下田歌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下田 歌子

下田 歌子(しもだ うたこ、出生名:平尾 鉐(ひらお・せき)、安政元年8月9日1854年9月30日) - 昭和11年(1936年10月8日)は、明治から大正にかけて活躍した教育家歌人。女子教育の先覚者。岐阜県恵那郡岩村町(現在の恵那市)出身。

略歴[編集]

岩村藩の藩士の家に生まれる。幕末勤王派の藩士だった父は蟄居謹慎を命じられるが、苦難の中、祖母から読み書きを習い、5歳で俳句漢詩を詠み、和歌を作るなど神童ぶりを発揮した。書物を読んで善い事だと思うと、すぐに行動にうつす事も多かった。「二十四考」という親孝行を書いた書籍に両親が蚊に刺されるのを防ぐため、自分が裸になって蚊を引き寄せたという内容があり、鉐はそれを実際にやったという事実がある。

元号が明治になり祖父と父は新政府の招聘を受けて東京に出るが、17歳[1]になった鉐もその後を追って上京。そのとき、故郷の国境、三国山の峠で、鉐は「綾錦着て帰らずは三国山またふたたびは越えじとぞ思ふ」という歌を詠んでいる。

1872年(明治5年)、女官に抜擢され宮中出仕する。武家の子として身に付けた礼儀作法や、儒学者の祖父仕込みの学識、和歌の才能で昭憲皇太后から寵愛され「歌子」の名を賜る[2]。宮廷で和歌を教えるようになる。

1879年(明治12年)に剣客の下田猛雄と結婚し宮中出仕を辞する。3年後に夫が病に臥す。看病のかたわら、自宅で『桃夭(とうよう)女塾』を開講。当時の政府高官の殆どがかつての勤王の志士だったため、彼らの妻の多くは芸妓や酌婦だった。世間知らずではないが、正統な学問のない彼女らに古典の講義や作歌を教えた。

1884年(明治17年)、夫猛雄が病死。同年塾の実績と皇后の推薦で、創設された華族女学校の教授に迎えられた。翌年には学監に就任。華族の子女のみが学んだこの学校では古式ゆかしい儒教的な教育がなされた。1893年(明治26年)、女子教育の視察のため2年間欧米へ。英国では王室の子息らが一般校で学び、貴族階級の女子が運動で身体を鍛えていることや、女子と男子とが同じ教育を受けていることにショックを受ける。

帰国後、歌子は「帝国婦人協会」を設立。当時庶民の女性があまりにも男性の言いなりにばかりなっていた姿に心を痛め、「日本が一流の大国と成らん為には大衆女子教育こそ必要。」と女性に教養を授け、品性を磨かせ、自活のチャンスを与えて女性の地位向上・生活改善をはかるべく奮闘した。

1906年(明治39年)、華族女学校は学習院に統合され、陸軍の乃木希典将軍が院長に就任。軍人である乃木と方針をめぐって対立する。

1918年大正7年)3月、板垣退助伯爵夫人の板垣絹子に招聘されて、東京広尾の『順心女学校』(現校名:順心広尾学園。所在地:東京都港区南麻布)創設にあたっての初代校長となり、女子教育に取り組む。

1936年(昭和11年)10月8日の死去まで、生涯を女子教育の振興にささげ、実践女子学園の基礎も築いた。享年82。

欧米教育視察[編集]

1893年(明治26年)春華族女学校学監を務めていた下田は、常宮周宮御養育主任佐々木高行から皇女教育のための欧米教育視察を拝命した。その目的は皇室の伝統を保持しつつ、両内親王を海外賓客と接しても遜色ない、時代に順応した皇女として教育することだった。初めての海外渡航にあたり、下田は西洋文化を取捨選択し長所のみを受け入れる態度で臨んだ[3]。同年9月横浜を発ち、ブライトンで英語学校に通った後12月にはロンドンへ。そこでエリザベス・アンナ・ゴルドンの知遇を得て、ヴィクトリア女王の孫娘が受けている教育と母親たちの生活に触れた[4]。市井の人と親しく交わる女王一家と、王女が主婦として家庭を支える姿に強い印象を受けた下田は、やがて先々で出会う女性たちが豊富な知識、意志の強さ、行動力を持ち、それが教育と生活習慣によって培われたことを知る[5]

1894年(明治27年)12月、下田は皇女教育という目的を超え一般の女学校への視察を始めた[6]。1895年(明治28年)の春にはチェルトナム・レディーズ・カレッジ(Cheltenham Ladies' College、以下CLC)で校長ドロシア・ビールと面会[7]。ビールは高齢で多忙だったにもかかわらず、学校の生徒やその家族と同様に下田を気遣い真摯な態度で接した。その厚意を下田は「真の親切」と表し、その人格と学問の深さ、教育に対する高い理想に感銘した。その後下田はケンブリッジ大学の女子学寮ニューナム・カレッジ(Newnham College)と女子教員養成校ケンブリッジ・トレーニング・カレッジ(The Cambridge Training College for Women Teachers、以下CTC。現ヒューズ・ホール(Hughes Hall))を視察[8][9]。さらに湖水地方やスコットランド、仏独伊など大陸の女子学校を訪問。その間1895年(明治28年)5月8日にはヴィクトリア女王との謁見を果たした[10][11]

これらの視察によって下田はキリスト教の信仰が自主独立と慈善博愛の精神を育み、学校教育や生活習慣の基盤となっていることを理解する。それに加え育児、教育学、衛生、生理、看護法に関する知識は実利主義のもと最新の科学が教授されていた。キリスト教に対する評価は変えたものの、自らの信条を保ち下田は1895年(明治28年)8月に帰国[12]。その直後から皇女教育をめぐる宮中の勢力争いに加わっていくことになる[13]

人物[編集]

容姿と才能に恵まれ、「明治の紫式部」ともあだ名されるが、反面政府の高官との浮名も絶えなかったと言われ、特に平民新聞は『妖婦下田歌子』と題した特集を連載するまでに至った。特に「日本のラスプーチン」とまで言われた祈祷師飯野吉三郎の権力拡大のため尽力したとされ、のちの幸徳事件は飯野の差し金であるとの説もある。

補注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 正確には、満16歳と8か月の4月に上京した。
  2. ^ 宮中に上がって間もないころ鉐は、春の月を歌に詠んだ。昭憲皇太后から「あなたは歌の才能がある。これからは歌子と名乗りなさい。」と言われ、以来鉐は歌子と自らを名乗るようになった。
  3. ^ 中村2006、13-14頁。大関1994、3頁。宮内1973、285頁。佐々木は明治天皇と直接折衝し、この欧米教育視察が下田の仕事に対する箔付けを含むことを説明している。宮内省や華族女学校でも反対意見があり、視察の前下田は華族女学校学監を辞し教授在任となり、さらに表向きは自ら願い出る形で渡航が許可された。明治天皇の下命は出発直前の明治28年8月24日となった。
  4. ^ 森1995、6-9頁。中村1989、208-211頁。中村2006、11-22頁。エリザベス・アンナ・ゴルドン(Elizabeth Anna Gordon)(1851-1925)はイギリスの比較宗教学者。ランカシャーに生まれ、スコットランドの名門貴族ジョン・E・ゴルドンと結婚。2男3女を育てるかたわらヴィクトリア女王の女官を務めた。1886年、35才でオックスフォード大学を卒業。大学ではF・M・ミュラーに師事。1891年に訪れた日本の自然と文化に魅了され、帰国後日本人留学生を援助。英米加の新聞に呼びかけ洋書9万5千冊を蒐集、同門の高楠順次郎を介しそのうち2万5千冊を「日英文庫」として日比谷図書館に寄贈した(戦災により焼失)。1907年の再来日を機に日本を拠点に比較宗教学の研究にあたる。1916年急遽帰国の際、研究資料や収集品を早稲田大学に寄贈。「ゴルドン文庫」として保管されている。1925年京都で病没。
  5. ^ 大関1994、7-8頁。13、4才と思われる女王の孫娘(女王の第7子アーサーの長女マーガレットか。1894年当時12才)は家庭教師を伴って女子学校に通い、普通の生徒と変わらない扱いを受けていた。女王の末子ベアトリスは慈善会に質素な服装で現れ店主と言葉を交わし買物をしていた。次女アリスジフテリアに罹った末娘を自ら看護した結果若くして亡くなっている。
  6. ^ 城田1992、76-81頁。下田は1894年(明治27年)7月6日付の谷干城への書簡で、日清は友好的な関係を保持すべきであるとの見解を表すとともに、視察期間の1年延長の希望とイギリスでの今後の方針について説明している。
  7. ^ 大関1994、10-12頁。ドロシア・ビール(Dorothea Beale)(1831-1906)はイギリスの教育者。1858年からCLCの第2代学長を務め、1893年にはオックスフォード大学セント・ヒルダズ・カレッジ(St Hilda's College)を創設した。1898年に津田うめが学んだのがこのセント・ヒルダズである。CLCは1895年当時本科生徒数600名、講師70名を有するイギリス屈指の女子高等教育機関で、その学則や運営、試験制度、施設、経営方法は下田が1899年に実践女学校を設立する際影響を与えたとされる。
  8. ^ 大関1994、13-15頁。
  9. ^ 白井1995、96-100頁。CTCの初代校長エリザベス・フィリップス・ヒュースはビール校長のもとCLCの教師を務め、その後ニューナム・カレッジに学んだ女子師範教育の先駆者で、CTCはこれら2校をモデルに創られていた。
  10. ^ 中村2006、18頁。下田の視察期間は当初の1年と、半年の延長申請が2回分認められた。渡航先はイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、ベルギーの6カ国に及び帰国の際英領カナダとアメリカにもまわっている。
  11. ^ 中村2006、17-18頁。前年5月には青木周蔵駐英公使との調整がうまくいかず女王謁見の機会を逃した。女官の正装である袿袴での謁見にこだわった下田に対し、日英通商航海条約の調印間際だった青木が欧化主義の観点からこれを排したと中村悦子は推察している。日英通商航海条約は1894年(明治27年)7月16日に調印され、その翌年下田は袿袴姿での謁見を実現した。
  12. ^ 大関1994、16-18頁。
  13. ^ 安在2003、55-102頁。1895年(明治28年)10月から11月にかけ下田は佐々木高行の下を度々訪れ宮内大臣土方久元、侍従長徳大寺実則から帰国後何の沙汰もないと訴えたが、逆に徳大寺は佐々木を呼び出し下田が耶蘇教に変心したか問いただした。これは下田の欧米視察時に在英公使館に勤務していた宮内大臣秘書官長崎省吾が否定し一応決着する。変心の噂の出所は宮内省御用掛兼皇后附女官山川操子と佐々木は推察。翌年1月から2月には修学年齢に達した常宮の教育を巡って皇后大夫香川敬三、娘の宮内省御用掛兼皇后附女官香川志保子、山川操子と対立が起こる。2月2日下田は山川操子の姉で女子高等師範学校生徒取締兼舎監の山川二葉が、妹と香川志保子に代わって常宮の教育を勤めるため女高師に辞表を提出したと佐々木に報告した。

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 宮内庁臨時帝室編修局編 『明治天皇紀 第8』 吉川弘文館、1973年
  • 安在邦夫、望月雅士編 『佐佐木高行日記 -かざしの桜』 北泉社、2003年
  • 白井厚白井堯子 『オクスフォードから』 日本経済新聞社、1995年
  • 森睦彦編著 『ゴルドン夫人と日英文庫』 森睦彦、1995年

記事[編集]

  • 大関啓子「まよひなき道 -下田歌子 英国女子教育視察の軌跡-」、『実践女子大学文学部紀要』第36号、実践女子大学、1994年3月、 pp.1-21。
  • 中村悦子「-講演 校祖下田歌子生誕百五十年記念行事- 下田歌子先生、欧米教育視察の周辺」、『実践教育』第25号、実践女子学園中学校高等学校、2006年3月、 pp.11-22。
  • 中村悦子「E・A・ゴルドン夫人の生涯 -早稲田大学図書館100年の歩み-」、『早稲田大学図書館紀要』第30号、早稲田大学図書館、1989年3月、 pp.208-211。
  • 城田秀雄「英国よりの手紙 -下田歌子から谷干城へ-」、『実践国文学会誌 りんどう』第18号、実践国文学会、1992年7月、 pp.76-81。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 下田歌子著作集 資料篇』全9巻 板垣弘子編 実践女子学園 1998-2002 
  • 西尾豊作『下田歌子伝』咬菜塾 1936 
  • 平尾寿子『下田歌子回想録』山陽堂 1942
  • 『下田歌子先生伝』故下田校長先生伝記編纂所 1943
  • 志茂田景樹『花の嵐 明治の女帝・下田歌子の愛と野望』PHP研究所 1984
  • 林真理子『ミカドの淑女(おんな)』新潮社、1990 のち文庫 
  • 『妖婦下田歌子 平民新聞より』風媒社、1999
  • 南條範夫『妖傑下田歌子』講談社、1994 
  • 松本清張『対談 昭和史発掘』(昭和史発掘の単行本に収録されなかった「政治の妖怪・穏田の行者」に、飯野吉三郎との関係が詳細に記されている。なお、本編で引用している牧野伸顕「回顧録」によれば、下田歌子が学習院を罷免された理由には、歌子の行状問題があったとされている。)

外部リンク[編集]