飯山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
飯山駅
駅舎(2006年12月)
駅舎(2006年12月)
いいやま - Iiyama
(4.6km)
(1.3km) 北飯山
所在地 長野県飯山市大字飯山778-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 飯山線
キロ程 19.2km(豊野起点)
電報略号 イヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
609人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1921年大正10年)10月20日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
標高:316.1m

飯山駅(いいやまえき)は、長野県飯山市大字飯山にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)飯山線である。

飯山市の中心駅。飯山線の主要駅のひとつであり、利用客数は豊野駅十日町駅に次いで三番目に多い。

2005年(平成17年)6月4日に起工し、2015年3月に開業する北陸新幹線の停車駅の一つとなる予定である。新幹線開業時には、長野寄りに約300m移転する予定[1][2]

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅。駅舎からホームへの移動用に構内踏切が設置されている。また、ホームには鐘楼がある。

構内に除雪車用の車庫留置線を備えている。JR東日本の飯山線営業所があったが、2012年(平成24年)3月31日限りで廃止された。

直営駅駅長配置)で、管理駅として信濃浅野 - 森宮野原間の各駅を管理している。 自動券売機みどりの窓口(営業時間:5:00 - 21:00)が設置されている。

新幹線のホームは相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。通過線は無いため、ホームには可動式安全柵が装備される予定[4]。新駅舎のデザインテーマは、「雄大な大地と伝統部を感じさせる駅~雪と伝統文化の融和」。ホームはガラス張りで、その上下が雪をイメージした白色となる。外壁は飯山の伝統工芸品である和紙「内山紙」をイメージしたもので、連続した白いルーバーと緩やかな曲線で構成されている[5]。なお、ホーム番線として、上りが11番線、下りが12番線となる予定。

のりば[編集]

1 飯山線 (上り) 豊野長野方面
2 飯山線 (下り) 戸狩野沢温泉十日町越後川口方面

利用状況[編集]

  • 2012年度の1日平均乗車人員は577人である。
年度 一日平均
乗車人員
2000年 723
2001年 678
2002年 678
2003年 705
2004年 670
2005年 636
2006年 622
2007年 606
2008年 612
2009年 597
2010年 572
2011年 577
2012年 577
2013年 609

駅周辺[編集]

新幹線開業後、東口は千曲川口広場、西口は斑尾口広場となる予定[6]

バス路線[編集]

駅前広場に飯山市コミュニティバス斑尾線の飯山駅停留所、駅前の道路を渡ったところに長電バス・飯山市「菜の花号」の飯山駅前停留所がある。

長電バス[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
飯山線
蓮駅 - 飯山駅 - 北飯山駅

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]