宮内庁式部職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

式部職(しきぶしょく)は宮内庁内部部局のひとつである。

事務[編集]

式部職の事務については宮内庁法第7条 が根拠。

  • 儀式に関すること
  • 交際に関すること
  • 雅楽に関すること

職員[編集]

  • 式部官長
式部職の責任者。
  • 式部副長
皇室の儀式担当と国際親善担当、計2名が置かれる。特に後者は外務省出身者が起用される。
  • 式部官

楽部[編集]

宮内庁楽部 庁舎内の舞台
宮内庁楽部
庁舎内の舞台

雅楽の演奏・演舞を担当しているが、宮中晩餐会などで演奏される洋楽も担当している。

雅楽は重要無形文化財であり、楽部の首席楽長、楽長、楽長補、楽師は、重要無形文化財雅楽の技能保持者(総合認定)である。

かつては、東儀氏上氏薗氏等の世襲職であった。

御料鵜飼[編集]

鵜飼いは日本の伝統的漁法であるが、一部宮内庁の保護で行われているものが存在し、鵜匠には宮内庁式部職鵜匠として国家公務員の身分が認められている。詳細は長良川鵜飼小瀬鵜飼を参照。

歴代式部官長[編集]

宮内府が短い年間設置された当時(1947~1949年)は、「式部寮」であり責任者は「式部頭(しきぶのかみ)」であった[1]

氏名 在任期間 備考
式部頭
- 松平康昌[1] 1947年3月27日 - 1947年5月2日 親任官待遇
1947年5月3日 - 1949年5月31日
式部官長
1 松平康昌 1949年6月1日 - 1957年1月4日(亡)
2 原田健英語版 1957年2月1日 - 1968年9月10日(願)
3 島重信 1968年9月10日 - 1973年1月16日(願) 姓は島
4 湯川盛夫 1973年1月16日 - 1979年8月14日(願)
5 安倍勲 1979年8月14日 - 1989年6月20日(願)
6 角谷清 1989年6月20日 - 1995年9月8日(願)
7 渡邉允 1995年9月8日 - 1996年12月12日
8 苅田吉夫 1996年12月12日 - 2003年7月8日(願)
9 川島裕 2003年7月8日 - 2007年6月15日
10 原口幸市 2007年6月15日 - 2009年10月4日(亡)
- 肥塚隆 2009年10月8日 - 2009年10月20日 式部官長事務代理(式部副長)
11 河村武和 2009年10月20日 - 2012年9月1日(願)
12 小田野展丈 2012年9月1日 - 2014年9月1日(願)
13 河相周夫 2014年9月1日 -

出典[編集]

  1. ^ a b 印刷局, ed (1947) (preview). 各庁職員抄録. 印刷局. pp. 12-13. NDLJP:1078939. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1078939/8. 

関連項目[編集]

  • 東儀秀樹 - デビュー前は楽部に在籍していた。

外部リンク[編集]