南法華寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南法華寺
Tsubosaka4200.jpg
三重塔
所在地 奈良県高市郡高取町壺阪3
位置 北緯34度25分35.12秒
東経135度48分35.59秒
座標: 北緯34度25分35.12秒 東経135度48分35.59秒
山号 壺阪山
宗派 真言宗系単立
本尊 十一面千手観音菩薩
創建年 大宝3年
開基 弁基上人
正式名 南法華寺
別称 壺阪寺
札所等 西国三十三所 第6番
神仏霊場巡拝の道 第37番
文化財 礼堂
三重塔
鳳凰文磚
絹本著色一字金輪曼荼羅図
テンプレートを表示

南法華寺(みなみほっけじ)は、奈良県高市郡高取町にある真言宗系の単立寺院。山号は壺阪山。一般には壺阪寺(つぼさかでら)の通称で知られる。703年(大宝3年)創建と伝え、西国三十三所第六番札所。

本尊十一面観音は眼病に霊験があるといわれ、お里・沢市の夫婦愛をうたった人形浄瑠璃壺坂霊験記』の舞台としても有名。園内には養護盲老人ホーム慈母園がある。

先代住職のインドでの救ライ事業への尽力に対する返礼として贈られた「天竺渡来大観音像」は、大理石造り、高さ約20m、総重量1200トンの壮大なもの。その他、インド渡来のものとしては、石像大仏伝図、天竺渡来大石堂がある。

歴史[編集]

草創については不明な点が多いが、伝承によれば大宝3年(703年)に元興寺の弁基上人により開かれたとされる。京都の清水寺の北法華寺に対し南法華寺といい、長谷寺とともに古くから観音霊場として栄えた。

御詠歌[編集]

岩をたて
水をたたえて
壺阪の
庭にいさごも
浄土なるらん

建造物[編集]

本堂
礼堂
大仏
大観音像
  • 本堂-江戸時代の再建
  • 礼堂-室町時代中期以前の建立。入母屋造り・本瓦葺。眼の観音様として親しまれている十一面千手観音菩薩坐像を安置。
  • 三重塔-室町時代の明応6年(1497年)の建立。

文化財[編集]

重要文化財[編集]

その他の文化財[編集]

  • 木造十一面千手観音菩薩坐像
  • 木造大日如来像
  • 木造増長天・多聞天立像

主な行事[編集]

  • 2月、6月を除く毎月18日 - 観音縁日
  • 8月18日 - 施餓鬼会

アクセス[編集]

なお、県道119号は急坂とカーブが続くため冬季の凍結や降雪のさいには注意
  • 開門時間 8時30分から午後5時まで、年中無休。
  • 入山料は大人(18才以上)で600円、小人(高校生以下)100円、幼児(5才以下)は無料。また身体障害者は身障者手帳の掲示で、付き添いの介助者1名を含めて無料。ほか、団体割引あり。

付近の名所旧跡[編集]

伽藍[編集]

隣の札所[編集]

西国三十三所
5 葛井寺 -- 6 壷坂寺(南法華寺) -- 7 岡寺(龍蓋寺)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]