上信電鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上信電鉄株式会社
Jōshin Electric Railway Co., Ltd.
Joshindentetsuhonsha.jpg
上信電鉄本社ビル
バスは受託運行の「ぐるりん」
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 上信(じょうしん)
本社所在地 日本の旗 日本
370-0848
群馬県高崎市鶴見町51番地
設立 1895年明治28年)12月27日
業種 陸運業
代表者 代表取締役社長 木内幸一
資本金 2億8000万円
従業員数 193名
主要株主 群馬タクシー(5.59%)
群馬銀行(4.83%)他
主要子会社 群馬タクシー
上信ハイヤー
上信観光バス
浅香運輸
上信観光企業他
外部リンク www.joshin-dentetsu.co.jp/
テンプレートを表示

上信電鉄株式会社(じょうしんでんてつ)は、群馬県に路線(上信線)を有する鉄道会社である。本社所在地は群馬県高崎市

概要[編集]

鉄道事業のほか、旅客自動車運送事業(高崎市内を中心とする路線バスの運行)、貨物自動車運送事業(群馬県内及び埼玉県内の郵便物の輸送)、広告宣伝業、不動産業も行う。

1895年に上野鉄道(こうずけてつどう)として設立され、1897年に開業し同年中に高崎 - 下仁田間が全通した。現存する日本の地方民鉄(大手以外の民鉄)路線のなかでは、伊予鉄道についで二番目に早く開業している。古くは高崎の地元資本に加え、三井財閥の資本も設立に関わった。

さらに下仁田から余地峠を越えて佐久鉄道(現:小海線)の羽黒下駅まで延伸する計画[1]を立て、社名を上信電気鉄道に改称した。当該区間の工事と路線営業のための免許を取得したが、世界恐慌により頓挫。中込方面へのバス路線を開設しただけで(後に廃止)、鉄道の延伸は実現しなかった。

昭和30年代はじめには、元首相中曽根康弘の実父である中曽根松五郎が社長を務めた。

歴史[編集]

鉄道事業[編集]

路線[編集]

設置駅一覧等については以下の項目を参照のこと。

運賃[編集]

大人普通旅客運賃(小児半額・10円未満切り上げ)。2014年4月1日改定[4]

キロ程(km) 運賃(円) キロ程(km) 運賃(円)
初乗り1 - 3km 180 18 - 19 730
4 210 20 - 21 790
5 250 22 - 23 840
6 300 24 - 25 900
7 350 26 - 27 950
8 - 9 410 28 - 29 990
10 - 11 480 30 - 31 1030
12 - 13 560 32 - 33 1070
14 - 15 620 34 1110
16 - 17 680

高崎 - 下仁田間の全線の運賃は1110円である。全線乗り放題のフリーきっぷ(一日乗車券)は、「1日全線フリー乗車券」(大人2220円、子供1110円[5]。2012年までは「銀河鉄道999号・1日全線フリー乗車券」の名称で発売)が、高崎・吉井・上州福島・上州富岡・下仁田の各駅と本社鉄道部で発売されている。また、10月の「鉄道の日」「群馬県民の日」の前後の期間、および年末年始にも通常より安価なフリーきっぷが発売される。

車両[編集]

2013年に運行を開始した約31年ぶりの自社発注による新製車両である7000形電車。撮影後の2014年2月に投票で選ばれたカラーリングが施された。

自社発注車は、かつてタブレット交換を行っていた名残で運転席が右側にあるのが特徴的である。また西武鉄道とは資本関係は全くないが(会社成立時はむしろ東武鉄道との関係が深かった)、車両面に関しては200形電車の一部が西武所沢車両工場製であったり、また西武鉄道からの譲渡車両が多数存在するなど、西武色が強いことが特徴である。

電動車(制御電動車)を表す記号は「デハ」と「モハ」が併用されている。雑誌『鉄道ファン』の6000系・250形新車記事によると「片運転台だろうが両運転台だろうが、一両で走れる電動車はデ。MMユニットだろうがコンプレッサーとMGを分離していようが、一両で走れない電動車はモ」と説明されている。他に電動客車に複数の記号を併用する私鉄は長野電鉄(制御電動車はデハ、中間電動車はモハ)や富山地方鉄道(鉄道線の電動車はモハ、軌道線の電動車はデ)、過去に区別していた会社では京福電気鉄道(線区による区別として、嵐山:モボ、叡山・鞍馬:デナ・デオ、福井:ホデハ→モハ)などが存在する。

また、在籍車両の多くは広告でペイントされたカラフルな外観を有し、2008年10月20日から2012年9月9日まで、松本零士原作『銀河鉄道999』のキャラクター「メーテル」・「鉄郎」をあしらったラッピング電車「銀河鉄道999号」が運行されていた。

前述の通り、近年の車両導入は主に西武鉄道より譲り受けた中古車両によって賄われていたが、2012年(平成24年)度[6]より1981年(昭和56年)に新製された6000系電車以来31年ぶりとなる自社発注による新製車両を導入することが決定した[6]。新型車両は2012年(平成24年)度と翌2013年(平成25年)度の二度にわたって1両ずつ新製され[7]、2両が落成した時点で編成を組成し運行を開始する予定とされる[6]。製造は新潟トランシスが担当し、製造費用は国からの補助金および群馬県を始めとする沿線自治体からの拠出金によって全額が賄われる[6]。これは2014年度に見込まれていた上信電鉄線沿線に存在する富岡製糸場世界遺産登録[8]を控え、行政側による支援の一環として実施されるもので[6]、旅情を喚起する目的で座席をボックスシート仕様とすることを計画した[6]。2012年(平成24年)10月には新型車両の完成予想イラストが公表されたほか[7]、沿線に所在する高校の在学生から募った車体カラーリング案のうち7種類について同年10月20日から同月28日にかけて利用者による投票を実施することが併せて発表された[7]。車体カラーリングについては投票結果を基に社内委員会において最終案を決定する予定である[7]。この新型車両7000形電車は2013年の3月と9月に1両ずつ入線、同年12月3日から営業運転を開始した[9][10][11][12]。上信電鉄初のVVVFインバーター搭載車で、その他にも左手型ワンハンドマスコンハンドルやボルスタレス台車が採用されており、これも上信電鉄初である。

車両数の変遷[編集]

年度 デハ20形 デハニ31形 100形 6000系 1000系 250形 200形 150形 500形 計(冷房車)
1982
-1990
2 1 6 2 3 2 9 25(2)
1991 1 6 2 3 2 9 23(2)
1992 1 6 2 3 2 9 23(2)
1993 4 2 3 2 9 2 22(4)
1994 4 2 3 2 9 2 22(4)
1995 2 2 3 2 9 4 22(6)
1996 2 2 3 2 9 4 22(6)
1997 2 3 2 9 6 22(8)
1998
-2001
2 3 2 9 6 22(10)
2002 2 3 2 9 6 22(12)
2003 2 3 2 9 6 22(14)
2004 2 3 2 9 6 22(14)
2005 2 3 2 7 6 2 22(16)
2006
-2011
2 3 2 5 6 4 22(18)
  • 1982・83年は1月1日現在、84年以降は4月1日現在
  • 『私鉄車両編成表』各年版、ジェー・アール・アール

バス事業[編集]

上信バス(乗合) 中央前橋駅前

2007年現在、営業所は高崎1箇所のみで、路線数もわずかであるが、かつては前橋・藤岡・万場・富岡・下仁田にも営業所を持ち、甘楽郡・多野郡にも路線網を広げていた。1970年3月までは佐久市に中込営業所を設置し、貸切バス事業を行っていた[13]。廃止された路線の中には、他社に引き継がれて現在も運行されている路線もある。

群馬県共通バスカード「ぐんネット」に加盟。

車両は一貫して日野車のみの導入である。また、県内他社と異なり他社からの譲受車を導入していない。

1984年までは全車両が非冷房であったが、1985年以降に導入した車両については1986年導入の3台を除いて冷房車での導入となっている。1980年代から1990年代にかけては路線網縮小を行なっている時期だったため、新車の導入自体が少なく、導入車も1983年以降はマイクロバスのみであったが、2002年には20年ぶりの中型車として、日野レインボーHRノンステップバスを導入している。

現在の塗色は1982年レインボーRJ10台の導入を機に制定されたものであるが、一部車両を除いて塗り替えまでは行なわれなかった。

現行路線[編集]

過去の路線[編集]

1980年代以降の廃止路線を記載する。

高崎営業所[編集]

  • 飯塚車庫 - 高崎駅 - 倉賀野 - 群馬の森 - 原子力研究所 - 玉村 - 五料
  • 中豊岡 - 高崎駅 - 倉賀野 - 群馬の森 - 原子力研究所
  • 飯塚車庫 - 高崎駅 - 倉賀野 - 岩鼻 - 新町駅 - 藤岡営業所
  • 飯塚車庫 - 高崎駅 - 倉賀野 - 岩鼻 - 森 - 藤岡営業所
  • 飯塚車庫 - 高崎駅 - 農大二高 - 南陽台 - 吉井駅
  • 飯塚車庫 - 高崎駅 - 農大二高 - 城山団地
  • 飯塚車庫 - 高崎駅 - 乗附

前橋営業所[編集]

1980年代後半の時点で高崎 - 前橋を結ぶ路線のみの担当であったため、区間運行がなくなったのみである。

藤岡営業所[編集]

  • 飯塚車庫 - 高崎駅 - 倉賀野 - 岩鼻 - 新町駅 - 藤岡営業所
  • 飯塚車庫 - 高崎駅 - 倉賀野 - 岩鼻 - 森 - 藤岡営業所
  • 新町駅 - 藤岡営業所 - 浄法寺 - 鬼石 - 神流湖 - 万場営業所
  • 藤岡営業所 - 神田 - 高山
  • 藤岡営業所 - 浄法寺 - 鬼石 - 妹ヶ谷
  • 藤岡営業所 - 金井 - 小柏
  • 藤岡営業所 - 本動堂 - 吉井駅
  • 藤岡市役所 - 藤岡営業所 - 藤岡市役所

万場営業所[編集]

  • 新町駅 - 藤岡営業所 - 八塩温泉 - 鬼石 - 神流湖 - 万場営業所
  • 万場営業所 - 魚尾 - 中里 - 上野 - 砥根平

富岡営業所[編集]

  • 上州富岡駅 - 間仁田 - 安中駅
  • 上州富岡駅 - 板鼻 - 安中市役所
  • 上州富岡駅 - 明戸 - 磯部駅
  • 上州富岡駅 - 上丹生 - 松井田
  • 上州富岡駅 - 上丹生 - 菅原
  • 上州富岡駅 - 福島 - 那須

下仁田営業所[編集]

  • 下仁田駅 - 妙義神社 - 松井田
  • 下仁田駅 - 初鳥屋
  • 下仁田駅 - 市野萱
  • 下仁田駅 - 四ツ家上
  • 下仁田駅 - 上鎌田
  • 下仁田駅 - 坊主渕

電気事業(廃止)[編集]

業績不振に悩む上野鉄道は1913年(大正2年)に山田昌吉[14]を監査役に迎えた。高崎水力電気の取締役でもあった山田はこの事態を打開するため高崎水力電気と合併することを計画し1921年(大正10年)6月に合併の仮契約をむすんだ。ところがその高崎水力電気は東京電燈との合併話が進展しており、東京電燈は経営難の上野鉄道を引き受けることは難色を示していた。そこで山田が事態収拾に奔走した結果、合併契約を解消する代償として「高崎水力電気は所有する室田発電所(群馬郡室田町上室田地区、水力、出力800kw)を9万円で譲渡する」「電化補助費として5万円を贈る」ことによりこの問題を解決させた。そして8月25日の臨時株主総会において高崎水力電気との合併仮契約解除が承認されると共に、電化の計画と軌間の拡張が協議され、資本金を200万に増資し社名を上信電気鉄道に改称し、初代社長に山田が選ばれることになった[15]

1923年(大正12年)2月5日に逓信大臣より電気事業の認可をうけ、室田発電所は4月1日に引き継がれた。当初富岡に変電所を設置して室田発電所からの送電により運用しようとしていたが、万一の時に不安が残るためその電力を東京電燈に卸売りし、必要な電力は東京電燈より購入する方式に変更し、変電所は福島に設けられた。そして1924年(大正13年)10月1日より電気事業を開始した。この新規事業が好調であったことから1929年(昭和4年)に北甘楽郡月形村磐戸村青倉村に配電していた南牧電気、1930年(昭和5年)には北甘楽郡尾沢村に配電していた羽沢発電を買収し、北甘楽郡の電燈事業へ進出した。そのとき獲得した大仁田(出力35kw)、雨沢(出力34kw)、片瀬(出力10kw)の各水力発電所はいずれも小出力であるため福島変電所から配電することになり、これらの発電所はまもなく閉鎖された。また一般需要分の電力の他に青倉一帯の石灰岩より石灰を生産する白石工業の工場用電力の要求から長野電燈より受電するようになった。やがてこの好調だった電気事業も配電統制令により1942年(昭和17年)11月25日関東配電に統合されることになり重要な財源を失うことになった。

郵便輸送・郵便収集[編集]

群馬県内の郵便物輸送を1940年(昭和15年)から受託している。2013年2月現在でも高崎郵便局から県内各所の主要郵便局を経由して郵便物を輸送しており、本線系統や支線系統がある。埼玉県北部地域の一部でも郵便輸送を行っている。

群馬県内
高崎郵便局と群馬県内の主要各郵便局を結ぶ主系統
  • 沼田局(沼田市)、鬼石局(藤岡市)、松井田局(安中市)、倉渕局(高崎市)、磐戸局(甘楽郡南牧村)、草津局(吾妻郡草津町)、藪塚局(太田市)
支線系統
  • 沼田局 - 湯桧曽局(利根郡みなかみ町)
  • 沼田局 - 片品局(利根郡片品村)
埼玉県内
  • 川越西局 - 秩父局(寄居局経由)
  • 川越西局 - 児玉局(深谷局、本庄局経由)
  • 郵便収集業務は群馬県内のみで行っており、高崎市内で6区受け持っている。沼田市内は、2011年9月まで行っていた。
  • 輸送系統図等は上信電鉄株式会社の公式サイトで確認されたい。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寺田裕一『データブック日本の私鉄』ネコ・パブリッシング、2002年、p.44
  2. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治31年』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ 『鉄道省鉄道統計資料. 大正10年度』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  4. ^ 鉄道旅客運賃の改定についてのお知らせ (PDF) - 上信電鉄、2014年3月10日
  5. ^ 「1日全線フリー乗車券」好評発売中(上信電鉄、2014年4月15日閲覧)によると大人2220円・小児1110円。
  6. ^ a b c d e f 31年ぶりに新車両導入・上信電鉄 - 上毛新聞ニュース 2012年3月21日 2012年10月22日閲覧
  7. ^ a b c d 新型車両カラーリング人気投票のお知らせ(10/20〜10/28) - 上信電鉄 2012年10月22日閲覧
  8. ^ 2014年6月21日に世界文化遺産として登録されることが決定した。
  9. ^ 12/3新型車両運行開始!運行時刻表 (PDF) - 上信電鉄、2013年11月26日
  10. ^ 上信電鉄が32年ぶり新型車両 快適な旅楽しんで - 上毛新聞ニュース、2013年12月4日
  11. ^ 運行開始当初は白地のままで、上州富岡駅の新駅舎完成に合わせ2014年2月から3月にかけて塗装が施された。
  12. ^ 上信車両塗装に協力 高崎産業技術専門校 - 上毛新聞ニュース 2014年05月10日閲覧
  13. ^ バスジャパン・ハンドブック2『千曲バス』p26
  14. ^ 茂木銀行高崎支店支配人。1921年(大正10年)高崎商業会議所会頭に就任
  15. ^ 新編高崎市史 近現代史料10、578-581頁

参考文献[編集]

  • バスラマ・インターナショナル40号
  • 『新編高崎市史 通史4』2004年、675-676頁
  • 柴田重利「上信電気鉄道」『私鉄車両めぐり特輯 1』鉄道図書刊行会、1977年
  • 田村民男『群馬の水力発電史』七月堂、1979年、26-28 84-87頁
  • 原田正純「群馬県の発電所遺跡」『産業考古学 14』1980年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]