手研耳命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

手研耳命(たぎしみみのみこと、生年不詳 - 己卯[1]11月)は、記紀に伝わる古代日本皇族

日本書紀』では「手研耳命」、『古事記』では「多芸志美美命(たぎしみみのみこと)」と表記される。

初代神武天皇皇子で、第2代綏靖天皇の庶兄である。神八井耳命・綏靖天皇兄弟に対する反逆伝承で知られる。

系譜[編集]

(名称は『日本書紀』を第一とし、括弧内に『古事記』ほかを記載)

日本書紀』『古事記』によれば、初代神武天皇と、日向国吾田邑(現・鹿児島県南さつま市[2])の吾平津媛(あひらつひめ、阿比良比売)との間に生まれた皇子である[2]。『古事記』では、同母弟に岐須美美命(日本書紀なし)の名を挙げる。

記録[編集]

日本書紀』神武天皇即位前紀 戊午年(即位3年前)条によると、手研耳命は神武天皇東征に従い、熊野の荒坂津(三重県度会郡紀勢町錦か[2])において丹敷戸畔(にしきとべ)を討ったという[2]

また同書綏靖天皇即位前紀 己卯年[1]11月条によると、神武天皇の没後、手研耳命は異母弟の神八井耳命・神渟名川耳尊(のちの第2代綏靖天皇)を害そうとした。そしてこれを知った神八井耳・神渟名川耳兄弟により、手研耳は片丘(奈良県北葛城郡王寺町香芝町上牧町付近か[2])の大室に臥せっていたところを襲われ、討たれたという[2]

古事記』でも同様の説話が記されるが、『日本書紀』と異なり多芸志美美命(手研耳命)は神武天皇正妻の伊須気余理比売命(いすけよりひめのみこと、媛蹈鞴五十鈴媛命)を妻にしたという。さらに、彼女と神武天皇との間に生まれていた異母弟3人(日子八井命・神八井耳命・神沼河耳命)を弑逆しようと計画していたが、3人は伊須気余理比売命の歌で難を逃れたと記されている[3][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 己卯年は神武天皇崩御年(神武天皇76年:丙子年)の3年後、綏靖天皇即位年(庚辰年)の前年にあたる。
  2. ^ a b c d e f g 手研耳命(古代氏族) 2010年.
  3. ^ 手研耳命(国史).

参考文献[編集]

関連項目[編集]