皇宮警察本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
皇宮警察から転送)
移動: 案内検索
日本の行政官庁
皇宮警察
こうぐうけいさつ
Japanese Crest GosannKiri.svg
Imperial Guard Headquarters Government Buildings.jpg
皇宮警察本部庁舎
(旧枢密院庁舎)
役職
本部長 久我英一(皇宮警視監
副本部長 山岸直人(皇宮警視長)
組織
内部組織 警備部、護衛部
概要
所在地 東京都千代田区千代田1番3号
北緯35度41分7.2秒
東経139度45分30.7秒
座標: 北緯35度41分7.2秒 東経139度45分30.7秒
設置 1886年
改称 1954年7月
前身 皇宮警察署
ウェブサイト
皇宮警察本部
テンプレートを表示

皇宮警察本部(こうぐうけいさつほんぶ、英:Imperial Guard Headquarters)は、警察庁に置かれている附属機関のひとつ[1]天皇及び皇后皇太子その他の皇族護衛皇居及び御所警衛、その他皇宮警察に関する事務をつかさどる[1]。本部所在地は東京都千代田区千代田1番3号。英訳の「Imperial Guard」は皇居内の皇族の近衛親衛隊とも読めるが、実際には警察の内部組織である。

本部長は、皇宮警視監階級皇宮護衛官であるが、慣例により内閣府事務官である宮内庁職員にも併任される。

本部の紋章は五三桐[2]である。桐紋菊花紋章と並んで古来から皇室の象徴とされてきた。

歴史[編集]

沿革[編集]

宮内省時代の皇宮警察の沿革の

  • 1947年(昭和22年)1月、宮内省から内務省へ移管され、警視庁皇宮警察部と改称。その際に、官名が「皇宮警察官」から「皇宮護衛官」に改められる。また側近警衛が侍従職に移管される。
  • 1948年(昭和23年)3月、旧警察法の施行に伴い、国家地方警察本部に移管され皇宮警察府とされる。再び、側近警衛を所管する。
  • 同年6月、皇宮警察局に再び改称。
  • 1948年(昭和23年)12月、皇宮護衛官が特別司法警察職員に指定される。
  • 1949年(昭和24年)1月、国家地方警察本部の外局皇宮警察本部となる。
  • 1951年(昭和26年)8月、皇宮警察の勤務体制が三交替勤務制になる。
  • 1952年(昭和27年)12月、皇宮警察音楽隊が設置される[3]
  • 1953年(昭和28年)6月、皇宮警察学校が設置される。
  • 1954年(昭和29年)7月、現在の警察法が施行されるに伴い、警察庁附属機関の皇宮警察本部となる。
  • 1960年(昭和35年)6月、側衛実施指揮官として侍衛官が設置される。
  • 1973年(昭和48年)4月、皇宮警察本部に護衛部が設けられる。
  • 1977年(昭和52年)12月、内廷皇族以外の皇族についても、恒常的な護衛を実施する。
  • 1992年(平成4年)8月、皇宮警察の勤務体制が四交替勤務制になる。
  • 2011年(平成23年)4月26日、東日本大震災に伴いパトロール隊「皇宮警察ひまわり隊」が編成され被災地へ派遣。皇宮警察史上初の管轄外活動となる[4]

対応した主な事件[編集]

皇宮警察の警備車両

組織[編集]

  • 本部長(皇宮警視監
    • 副本部長
      • 警務課
      • 企画監察課
      • 教養課
      • 会計課
      • 厚生課
    • 警備部
      • 警備第一課
      • 警備第二課
    • 護衛部
      • 護衛第一課
      • 護衛第二課
      • 護衛第三課
      • 侍衛官(3)
    • 坂下護衛署
    • 吹上護衛署
    • 赤坂護衛署
    • 京都護衛署
    • 皇宮警察学校:皇宮警察職員に対する教育訓練を行う[1]

皇居のうち、宮殿及び皇居東御苑等の区域を担当する坂下護衛署、御所宮中三殿等の区域を担当する吹上護衛署、赤坂御用地東宮御所・各宮邸等)及び常盤松御用邸(常陸宮邸)の区域を担当する赤坂護衛署が設置されている。東京以外では、京都府には京都御所仙洞御所京都大宮御所桂離宮修学院離宮及び正倉院の区域を担当する京都護衛署を置き、神奈川県の葉山御用邸栃木県の那須御用邸、御料牧場静岡県の須崎御用邸、奈良県正倉院には、皇宮護衛官派出所が置かれている[5][6]

皇宮警察音楽隊

また、各署には消防車(「警防車」と呼称)が配備されており、皇居や御所の消防の業務を担っている[7]。この他、皇宮護衛官の育成のための皇宮警察学校や皇宮警察音楽隊、皇宮警察特別警備隊などもある。

2009年(平成21年)度に警務部長ポストを廃し、「副本部長」を設置した。

皇宮警察本部の定員は警察庁の定員に関する訓令により規定されており、皇宮護衛官920人、事務官等44人、計964人である。

参考文献[編集]

  • 皇宮警察史編さん委員会編『皇宮警察史』1976年、皇宮警察本部
  • 皇宮警察史編さん委員会編『皇宮警察史』2006年、皇宮警察史編さん委員会

脚注[編集]

  1. ^ a b c 警察法 第29条
  2. ^ 内閣紋章は七五桐
  3. ^ 「皇宮警察音楽隊創設60周年記念演奏会」平成25年度警察白書,P201
  4. ^ https://web.archive.org/web/20110429052913/http://sankei.jp.msn.com/life/news/110426/imp11042618030003-n1.htm 皇宮警察が初の被災地支援へ 避難所での生活相談などに女性護衛官ら派遣 産経新聞 2011年4月26日(インターネットアーカイブ)
  5. ^ 皇宮警察本部とは
  6. ^ http://www.npa.go.jp/hakusyo/h25/pdf/pdf/11_dai6syo.pdf 平成25年警察白書 P201「皇宮警察本部の活動」
  7. ^ 皇宮警察護衛官が消防技能を競う”. 日テレNEWS24. 日本テレビ (2013年7月13日). 2014年3月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]