吉備津彦命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天皇略系図(初代 - 第10代) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

吉備津彦命(きびつひこのみこと)は古代日本皇族孝霊天皇の第3皇子で、生母は倭国香媛(やまとのくにかひめ)とも(『日本書紀』)、意富夜麻登玖邇阿礼比売命(おほやまとくにあれひめのみこと)(安寧天皇の皇曾孫)とも伝える(『古事記』)。また、本来の名は彦五十狭芹彦命(ひこいさせりびこのみこと。比古伊佐勢理毘古命にも作る)といい、亦の名前が吉備津彦命(『書記』)、大吉備津日子命(『古事記』)であったと伝える。吉備冠者(きびのかじゃ)ともいう。山陽道を主に制圧した四道将軍の一人。

事跡[編集]

大和の黒田庵戸宮(盧戸宮)(やまとくろだいおどのみや、現在の奈良県磯城郡田原本町)に生まれ、崇神天皇10年9月甲午(9日)、勅命により四道将軍の1人として西道(山陽道)に派遣されたが、任地に赴く途上で武埴安彦命孝元天皇の皇子、吉備津彦命には甥皇子に当たる)の反乱に遭遇、これを大彦命(孝元天皇皇子、武埴安彦命の異母兄弟)とともに制圧してから西道に赴き、同天皇11年4月己卯(28日)までに異母弟の雅武彦命(若日子建吉備津日子命)とともに吉備国を始め山陽道に沿う周辺域を平定、この事によって「吉備津彦」を名乗る事になったというが(「吉備津彦」とは「吉備の勢力者」の意味)、1説に吉備国制圧の目的は同国の製鉄技術の掌握であったとされる[1]。また、同天皇60年には武渟川別(大彦命の王子)とともに出雲国へ出征して出雲振根を誅滅している。

岡山県岡山市に鎮座する備中国一宮吉備津神社の社伝によると、その後、命は吉備の中山の麓に茅葺宮を造って住み、281歳で亡くなって中山の山頂(茶臼山)に葬られたとされている。この中山茶臼山古墳(正式名称は大吉備津彦命墓)は土地の人々には「御陵」や「御廟」とも呼ばれており、現在では陵墓参考地として宮内庁の管理下にある[2]

なお、吉備津彦命の子孫は代々吉備国の国造を襲ったといい、それが後の吉備氏へと繋がっている[3]

伝説[編集]

上述吉備津神社の縁起で、岡山県において広く語り継がれている伝説によると、鬼ノ城に住んで地域を荒らした温羅というを、犬飼健(いぬかいたける)・楽々森彦(ささもりひこ)・留玉臣(とめたまおみ)という3人の家来と共に倒し、その祟りを鎮めるために温羅を吉備津神社のの下に封じたとされ、これが上田秋成の『雨月物語』中の1編「吉備津の釜」で著名な、同神社の御釜殿(重要文化財)における鳴釜神事の謂われともなっている。この伝説から吉備津彦命は本来は土着の神だったが、神話や系譜を整える際に天皇家の系譜に組み込まれたものとする説がある。一説には、命の家来である犬飼健を、楽々森彦を、留玉臣をと見て、この温羅伝説がお伽話桃太郎」になったとも言われ、岡山県ではこれをして自県を「桃太郎発祥の地」として宣伝している。ちなみに、吉備津彦命の家来であった犬飼健は犬養氏の始祖で、五・一五事件で暗殺された犬養毅首相の祖先であると言われている。

この温羅伝説における温羅は、命以前に吉備国を支配していた旧勢力であった、もしくはそれに製鉄技術を供与していた渡来人乃至は地来の豪族であり、旧勢力に義理立てするために吉備津彦(ひいてはヤマト王権)と戦った、と言う見方がある。

また、命は吉備国平定後、吉備を足場として讃岐国、出雲国にも進出したとされ、香川県においても岡山県と同様に桃太郎伝説が存在するが、この「讃岐桃太郎」の主役は讃岐国平定にて先陣を切った弟皇子の稚武彦命であるとされる。また吉備から出雲侵攻の経路となる米子市周辺(日野川流域)には、命の父の孝霊天皇が鬼退治をしたという伝説が分布している。

吉備津彦命を祀る神社[編集]

  • 吉備津神社 - 岡山県周辺に分布
  • 田村神社(香川県高松市) - 讃岐国一宮。讃岐の桃太郎伝説では、海賊に讃岐を襲われた倭迹迹日百襲媛命が対岸の吉備の国に進攻していた弟の吉備津彦命兄弟に助けを求めたことが、桃太郎伝説となったと伝わる。(犬-犬島の住人、猿-猿王の住人、雉-雉ヶ谷の住人)とされる。
  • 桃太郎神社(鬼無権現熊野神社) (同上) - 田村神社と同系統の桃太郎伝説を伝えるが、その内容はより先鋭化されており、地元ナショナリズムの根強いものと化している。
  • 楢神社(奈良県天理市) - 昭和30年(1955年)頃まで五十狭芹彦命(いさせりひこのみこと)神社と称した。

脚注[編集]

  1. ^ 和歌における吉備枕詞には「まかねふく(真金吹く)」という語句があり、これが吉備国の主要産業が製鉄鋳造技術である事の裏付けであったと言われる。
  2. ^ 大吉備津彦命墓は墳丘全長約120m、後円部の直径約80m、高さ約12m、中山の自然地形を利用して築造された前方後円墳。崇神天皇陵に比定されている行燈山古墳(墳丘全長約242m、後円部直径約158m、後円部高さ約23m)と、ほぼ2対1の相似形であることが指摘されている(安本美典 『巨大古墳の主がわかった!』 JICC出版局 1991年)。
  3. ^ 平凡社『神道大辞典』第1巻(昭和12年)による。『書記』では吉備臣(吉備氏)の祖は稚武彦命とあり、『古事記』によれば、大吉備津彦命は吉備氏の中の上道臣の祖、異母弟の若日子建吉備津日子命は同じく下道臣笠臣の祖とある。ちなみに、稚武彦命が治めた土地には「笠」の地名が残るという。