マンナンライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社マンナンライフ
MannanLife CO., LTD.
Mannan-Life-HQ-2012121601.jpg
本社・工場
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
370-2456
群馬県富岡市上小林137
設立 1969年7月31日
業種 食料品
事業内容 蒟蒻製品等の販売
代表者 鶴田征男(代表取締役会長
永井孝(代表取締役社長
資本金 2700万円
従業員数 76人(2006年4月1日現在)
外部リンク www.mannanlife.co.jp
テンプレートを表示

株式会社マンナンライフは、こんにゃくグルコマンナン)を果汁で味付けした菓子(フルーツこんにゃく)を販売している日本の会社。

企業概説[編集]

フルーツこんにゃくを製造販売する会社で、1964年9月に創業し1969年7月31日法人化している。

本社があるのはコンニャクイモが特産品である群馬県下仁田町の隣に位置する富岡市。本社所在地と甘楽郡甘楽町上州福島駅近辺)には工場を有する。

商品概説[編集]

「蒟蒻畑」[編集]

コンニャク芋から精製した水溶性食物繊維のグルコマンナンに、ぶどうやリンゴなどの果汁で味付けしたこんにゃくを「蒟蒻畑」という名称で販売している。

スーパー向け商品の「蒟蒻畑」、ドラッグストア向けにカロリーを3分の1に抑えた「蒟蒻畑ライト」、コンビニ向けの小袋タイプの「蒟蒻畑」、細かくしてアルミ製容器に入ったあらかじめゼリーを砕いたタイプの「クラッシュタイプの蒟蒻畑」がある。

スープタイプやアイスバーを販売していたこともある。2000年代前半に販売していたアロエ入りの「アロエリーナ」はCMが特徴的で知られた。

主な製品[編集]

蒟蒻畑(うめ味、リニューアル前)

蒟蒻畑[編集]

一連のこんにゃくゼリー窒息事故により2008年10月8日から製造を休止していたことがあったが、同年11月26日にマンナンライフのホームページにおいて製造販売を再開する旨が掲載された。12月5日から流通を再開した。

現在の蒟蒻畑はパッケージ及びゼリー容器に大きく注意書きを行っている。またゼリー自体の弾力も以前より柔らかくするなど調整が加えられている。

蒟蒻畑 ライト[編集]

  • Light ぶどう味
  • Light りんご味
  • Light 白桃味
  • Light マスカット味

クラッシュタイプの蒟蒻畑[編集]

  • もも
  • グレープフルーツ味
  • マスカット味
  • マンゴー味

窒息事故[編集]

下記も参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]