達磨寺 (北葛城郡王寺町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
達磨寺
Darumaj1.jpg
所在地 奈良県北葛城郡王寺町本町2-1
位置 北緯34度35分23.095秒
東経135度42分24.652秒
座標: 北緯34度35分23.095秒 東経135度42分24.652秒
山号 片岡山
宗旨 臨済宗
宗派 南禅寺派
本尊 千手観音達磨禅師・聖徳太子
創建年 推古天皇21年(613年
開基 勝月房慶政
正式名 片岡山達磨寺
札所等 聖徳太子霊跡19番
文化財 絹本着色涅槃図、木造聖徳太子坐像、木造達磨坐像等多数
テンプレートを表示

達磨寺(だるまじ)は、奈良県北葛城郡王寺町にある臨済宗南禅寺派の寺院。山号は片岡山。本尊は、千手観音達磨禅師・聖徳太子

歴史[編集]

この寺の創建については、推古天皇21年(613年)の冬、聖徳太子が片岡山で飢えていた異人に衣食を施したという片岡山飢人伝説にからめて語られる。その後は、衰退と中興が繰り返され、江戸時代には幕府から30石が与えられた。

片岡山飢人伝説とは、『日本書紀』の推古天皇21年(613年)12月条[1]や『元亨釈書』に見える次のような話である。聖徳太子こと厩戸皇子が片岡山を通りかかったところ、飢えて瀕死の異人に出会った。太子はその異人に当座の寒さと飢えをしのぐため、食物と自分の衣服とを与えた。翌日、使いをやって異人の様子を見に行かせたところ、すでに息絶えていたので、丁重に葬った。それからしばらくして墓の様子を見に行かせると、死体は消えており、衣服だけがきちんとたたまれて、棺の上に置かれていた。これを知った里人は、あの異人は達磨禅師の生まれ変わりに相違ないと言い、聖徳太子が自ら刻んだ達磨像を祀ったのが達磨寺の始まりであるという。

達磨寺2号墳
松永久秀の墓

達磨寺の境内には達磨寺1号墳・2号墳・3号墳と称される3基の古墳(6世紀頃の築造)が存在し、このうちの3号墳の上に本堂が建てられている。この古墳は平安時代には聖徳太子ゆかりの達磨禅師の塚であると信じられていたようである。寺院としての形態が整うのは鎌倉時代以後と思われる。

境内には松永久秀の墓がある。

文化財[編集]

重要文化財[編集]

本堂背後に立つ高さ185cmの八角石柱。文安5年(1448年)建立。各面に達磨寺の由緒が刻まれている。附指定の3点は平成12年(2000年)に本堂改築工事に伴い石幢を移動した際、地下から検出されたもの。

奈良県指定文化財[編集]

王寺町指定文化財[編集]

  • 木造千手観音像 - 室町時代作。
  • 達磨寺石塔埋納遺構出土品 - 鎌倉時代。平成14年(2002年)に本堂の建て替えにともなう、発掘調査を行った際に出土。石製宝篋印塔が本堂基壇の下の小石室に入っていた。その石製宝篋印塔の中には、土師質の合子が入っており、さらにその中には水晶五輪塔型舎利容器が入っていた。さらにその舎利容器の中には、非常に小型の石英片岩の舎利が入っているという何重もの入れ子構造をとっていた。13世紀前半に達磨寺3号墳が整備され、寺院として開基するときに納められたと考えられている。
達磨寺境内案内図

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 達磨大師はの名は『日本書紀』の記事には無いが、『元亨釈書』には登場する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]