北高崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北高崎駅*
南口
南口
きたたかさき - Kita-Takasaki
高崎 (2.4km)
(4.0km) 群馬八幡
所在地 群馬県高崎市大橋町70
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 信越本線
キロ程 2.4km(高崎起点)
電報略号 タサ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,550人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1885年明治18年)10月15日
備考 直営駅
* 1919年に飯塚駅から改称。
北口 ※写真右側が駅入口(2012年5月21日)

北高崎駅(きたたかさきえき)は、群馬県高崎市大橋町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)信越本線である。

高崎市の中心市街地の北部に位置している。高崎市内ではしばしば北駅(きたえき)、北高(きたたか)と呼ばれている。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

群馬八幡方に南口、高崎方に北口と2つの駅舎が設置されている。当駅付近の線路は東南東から西北西に向けて通っているため、南口よりも北口のほうが若干南側にある。双方共に駅員が配置されている。北口は平日・土曜日の7時から10時と15時から19時までの営業で、営業時間外は閉鎖されている。

直営駅高崎駅被管理駅)で、みどりの窓口は設置されていないが南口の窓口に端末が設置されており、駅係員のいる時間帯に限り証明書などを要するきっぷや特急券、自動券売機対応外の区間への乗車券の購入が出来る。簡易Suica改札機設置。

のりば[編集]

1 信越本線 下り 横川方面
2 信越本線 上り 高崎方面

利用状況[編集]

2013年度(平成25年度)の1日平均乗車人員は1,550人である。高崎経済大学新島学園短期大学高崎商科大学附属高等学校に近いため、学生の利用も多い。

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000年平成12年) 1,677
2001年(平成13年) 1,594
2002年(平成14年) 1,566
2003年(平成15年) 1,603
2004年(平成16年) 1,663
2005年(平成17年) 1,643
2006年(平成18年) 1,602
2007年(平成19年) 1,603
2008年(平成20年) 1,641
2009年(平成21年) 1,645
2010年(平成22年) 1,673
2011年(平成23年) 1,615
2012年(平成24年) 1,546
2013年(平成25年) 1,550

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

群馬バス室田行き(高崎駅前)

南口先の幹線道路上に北高崎駅前停留所が、踏み切りを渡った200メートルほど北側に飯塚本町停留所がある。北高崎駅と高崎駅との間のバスは概ね毎時5から6本程度設定されていて、信越線の列車より本数が多い。北口側には東に200メートルほど歩いたところに飯塚三叉路停留所がある。北口から飯塚本町停留所にも行くことができるが、350メートルほど離れている。

北高崎駅前[編集]

※ は飯塚本町停留所を通る便

飯塚三叉路[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
信越本線
高崎駅 - 北高崎駅 - 群馬八幡駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]