鯨波駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鯨波駅
駅舎(2006年4月)
駅舎(2006年4月)
くじらなみ - Kujiranami
青海川 (3.0km)
(3.7km) 柏崎
所在地 新潟県柏崎市鯨波一丁目3
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 信越本線
キロ程 116.9km(篠ノ井起点)
電報略号 クナ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 2面2線
開業年月日 1904年明治37年)4月1日
備考 無人駅(自動券売機 有)

鯨波駅(くじらなみえき)は、新潟県柏崎市鯨波一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)信越本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

築堤上に相対式ホーム2面2線をもつ地上駅。両ホームは跨線橋で連絡している。

無人駅となっているが、駅および駅周辺の美化活動を行うボランティアとしてJR東日本OBに名誉駅長を委嘱している[4]。駅舎2階が待合室となっている。以前は夏季の海水浴客に対応するため、臨時の乗車券窓口が1階(1か所)と待合室内(2か所)に設けられていたが、現在は通年無人。駅舎内には自動券売機、トイレなどがある。

夏場になると、地元の人が水着で乗車することがある。無人駅かつ海水浴場直近の駅ならではの光景である。

また、海水浴シーズンには熊谷駅から柿崎駅間で運転される快速「マリンブルーくじらなみ」が当駅を経由する。

のりば[編集]

(南側) 信越本線(上り) 犀潟直江津方面
(北側) 信越本線(下り) 柏崎長岡方面

※案内上ののりば番号は割り当てられていない。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
信越本線
快速「くびき野」・快速「らくらくトレイン信越・おはよう信越
通過
普通
青海川駅 - 鯨波駅 - 柏崎駅

脚注[編集]

  1. ^ 「臨時停車場開始」『官報』1902年7月15日(国立国会図書館デジタル化資料)
  2. ^ 「仮停車場開始」『官報』1903年4月17日(国立国会図書館デジタル化資料)
  3. ^ 「仮停車場使用継続」『官報』1903年10月27日(国立国会図書館デジタル化資料)
  4. ^ a b “「名誉駅長」の配置について” (pdf) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2014年4月27日), http://www.jrniigata.co.jp/press/20120427meiyoekityou.pdf 2014年10月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]