ケビン・カーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケビン・カーター
Kevin Carter
生誕 1960年9月13日
南アフリカの旗 南アフリカ連邦トランスヴァール州ヨハネスブルグ
死没 1994年7月27日(満33歳没)
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国ハウテン州、ヨハネスブルグ
職業 写真家報道写真
テンプレートを表示
ピューリッツァー賞 Gen pulitzer.jpg
受賞年 1994年
受賞部門 特集写真部門

ケビン・カーター英語: Kevin Carter1960年9月13日 - 1994年7月27日)は、南アフリカ共和国報道写真家ピューリッツァー賞受賞後に自殺した。

概要[編集]

1994年、ハゲワシが餓死寸前の少女を狙っている『ハゲワシと少女』という写真ピューリッツァー賞を受賞。写真はスーダン飢餓を訴えたものだったが、1993年3月26日付のニューヨーク・タイムズに掲載されると同紙には絶賛と共に多くの批判が寄せられた。そのほとんどは「なぜ少女を助けなかったのか」というものであり、やがてタイム誌などを中心に「報道か人命か」というメディアの姿勢を問う論争に発展した。

授賞式から約1ヶ月後、カーターはヨハネスブルグ郊外に停めた車の中に排気ガスを引きこみ自殺。彼はマンドラクス[1]を常用する薬物依存症であっただけでなく、20代の頃に躁鬱病を患っており二度も自殺未遂を起こすなど精神的に不安定な側面があった。また、死の数年前から衝撃的な写真を撮ることと、そうした写真ばかりが喜ばれることに疑問を抱いていた。

ハゲワシと少女[編集]

1983年から続く内戦と干ばつのためにスーダンでは子供たちを中心に深刻な飢餓が起こっていた。しかし、スーダン政府は取材を締め出し国外に伝わらないようにしていた。そんな中カーターは、内戦の状況を伝えようとスーダンに潜入した。

カーターが訪れた国連などの食料配給センタ-があるアヨドという村では、飢えや伝染病で1日に10人から15人の子供たちが死んでゆく有様だった。やりきれなさから、その村から離れようとして村を出たところで、ハゲワシ[2]がうずくまった少女を狙うという場面に遭遇したのである。現場にいたカーターの友人でありフォトジャーナリストのジョアォン・シルバの証言などによると、写真の構図は母親が食糧を手に入れようと子どもを地面に置いた短い時間にできたものであったという。カーターは写真を撮った後、ハゲワシを追い払い、少女は立ち上がり、国連の食糧配給センタ-の方へよろよろと歩きだした。それを見た後は、すさんだ気持ちになり、木陰まで行って泣き始め、タバコをふかし、しばらく泣き続けたと手記に記している。

この写真が、ニューヨーク・タイムズ紙に1993年3月26日付けで掲載されると強い批判がニューヨーク・タイムズ紙に寄せられた。大部分が写真を撮る以前に少女を助けるべきではないかという人道上からのものであった。この写真は「報道か人命か」という問題として、その後何度かメディアで取り上げられ、論争に発展した。

なお、日本では中学校の英語教科書『NEW CROWN』(2006、2008、2012年度版)がこの写真を取り上げている。

当時カーターの近くで同じ場面を撮影していた別のカメラマン二人に藤原章生が取材した話では、ハゲタカは食糧配給センターのすぐそばにある汚物置き場に集まっており、とくに子供を狙っていたわけでなかったと証言している[3]

経歴[編集]

南アフリカ共和国ヨハネスブルグ白人居住区で、イギリスから移民してきた[4]中流家庭の両親のもとに生まれた[5]。幼いころ、同区に入り込んだ黒人が警察によって逮捕されるのをしばしば目にして育ち、隣人愛や人類愛を説くクリスチャンで“リベラル”であるはずの両親の世代がアパルトヘイトを許容していることに疑問を持ち始めた[5]。両親と衝突も多く、親しい友人には、不幸な子供時代だったと語っている[4]

1976年プレトリアにあるカトリック教会系の寄宿高校を卒業したのち、薬剤師を目指したが挫折し、南アフリカ防衛軍に入る[4]。軍の食堂で黒人ウエイターを擁護した際に同僚から殴られたのを機に1980年に軍を離れ[4]、ラジオのディスクジョッキーとして再スタートをしようと試みたが、挫折[5]状態になり、大量の睡眠薬や鎮痛剤などを飲んで自殺を図ったが、一命を取り留める[5]

軍に戻った1983年の5月20日、任務に就いていたプレトリアの軍施設前で車が爆発する事件が起こり、被害者の救助を手伝った。反アパルトヘイトを訴えるアフリカ民族会議による爆破事件であることがわかり、これをきっかけに歴史を記録するフォトジャーナリストへの転身を志す[5]。写真用品店で働きながら、週末のみ『ヨハネスブルグ・サンデー・エクスプレス』紙のスポーツ・カメラマンを務め[4]1984年にはヨハネスブルクの新聞『ザ・スター』で働き始める。取材中に知り合った女性カメラマンとの間に娘ができたが、女性はカーターからの求婚を断り、娘を連れて去っていった[5]1990年には反アパルトヘイト系新聞の『ウィークリー・メイル』の主任報道写真家として働いた[5]

内戦が続き、銃砲が飛び交う南アフリカで報道を続けるカーターとその仲間たちは「バン・バン・クラブ」と呼ばれた[4]。危険にさらされるストレスや恐怖から逃れるために、彼らフォトジャーナリストたちは常習的にマリファナを吸っており、次第に「ホワイト・パイプ」(マリファナと非合法ドラッグを混ぜたもの)にも手を出すようになった[4]。バン・バン・クラブの一人、グレッグ・マリノヴィッチ1991年に、インカタ自由党のスパイとされる男をANC(アフリカ民族会議)派の支援者が殺害する場面をとらえた写真でピューリッツァー賞を受賞した[4]

1993年5月、国連の食糧配給活動に同行してスーダン入りし、のちにピューリッツァー賞を受賞する「ハゲタカと少女」の写真を撮影。ニューヨーク・タイムズ紙がこの写真をセンセーショナルに取り上げ、世界中に配信され注目されたことで、カーターはウィークリー・メイルを辞めて念願のフリーランスとなり、ロイターの契約カメラマンになった[4]1994年5月にはアメリカでのピューリッツァー賞の受賞式に出席し、ヨハネスブルクの両親に「早くトロフィーを見せたい」と喜びの手紙を書いた。ニューヨークではファンに囲まれ、雑誌社からはインタビューが殺到し、有名な写真エージェンシー「シグマ」とも契約できた[5]

受賞による賞賛と批判の両方が渦巻く中、バン・バン・クラブの仲間が取材中に殉職したことで激しく落ち込み、ドラッグの量が増えていった。さらに、取材の飛行機に乗り遅れる、帰りの機中にフィルムを忘れるといった失態が続き、クライアントを失望させた。授賞式からわずか2か月後の7月、幼いころ遊んだ川の近くで車に排気ガスを引き込んで自殺。遺書には、鬱と金に悩んでいたこと、取材で見聞きした悲惨な光景に苦しんでいたことなどが書かれていた[4]。享年33。

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 南アフリカで使用されている麻酔薬。吸いこむと全身が脱力感におそわれる。元々は、政府が反体制勢力の意欲を喪失させるために開発したものであったが、やがてアンゴラ内戦の恐怖から逃れるために南アフリカ政府軍内で蔓延するようになった。
  2. ^ ハゲタカと訳されることがあるが、鳥としてはハゲワシ。また英語ではこの写真に対する短いタイトルはなく、ピューリッツァー賞では「食糧配給センターに向かう道すがら塞ぎ込んでしまった飢えたスーダンの少女と待ち構えるハゲワシ」と書かれている。
  3. ^ 『絵はがきにされた少年』藤原章生著、集英社 (2010/8/20)
  4. ^ a b c d e f g h i j The Life and Death of Kevin CarterTime Magazine, June 24, 2001
  5. ^ a b c d e f g h The Bang Bang Club: Snapshots from a Hidden War, P39~Greg Marinovich、Joao Silva著、Basic Books, 2011

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]