の停留所は古津駅前丁字路角近くに設置されているが、新潟交通観光バスの小須戸白根方面の停留所は丁字路から約200m南西の古津交差点角に設置されているため、利用の際には注意が必要となる。

  • 古津駅前(古津駅前丁字路角)
    • 新津方面
      • 850・851 田家経由 新津駅
      • 秋葉区バス 【循環】程島・田家・秋葉区役所経由 新津駅東口
    • 小須戸方面
      • 秋葉区バス 【循環】金津・矢代田駅前・天ヶ沢・小須戸出張所・うららこすど・秋葉区役所経由 新津駅西口
  • 古津駅前(古津交差点角)
    • 小須戸・白根方面
      • 850 矢代田駅前・小須戸経由 白根・潟東営業所
      • 851 矢代田駅前・小須戸経由 白根

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
信越本線
快速「くびき野」・快速「らくらくトレイン信越・おはよう信越
通過
普通
矢代田駅 - 古津駅 - 新津駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]