潟町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:リニューアル後の駅舎の画像提供をお願いします。2015年5月
潟町駅
駅舎(2006年4月)※リニューアル着手前
駅舎(2006年4月)
※リニューアル着手前
かたまち - Katamachi
土底浜 (1.8km)
(2.8km) 上下浜
所在地 新潟県上越市大潟区潟町539-3
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 信越本線
キロ程 11.2km(直江津起点)
電報略号 カマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
197人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1897年明治30年)5月13日
備考 業務委託駅

潟町駅(かたまちえき)は、新潟県上越市大潟区潟町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)信越本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム2面2線を持つ地上駅。島式内側の中線にあたる部分は架線・レール共にすべて撤去され、使用されていない。互いのホームは跨線橋で連絡している。

長岡駅が統括管理する業務委託駅で、ジェイアール新潟ビジネスが駅業務を受託している。

駅舎には出札窓口(営業時間 7時20分 - 17時45分、POS端末設置)、自動券売機の他、自動販売機、トイレなどがある。以前は売店があったが、撤去されている。

なお当駅には、3月から11月にかけて主に週末に運転される臨時快速列車「越乃Shu*Kura」(ゆざわShu*Kura、柳都Shu*Kuraを含む)が停車する。

JR東日本新潟支社では2015年(平成27年)の「春の観光キャンペーン」実施に合わせ、「人魚の家」をモチーフとした駅舎の改修を実施した。内外装は地元の伝説や観光をイメージしており、駅北部の雁子浜に伝わる「人魚伝説」や、駅東部の新潟県立大潟水と森公園にある鵜ノ池の「河童伝説」などがデザインに取り入れられている[1]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 信越本線 下り 柏崎長岡方面
2 信越本線 上り 直江津方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗車人員は197人である。

乗車人員推移
年度 1日平均人員
2000 288
2001 290
2002 272
2003 251
2004 238
2005 229
2006 225
2007 221
2008 230
2009 215
2010 212
2011 200
2012 189
2013 197

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
信越本線
快速(夕方下り1本のみ停車)・普通
土底浜駅 - 潟町駅 - 上下浜駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b “春の観光キャンペーンに合わせて駅をリニューアルしました!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2015年3月26日), http://www.jrniigata.co.jp/Scripts/press/katamachimiyauchi.pdf 2015年3月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 潟町駅(各駅情報) - 東日本旅客鉄道