上信電鉄上信線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上信電鉄上信線
上信線を走る500形電車(2006年)
上信線を走る500形電車(2006年)
上信電鉄上信線の路線図
路線総延長 33.7 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V(直流
最高速度 90 km/h
hSTRrg
上越新幹線
hSTRq hABZlg
北陸新幹線
STRrg hKRZ
上越線
STRq ABZlg hSTR
信越本線
0.0 高崎駅
ÜWol
hKRZ
高崎線
ÜWc1 ÜWo+r hSTR
BHF hSTR
0.9 南高崎駅
hSTRrg KRZh hSTRrf
hSTR DST
佐野信号所
hSTRlf KRZh hSTRq
上越新幹線
WBRÜCKE
烏川
BHF
3.7 根小屋駅
BHF
5.0 高崎商科大学前駅
BHF
6.1 山名駅
BHF
7.0 西山名駅
eBHF
小暮駅 -1941?
BHF
9.4 馬庭駅
WBRÜCKE
鏑川
BHF
11.7 吉井駅
BHF
13.4 西吉井駅
DST
新屋信号所
BHF
14.6 上州新屋駅
BHF
16.6 上州福島駅
WBRÜCKE
鏑川
BHF
19.3 東富岡駅
BHF
20.2 上州富岡駅
BHF
21.0 西富岡駅
BHF
21.8 上州七日市駅
BHF
23.1 上州一ノ宮駅
eBHF
西一ノ宮駅 -1960
BHF
25.4 神農原駅
AKRZu
上信越自動車道
BHF
28.2 南蛇井駅
BHF
29.9 千平駅
DST
赤津信号所
KBHFe
33.7 下仁田駅

上信線(じょうしんせん)は、群馬県高崎市高崎駅と群馬県甘楽郡下仁田町下仁田駅とを結ぶ上信電鉄鉄道路線である。

路線データ[編集]

運行形態[編集]

1980年代半ば頃には急行快速準急といった優等列車も運転されていたが、現在は全列車がワンマン運転の普通(各駅停車)である。朝夕のラッシュ時には一時間に2-3本。昼と夜遅くを除いた時間帯にはおおむね1時間に2本の列車が運行している。高崎 - 下仁田間の通し運転のほか、高崎 - 上州冨岡間の区間列車が平日3往復、休日1往復設定されている。また時間帯は限られるが平日、休日ともに自転車が持ち込める列車(サイクルトレイン)が運行されている。

1924年電化開業時にドイツのシーメンス社から購入したデキ1形電気機関車が現在も不定期に工事列車等で走る。そのほか利用客を増やすために様々な試みがなされており、カラオケ列車、お座敷列車、宴会列車の運行や運行している電車、デキ型電気機関車を用途自由で貸切運行することができるサービスなどがある。

イベント列車で走るデキ1形電気機関車(2006年)

この上信線には1984年に東日本旅客鉄道(JR東日本)の12系客車ジョイフルトレインくつろぎ」が6両編成で、1992年秋に「やすらぎ」(後のわたらせ渓谷鐵道「サロン・ド・わたらせ」わ01形)3両と最後尾に原型・原色の12系客車1両を連結した4両編成が入線したことがあり、デキ1形が重連でこれらを牽引した。

かつての優等列車[編集]

  • 1984年2月1日改正当時
    • 急行(高崎、吉井、上州富岡、下仁田に停車)下りは15時台、上りは10時台の1往復
    • 快速(下仁田、南蛇井、上州一ノ宮、上州富岡、上州福島、吉井、馬庭、山名、高崎に停車)平日朝の上りのみ
    • 準急(下仁田 - 上州富岡間の各駅、吉井、山名、高崎に停車)昼前後の上り2本のみ
  • 1985年4月1日改正当時
    • 急行の運転中止、快速の準急化(毎日運転)
    • 準急(下仁田 - 上州福島間の各駅、吉井、馬庭、山名、高崎に停車)朝の上りのみ
  • 1986年12月20日改正当時
    • 急行(高崎、山名、吉井、上州富岡、下仁田に停車)下りは14時台、上りは9時台の1往復
    • 準急は1985年改正と変更なし

歴史[編集]

  • 1894年(明治27年)9月13日 上野鉄道(こうずけてつどう、発起人小沢武雄)に対し仮免状下付(高崎-下仁田間)[1]
  • 1895年(明治28年)12月27日 免許状下付[2]
  • 1897年(明治30年)
    • 5月10日 上野鉄道 高崎 - 福島(現:上州福島)間が開業[3](762mm軌間・蒸気動力)
    • 7月7日 福島 - 南蛇井間が開業[4]
    • 9月10日 南蛇井 - 下仁田間が開業[5]
  • 1911年(明治44年)8月18日 千平駅開業
  • 1912年(明治45年)4月25日 七日市駅開業
  • 1915年(大正4年)7月31日 新屋駅開業
  • 1921年(大正10年)
    • 8月25日 社名を上信電気鉄道に改称(改称届出は9月7日[6]
    • 12月17日 新屋駅を上州新屋駅に、福島駅を上州福島駅に、富岡駅を上州富岡駅に、七日市駅を上州七日市駅に、一ノ宮駅を上州一ノ宮駅に改称
  • 1924年(大正13年)
    • 10月3日 高崎 - 上州富岡間を1067mmに改軌・電化
    • 12月25日 上州富岡 - 下仁田間を1067mmに改軌・電化
  • 1926年(大正15年)6月1日 根小屋駅開業
  • 1927年(昭和2年)3月16日 鉄道免許状下付(北甘楽郡下仁田町-同郡磐戸村間、同郡青倉村-同郡磐戸村間)[7]
  • 1930年(昭和5年)6月15日 水泳場前駅開業
  • 1935年(昭和10年)
    • 5月10日 水泳場前 - 馬庭間に小暮駅、上州一ノ宮 - 神農原間に西一ノ宮駅開業
    • 9月9日 下和田駅開業
  • 1937年(昭和12年)
    • 10月15日 病院前駅開業
    • 12月1日 免許失効(北甘楽郡下仁田町-同郡磐戸村間、同郡青倉村-同郡磐戸村間 指定ノ期限マテニ工事施工ノ認可申請セサルタメ)[8]
  • 1938年(昭和13年)12月27日 水泳場前駅を入野駅に改称
  • 1941年-1945年 小暮駅廃止
  • 1949年(昭和24年)11月 閉塞方式を票券閉塞から通票閉塞に変更
  • 1951年(昭和26年)9月1日 病院前駅、西一ノ宮駅休止
  • 1953年(昭和28年)1月15日 下和田駅を南高崎駅に改称。病院前駅を西富岡駅として営業再開
  • 1960年(昭和35年)5月9日 西一ノ宮駅廃止
  • 1964年(昭和39年)5月11日 社名を上信電鉄に改称
  • 1971年(昭和46年)12月15日 西吉井駅開業
  • 1973年(昭和48年)12月28日 自動閉塞と自動信号を導入。佐野信号所開設
  • 1981年(昭和56年)11月12日 新屋信号所、赤津信号所開設
  • 1984年(昭和59年)12月21日 千平 - 下仁田間の赤津信号所付近で下り列車運転士の居眠り運転による正面衝突事故が発生、上り列車の運転士が死亡、125人重軽傷
  • 1985年(昭和60年)
  • 1986年(昭和61年)12月20日 入野駅を西山名駅に改称
  • 1990年(平成2年)4月1日 東富岡駅開業
  • 1992年(平成4年)7月15日 急行廃止。
  • 1994年(平成6年)10月1日 貨物営業廃止
  • 1996年(平成8年)10月1日 準急廃止。ワンマン運転開始。
  • 1998年(平成10年)10月2日 落石のため、南蛇井 - 下仁田間が不通に
  • 1999年(平成11年)1月30日 南蛇井 - 下仁田間が復旧
  • 2001年(平成13年)9月10日 上州福島 - 東富岡間の鏑川橋梁の橋脚が台風15号の影響で破損し全線不通に。13日に高崎 - 上州福島間、17日に上州富岡 - 下仁田間、11月4日に全線復旧
  • 2002年(平成14年)3月17日 高崎商科大学前駅開業
  • 2005年(平成17年)7月3日 高崎駅の改札口分離によりJR東日本との連絡運輸廃止
  • 2007年(平成19年)
    • 3月12日 下仁田 - 南蛇井間で、電気機関車が脱線
    • 9月7日 台風9号の影響による土砂流入・道床流出で南蛇井 - 下仁田間が不通に。10月23日復旧。

利用状況[編集]

輸送実績[編集]

上信線の近年の輸送実績を下表に記す。輸送量が増加した時期もあったが、最近では一貫して減少している。 表中、輸送人員の単位は万人。輸送人員は年度での値。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

年度別輸送実績
年 度 輸送実績(乗車人員):万人/年度 輸送密度
人/1日
貨物輸送量
万t/年度
特 記 事 項
通勤定期 通学定期 定 期 外 合  計
1966年(昭和41年)       816.5     旅客輸送実績最高値を記録
1975年(昭和50年) 193.8 231.0 222.7 647.5 6,493 21.0  
1976年(昭和51年) 178.6 232.3 204.3 615.2 5,977 20.9  
1977年(昭和52年) 168.5 215.4 207.1 591.0 5,761 23.5  
1978年(昭和53年) 160.3 204.7 193.7 558.7 5,445 25.5  
1979年(昭和54年) 146.2 199.6 196.0 541.9 5,401 25.2  
1980年(昭和55年) 144.1 198.5 189.1 531.8 5,226 22.2  
1981年(昭和56年) 135.8 184.2 177.3 497.2 4,884 22.7  
1982年(昭和57年) 135.0 177.7 183.5 496.2 4,891 20.0  
1983年(昭和58年) 128.5 185.8 175.6 489.9 4,825 20.1  
1984年(昭和59年) 119.3 186.1 169.9 475.3 4,671 19.7  
1985年(昭和60年) 109.9 193.5 165.4 468.8 4,650 17.4  
1986年(昭和61年) 97.5 194.1 157.2 448.8 4,473 13.8  
1987年(昭和62年) 83.4 189.4 146.7 419.5 4,233 14.6  
1988年(昭和63年) 78.8 210.8 142.8 432.4 4,429 11.4  
1989年(平成元年) 73.6 216.7 144.5 434.8 4,520 15.8  
1990年(平成2年) 76.0 219.3 147.7 443.0 4,627 16.9 東富岡駅開業
1991年(平成3年) 74.7 223.7 151.3 449.7 4,661 15.1  
1992年(平成4年) 70.7 225.0 147.8 443.5 4,685 12.2  
1993年(平成5年) 67.2 223.2 141.0 431.4 4,592 10.8  
1994年(平成6年) 66.8 216.1 125.9 408.8 4,445 4.9 貨物営業廃止
1995年(平成7年) 62.9 198.8 118.5 380.2 4,125 0.0  
1996年(平成8年) 62.3 183.2 113.4 358.9 3,909 0.0 ワンマン運転開始
1997年(平成9年) 59.8 166.0 106.2 332.0 3,620 0.0  
1998年(平成10年) 56.9 157.8 94.6 309.3 3,413 0.0  
1999年(平成11年) 54.6 152.2 89.3 296.1 3,278 0.0  
2000年(平成12年) 50.3 149.7 88.0 288.0 3,249 0.0  
2001年(平成13年) 45.3 144.6 78.9 268.8 3,010 0.0 高崎商科大学前駅開業
2002年(平成14年) 39.0 141.9 76.4 257.3 2,920 0.0  
2003年(平成15年) 36.9 134.8 72.0 243.7 2,747 0.0  
2004年(平成16年) 36.6 126.9 69.2 232.7 2,625 0.0  
2005年(平成17年) 37.6 122.8 70.7 231.1 2,591 0.0 高崎駅改札口分離・JR連絡運輸廃止
2006年(平成18年) 36.5 117.1 69.1 222.7 2,453 0.0  
2007年(平成19年)     68.9 220.4   0.0  
2008年(平成20年)     68.9 226.0   0.0  
2009年(平成21年) 38.1 118.4 64.4 220.9 2,439 0.0  
2010年(平成22年)     59.8 220.6   0.0  

鉄道統計年報(国土交通省鉄道局監修)より抜粋

収入実績[編集]

上信線の近年の収入実績を下表に記す。収入総合計額が増加した時期もあったが、最近では一貫して減少している。 表中、収入の単位は千円。数値は年度での値。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

年度別収入実績
年  度 旅客運賃収入:千円/年度 貨物運輸
収入
千円/年度
運輸雑収
千円/年度
総合計
千円/年度
通勤定期 通学定期 定 期 外 手小荷物 合  計
1975年(昭和50年) 291,959 ←←←← 378,928 8,203 679,090 28,955 11,099 719,144
1976年(昭和51年) 379,308 ←←←← 471,581 10,925 861,814 36,189 33,419 931,422
1977年(昭和52年) 377,823 ←←←← 472,961 10,393 861,178 48,535 19,347 929,062
1978年(昭和53年) 410,553 ←←←← 510,423 8,866 920,977 53,984 74,607 1,058,436
1979年(昭和54年) 413,286 ←←←← 525,548 7,000 945,835 59,497 43,678 1,049,010
1980年(昭和55年) 419,821 ←←←← 533,533 5,823 959,177 62,550 41,445 1,063,173
1981年(昭和56年) 447,712 ←←←← 557,673 5,143 1,010,528 67,124 44,030 1,121,682
1982年(昭和57年) 438,542 ←←←← 573,174 4,041 1,015,758 58,833 53,700 1,128,290
1983年(昭和58年) 442,425 ←←←← 569,560 3,315 1,015,300 54,886 95,778 1,165,963
1984年(昭和59年) 464,522 ←←←← 586,470 2,352 1,053,344 54,766 44,534 1,152,645
1985年(昭和60年) 458,072 ←←←← 573,074 2,068 1,033,214 50,355 53,660 1,137,229
1986年(昭和61年) 441,227 ←←←← 567,619 1,174 1,010,020 39,363 34,732 1,084,115
1987年(昭和62年) 186,143 258,341 564,852 0 1,009,336 40,463 33,380 1,083,179
1988年(昭和63年) 178,736 285,646 555,386 0 1,019,768 31,824 38,637 1,090,229
1989年(平成元年) 166,005 295,132 561,923 0 1,023,060 43,276 57,799 1,124,135
1990年(平成2年) 168,420 304,436 570,561 0 1,043,417 45,440 42,471 1,131,328
1991年(平成3年) 171,464 309,098 587,590 0 1,068,152 41,969 33,722 1,143,843
1992年(平成4年) 164,113 317,640 574,697 0 1,056,450 35,131 37,899 1,129,480
1993年(平成5年) 157,645 324,033 557,142 0 1,038,820 31,485 47,633 1,117,938
1994年(平成6年) 167,133 342,551 542,190 0 1,051,874 14,747 47,384 1,114,005
1995年(平成7年) 157,992 314,690 510,948 0 983,630 0 37,400 1,021,030
1996年(平成8年) 157,842 290,413 489,759 0 938,014 0 40,576 978,590
1997年(平成9年) 152,063 261,670 458,719 0 872,452 0 46,314 918,766
1998年(平成10年) 156,206 271,293 434,711 0 862,210 0 31,417 893,627
1999年(平成11年) 156,027 271,145 419,892 0 847,064 0 31,598 878,662
2000年(平成12年) 143,570 269,627 413,123 0 826,320 0 24,988 851,308
2001年(平成13年) 130,874 261,000 370,401 0 762,275 0 27,153 789,428
2002年(平成14年) 112,364 256,701 357,831 0 726,896 0 26,965 753,861
2003年(平成15年) 105,429 242,386 337,012 0 684,827 0 26,739 711,566
2004年(平成16年) 104,093 226,670 323,232 0 653,995 0 27,749 681,744
2005年(平成17年) 107,632 218,714 328,222 0 654,568 0 30,831 685,399
2006年(平成18年) 104,239 204,260 320,146 0 628,645 0 26,585 655,230
2007年(平成19年)                
2008年(平成20年)                

鉄道統計年報(国土交通省鉄道局監修)より抜粋

営業成績[編集]

上信線の近年の営業成績を下表に記す。 表中、収入の単位は千円。数値は年度での値。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

年度別営業成績
年  度 営業収益
千円/年度
営業経費:千円/年度 営業損益
千円/年度
営業
係数
人件費 修繕費 経 費 諸 税 減 価
償却費
一 般
管理費
合  計
2006年(平成18年) 655,230 346,719 68,700 125,541 39,944 29,912 69,302 680,118 △24,888 101.5
2007年(平成19年)                    
2008年(平成20年)                    

鉄道統計年報(国土交通省鉄道局監修)より抜粋

戦前の輸送収支実績[編集]

駅一覧[編集]

  • 全駅群馬県に所在。
  • 全列車普通列車。全線でワンマン運転実施。
  • *印の駅は無人駅
  • 線路(全線単線) … ◇・∧:列車交換可、|:列車交換不可
駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 線路 所在地
高崎駅 - 0.0 東日本旅客鉄道上越新幹線北陸新幹線長野新幹線
高崎線湘南新宿ライン上越線両毛線吾妻線直通含む)・信越本線
高崎市
南高崎駅* 0.9 0.9  
佐野信号所 - -  
根小屋駅 2.8 3.7  
高崎商科大学前駅* 1.3 5.0  
山名駅 1.1 6.1  
西山名駅* 0.9 7.0  
馬庭駅 2.4 9.4  
吉井駅 2.3 11.7  
西吉井駅* 1.7 13.4  
新屋信号所 - -   甘楽郡
甘楽町
上州新屋駅* 1.2 14.6  
上州福島駅 2.0 16.6  
東富岡駅 2.7 19.3   富岡市
上州富岡駅 0.9 20.2  
西富岡駅 0.8 21.0  
上州七日市駅 0.8 21.8  
上州一ノ宮駅 1.3 23.1  
神農原駅* 2.3 25.4  
南蛇井駅 2.8 28.2  
千平駅* 1.7 29.9  
赤津信号所 - -   甘楽郡
下仁田町
下仁田駅 3.8 33.7  
  • 有人駅と無人駅、時間帯限定の有人駅があり、無人駅では先頭車両の最前部ドアしか開かない。無人駅では運転士運賃を収受する。
  • 自動券売機は高崎、吉井、上州富岡、下仁田の各駅にのみに設置されている。高崎はバーコード式の軟券、他は磁気券を発売している。有人駅では硬券が多用されている。また、自動券売機が設置されている高崎駅にも窓口に当駅発の硬券が常備されている。

運賃[編集]

その他[編集]

  • “世界一運賃が高い”と巷間よく言われるが事実ではない。運賃計算方法は初乗り運賃や営業キロ数によるが、いずれの計算方法でも上信線の運賃を上回る路線は複数存在する。
  • 吉井から南蛇井までの上信線は、平野部を国道254号とほぼ並行して走っているが、南蛇井を過ぎると国道254号からは離れ、終点下仁田まで急峻な山間部を走ることとなる。
  • TBS系列で放映されていたテレビドラマ『からっ風と涙』(ポーラテレビ小説1979年4月 - 9月)では、昭和初期の下仁田を舞台としたことから、デハ11を当時の塗色であった黒一色に塗色変更してロケに協力した。1947年東武鉄道より譲渡されたデハ11は昭和初期には上信鉄道には入線していなかったが、1979年当時の在籍車最古参ということから選ばれた。
  • テレビ朝日系列で放送されていた『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!』で、「電車でゴトン終点まで行けたら100万円」という企画で、ずっと立ち続けているのが難しい“揺れる電車”として上信線が選ばれ放送された。この企画は電車内に円形の台を設置し、その台の上から落ちないで高崎駅を発車し、終点の下仁田駅までいられたら100万円を獲得できるというものだった。発車時の衝撃で失格になってしまったチャレンジャーも多く、一番遠くまで行けたチャレンジャーでも千平駅前後までで、終点まで行って100万円をとった人はいなかった。なお、上信電鉄はこの企画で2度ほど登場し、2回目の放送では『芸能人大会』として芸能人らが上信電鉄の電車に乗り込んで100万円獲得に挑戦した。この時に参加した芸能人の中では出川哲朗が最後まで残ったが、千平 - 下仁田間の急カーブの揺れに耐え切れず、ついに脱落した。
  • 「キミト、ドコカヘ vol.1」(2006年マーブルトロン発行中央公論新社発売 ISBN 4123901336)では藤井美菜をモデルに全線が撮影舞台の一つとして使われている。
  • 2007年4月14日放送の『タモリ倶楽部』において、上信線の下仁田駅と上州福島駅が登場し、上州福島駅は「日本のすべての駅で降りたことがある男(横見浩彦)が最後に降りた駅」として紹介された。
  • 漫画鉄子の旅』では、旅の案内人横見浩彦が日本全駅下車した話(第32旅)と最終旅で描かれており、どちらも上信電鉄職員が登場している。
  • 玉木宏出演のミネラルウォーターヴィッテル」のCMで下仁田駅が登場する。
  • 2011年10月MBSTBSCBCにて放送中のテレビアニメ『ペルソナ4』の第1話で主人公が降りた駅「八十稲羽駅」は下仁田駅がモデルになっている。

脚注[編集]

  1. ^ 「私設鉄道敷設仮免状下付」『官報』1894年9月29日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「私設鉄道免許状下付」『官報』1896年1月14日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「運輸開業免許状下付」『官報』1897年5月12日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「運輸開業免許状下付」『官報』1897年7月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「運輸開業免許状下付」『官報』1897年9月28日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 『鉄道省鉄道統計資料. 大正10年度』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  7. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1927年3月19日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 「鉄道免許失効」『官報』1937年12月1日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 1934年11月17日お召し列車運転(高崎-上州一ノ宮間)『日本鉄道旅行地図帳』10号、45頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]