川原湯温泉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川原湯温泉駅*
駅舎
駅舎
かわらゆおんせん - Kawarayu-Onsen
岩島 (5.9km)
群馬県吾妻郡長野原町大字川原湯395-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 吾妻線
キロ程 36.4km(渋川起点)
電報略号 ワユ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
24人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1946年昭和21年)4月20日
備考 簡易委託駅
* 1991年に川原湯駅から改称。
ホーム側から見た駅舎
駅西の踏切から渋川・高崎方面を望む

川原湯温泉駅(かわらゆおんせんえき)は、群馬県吾妻郡長野原町大字川原湯にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)吾妻線である。

八ッ場ダムが完成すると、当駅を含む川原湯地区一帯がダムの底に沈む予定である。それに伴い、線路の付け替えおよび駅の移設が行われる予定。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

長野原草津口駅管理の簡易委託駅である。駅舎は吾妻線内で唯一残る木造駅舎である。

のりば[編集]

1 吾妻線(下り) 長野原草津口万座・鹿沢口大前方面
2 吾妻線(上り) 中之条渋川高崎大宮上野方面

利用状況[編集]

  • 2012年度の乗車人員は1日平均24人であった。乗車人員を把握できる群馬県内の駅の中では、最も少ない駅である。
乗車人員推移
年度 1日平均人員
2000 87
2001 82
2002 80
2003 69
2004 56
2005 52
2006 46
2007 45
2008 40
2009 40
2010 32
2011 24
2012 24

駅周辺[編集]

川原湯温泉の温泉街は、駅から西に約500メートル高台に登った場所にある。駅前広場は国道に面している。山が駅の目の前に迫っていることやダム建設の影響もあって、駅前にあった民家や商店は移転が進み建物自体が少なくなった。

バス路線[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

※特急「草津」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

東日本旅客鉄道
吾妻線
岩島駅 - 川原湯温泉駅 - 長野原草津口駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]