大彦命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

大彦命(おおひこのみこと/おおびこのみこと[1]、生没年不詳)は、記紀等に伝わる古代日本皇族

日本書紀』では「大彦命」、『古事記』では「大毘古命」と表記される。また稲荷山古墳出土鉄剣に見える「意富比垝」に比定する説がある。

第8代孝元天皇の第一皇子で、第11代垂仁天皇外祖父である。また、阿倍臣(阿倍氏)を始めとする諸氏族の祖。四道将軍の1人で、北陸に派遣されたという。

系譜[編集]

(名称は『日本書紀』を第一とし、括弧内に『古事記』ほかを記載)

第8代孝元天皇皇后鬱色謎命(うつしこめのみこと、内色許売命)との間に生まれた第一皇子である。同母兄弟として開化天皇(第9代)、少彦男心命(すくなひこをこころのみこと、少名日子建猪心命<すくなひこたけゐこころのみこと>)、倭迹迹姫命(やまとととひめのみこと、古事記なし)がいる。

子として『日本書紀』では御間城姫(みまきひめ、御真津比売命:第10代崇神天皇皇后)、武渟川別(たけぬなかわわけ、建沼河別命)の名が、『古事記』では加えて比古伊那許志別命(ひこいなごしわけのみこと)の名が見える。御間城姫は垂仁天皇(第11代)の生母であり、大彦命はその外祖父になる。

記録[編集]

文献[編集]

日本書紀崇神天皇10年9月9日条では大彦命を北陸に派遣するとあり、同書では東海に派遣される武渟川別西道に派遣される吉備津彦命丹波に派遣される丹波道主命とともに「四道将軍」と総称されている[2]

同書崇神天皇9月27日条では、大彦命はその途中の和珥坂(または山背の平坂)で不吉な歌を詠う少女に会ったため、引き返して天皇にこのことを報告した。そして倭迹迹日百襲媛命孝霊天皇皇女;大彦命のおば)の占いによって武埴安彦命(大彦命の異母兄弟)とその妻の吾田媛の謀反が発覚する。果たして実際に謀反が起こると、五十狭芹彦命(吉備津彦命)が吾田媛を、大彦命と彦国葺(和珥臣祖)が共に武埴安彦を討ち鎮圧した[2]。その後、四道将軍らは崇神天皇10年10月22日に出発し、崇神天皇11年4月28日に平定を報告したという。

古事記』では、建波邇安王(武埴安彦命)の鎮圧においては同様の説話を記す。一方、四道将軍としての4人の派遣ではないが、やはり崇神天皇の時に大毘古命(大彦命)は高志道に、建沼河別命は東方十二道に派遣されたとする。そして大毘古命と建沼河別命が出会った地が「相津」(現・福島県会津)と名付けられた、と地名起源説話を伝える。

なお『新撰姓氏録』河内国皇別難波忌寸条では、崇神天皇の時に大彦命が蝦夷平定に向かった際、大彦命は兎田墨坂(うだのすみさか:現・奈良県宇陀市榛原萩原)で嬰児を拾って育て、「得彦(えひこ)宿禰」と名付けたと伝える[2]

考古資料[編集]

埼玉県行田市埼玉古墳群にある稲荷山古墳で出土した鉄剣(稲荷山古墳出土鉄剣)には銘文があり、その銘文に見える人物の「意富比垝(おほひこ)」を大彦命に比定する説が挙げられている[2]。銘文記載の系譜は次の通り。


後裔[編集]

人物[編集]

氏族[編集]

『日本書紀』では阿倍臣を始め、膳臣(かしわでのおみ)、阿閉臣(あへのおみ、阿敢臣)、沙沙城山君筑紫国造越国造、伊賀臣ら7氏の始祖とする。ただし『古事記』では、建沼河別命(武渟川別)を阿倍臣等の祖、比古伊那許志別命を膳臣の祖に位置づけている。

新撰姓氏録』では後裔氏族として、阿倍朝臣、布勢朝臣、完人朝臣、高橋朝臣、許曽倍朝臣、阿閉臣、竹田臣、名張臣、佐々貴山公、膳大伴部、阿倍志斐連(以上左京皇別)、若桜部朝臣、阿閉臣、伊賀臣、阿閉間人臣、他田広瀬朝臣、道公、音太部、会加臣、杖部造(以上右京皇別)、阿閇臣(以上山城国皇別)、坂合部首(以上大和国皇別)、高橋朝臣、佐々貴山君、久々智、坂合部、伊我水取、吉志、三宅人(以上摂津国皇別)、阿閇朝臣、阿閇臣、日下連、大戸首、難波忌寸、難波(以上河内国皇別)、膳臣、宇太臣、松原臣(以上和泉国皇別)など諸氏族が記されている。

考証[編集]

大彦命は、崇神天皇の伯父に当たり、その皇后である御間城姫(みまきひめ)の父として垂仁天皇の外祖父に当たるとされているが、この記紀系譜に対する疑問が呈されている。その説によると、景行天皇紀53年に登場する大彦命の孫磐鹿六雁の存在[3]、あるいは下述する稲荷山古墳出土の鉄剣の銘文に記された「意冨比垝」を大彦命と見た場合のその系譜の代数から[4]、大彦命の活躍した時代は西暦3世紀末から4世紀初頭で、崇神天皇より1世代後の人物と考えるのが妥当であるとし、その1世代後、すなわち垂仁天皇の時代に起きた沙本毘古王の乱と大彦命の関係した武埴安彦の乱とは地域の重なりなど類似性が高い点も指摘している。また、大彦命の異母兄弟である彦太忍信命の王孫(『書紀』)とも王子とも(『古事記』)される武内宿禰が、第13代成務天皇(垂仁天皇の皇孫)と同じ日に生まれたとされているので、このことも大彦命が垂仁天皇の時代の人物である可能性の高いことを示している、としている。但し日本家系図学会会長の宝賀寿男崎元正教は、天皇家系図と古代氏族の系図の比較検討から、崇神天皇から応神天皇までの実際の経過世代数を3世代(中間2世代)と推定している[5]。崎元正教は、推定世代数からすると、大彦命から乎獲居臣(小別臣?)までの世代数は、天皇家の実際の経過世代数と完全に一致すると主張している[6]

また稲荷山古墳出土鉄剣に見える「意富比垝」を大彦命に比定する説では、乎獲居臣を大彦命の後裔を称する阿倍氏か膳氏の一族ではないか、と見る解釈が多いが、その後の時代、北武蔵で大きな勢力を築いていた壬生吉士(難波吉士と同族)の可能性もあるとされる。首都大学東京教授の川口勝康は「稲荷山古墳出土の鉄剣銘文中の乎獲居臣なる人物の系譜にみえる上祖の意富比垝は、オホヒコとよまれ、記紀の大彦命にあたる可能性が高い」としつつも、その実在性には慎重で、当時著名であった大彦命の東征説話を知った乎獲居臣がその祖を大彦命に求めたものであろうと解説し[7]京都大学名誉教授の岸俊男は「ヲワケを東国国造の系譜に属する者と考える説と、上祖オホヒコを記紀に阿倍臣や膳臣の始祖としてみえる孝元天皇の皇子大彦命とし、あるいは杖刀人は阿倍臣に従属する丈部(はせつかべ)であるとみて、ヲワケを中央豪族の一員と考える説に大きく見解が分かれている」と解説する[7]。更に安本美典は、『本朝皇胤紹運録』によると「大彦命」の孫は「豊韓別命」であり、鉄剣銘文の「意富比垝」の孫「弖已加利獲居(テヨカリワケ)」と読み方が似ているとするが[8]、豊韓別命が武渟川別の子とされるのに対し、鉄剣銘文では弖已加利獲居は多加利足尼の子であり、この部分の系譜にはかなりの相違が認められる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

原典

  1. ^ 『古事記』孝元天皇記、『新撰姓氏録』左京皇別 完人朝臣条等。
  2. ^ a b 『新撰姓氏録』摂津国皇別 摂津国皇別 三宅人条では「大彦命男」、河内国皇別 難波条では「大彦命孫」と記載。
  3. ^ 『新撰姓氏録』河内国皇別 日下連条等。
  4. ^ 『新撰姓氏録』左京皇別 膳大伴部条。
  5. ^ 『新撰姓氏録』右京皇別 道公条等。
  6. ^ 『先代旧事本紀』「国造本紀」筑志国造条。
  7. ^ 『新撰姓氏録』左京皇別 阿倍志斐連条。

出典

  1. ^ 「おおひこ」:大彦命(国史)、「おおびこ」:大彦命(古代氏族) 2010年
  2. ^ a b c d 大彦命(古代氏族) 2010年.
  3. ^ 景行天皇は崇神天皇の皇孫なので、世代的に崇神天皇と同じ計算になる。
  4. ^ 銘文では意冨比比垝は乎獲居臣の7代前の祖とされているが、この乎獲居臣は雄略天皇の時代の人物と見られており、雄略天皇の7代前は垂仁天皇に当たる。
  5. ^ 「古代氏族研究会公認HP「古樹紀之房間」の「上古史の流れの概観試論
  6. ^ 崎元正教著「ヤマトタケるに秘められた古代史」(けやき出版 2005年9月)
  7. ^ a b 『世界大百科事典』(平凡社、2007年版)。
  8. ^ 倭王武と雄略天皇 稲荷山古墳出土鉄剣銘文

参考文献[編集]

関連項目[編集]