足利事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

足利事件(あしかがじけん)とは、1990年5月に発生した殺人事件である。その後、誤認逮捕により冤罪被害事件となった。また真犯人が検挙されていない未解決事件でもある。

1990年5月12日日本栃木県足利市にあるパチンコ店の駐車場から女児が行方不明になり、翌朝、近くの渡良瀬川河川敷で遺体となって発見された。犯人として菅家利和(すがや としかず)が逮捕、起訴され、実刑が確定して服役していたが、遺留物のDNA型が彼のものと一致しないことが2009年5月の再鑑定により判明し、彼が無実だったことが明らかとなった。服役中だった菅家はただちに釈放され、その後の再審無罪が確定した。再審を日本弁護士連合会が支援していた。

当事件捜査に関する後年の調査報道などマスコミメディアがその事件捜査のあり方に注目し、調査報道の中で事件捜査初期に事件現場での真犯人目撃の情報を警察が把握していた事実や経緯も判明している。

当事件を含めて、足利市内を流れる渡良瀬川周辺で遺体が発見された3事件は「足利連続幼女誘拐殺人事件」とされている。

事件の経過[編集]

事件発覚から誤認逮捕まで[編集]

1990年5月12日
父親が足利市内のパチンコ店でパチンコをしている間に、同店駐車場から女児(当時4歳)が行方不明になる。被害者の女児は当時赤いスカートと白いシャツという服装であった。
1990年5月13日
女児の他殺体が、渡良瀬川の河川敷から発見される。犯人は逃走。
事件発生時の時間に現場付近の運動公園にいた多数の人物が、赤いスカートを履く被害者の女児を連れて歩く不審な男の姿を目撃しており、警察にも証言している。そのうち、日本テレビの番組が探し当て取材協力を要請した買い物途中の主婦、買い物途中の女性美術教師、ゴルフ練習をしていた男性などは、テレビ取材にも応じている。
事件後に情報提供を求むビラや報道で被害者の特徴が繰り返し報道され人の目に触れる機会が多かったことや、目撃した女児の服装が事件当時の夕方でも目立ちやすく印象に残りやすい赤いスカートであった事などから、目撃者の記憶に今でも鮮明に残っている。女性美術教師は近年になってもその時の光景をスケッチに描けるぐらいで、実際に当時警察でもスケッチを提示し、日本テレビの取材でも同じようなスケッチを提示している。(は、膨張色、進出色、警戒色であり、暗い場所でも視認されやすい色である)。
ゴルフ練習をしていた男性は目撃した男について「マンガのルパンみたいだった」と話している。
実際にこの目撃証言を裏付けるようにこの不審な男と被害者の女児が歩いていった先の中州で被害者女児の遺体が発見されている。
それに対し、菅家の自白(虚偽強要自白であったが)内容にあった、被害者女児を自転車の荷台に乗せて土手を下る菅家の姿を見た証言は存在しない。【参考 下野新聞、清水潔による事件の調査報道・キャンペーン記事等】
1990年5月 - 1991年12月
栃木県警察は当初は前述の目撃証言を元にした捜査を行っていたが、わずか数か月(1990年5月 - 12月ぐらいまで)でその方面の捜査を取りやめていることがわかっている。その取りやめの理由は不明。(ちなみに、目撃証言が存在していたことやそれに基づく捜査が行われていたことが初めて公にされたのは近年の清水潔の調査報道によるものである。)
その後は、「独身男性で子供が好き」というプロファイリングに則り聞き込みなどの地取り捜査方針に切り替えている。その途上でプロファイリングに合致した菅家が浮かび身辺捜査を開始する。前科・前歴はなかった[1]。だが、そのプロファイリング自体が、即、犯罪性のある人物像に繋がるわけでもなく、それに合致しただけの菅家の単なる生活習慣も、即、不審人物視、不審行動に繋がりえない上、その情報提供者である住民の証言が菅家を明確に不審視する旨の証言だったのかどうかも不明。また、同じ時期により確実性の高い前科・前歴から数人の男の行動調査をしていた。【参考 下野新聞】
1991年1月頃に、菅家は勤務先への刑事の聞き込みが原因で解雇され、以後失業。
1991年12月2日
同市内に住む菅家(当時44歳)を、猥褻目的誘拐殺人の容疑で逮捕。
逮捕の決め手は「女児の下着に付着していた体液のDNA型と菅家のDNA型とが一致した」こと。しかし、1991年の時点におけるDNA型鑑定の技術では、別人であっても1.2/1,000の確率でDNA型も血液型も一致する可能性があった[2]
栃木県警察本部は、総勢180人余の捜査本部を設置して捜査をおこなっていた。
警察が任意同行を求めた理由とされる菅家のDNAサンプルは、先に菅家が指定ゴミ収集場に捨てたゴミ袋より収集した体液の付いたティッシュペーパーから検出したものである。その時のゴミ収集が菅家や市町村役所の環境保全課などのゴミ回収を担当する管轄部署への令状発行、許可などの履行を行った上での活動だったのかは不明。
菅家の父親は逮捕後まもなくショックで亡くなった。無実を信じていた母親も釈放の2年前に亡くなった。逮捕前々日の11月30日に栃木県足利市の実家で一緒に過ごしたのが最後となった。菅家は釈放後、「亡くなったと聞かされ、本当に胸が詰まった。事件が、家族も、自分の人生もばらばらにした」と語った。

取調べ、裁判[編集]

1991年12月 - 1992年
菅家は警察や検察の取り調べ時に犯行を自白(後に虚偽を強要された事によるものであることが判明)し、犯行を認める上申書を提出(情状酌量ヲ考エタ弁護士ノ助言ニヨル)したが、 第一審の途中(第6回公判)から否認に転じ、無罪を主張した。
当時、DNA型鑑定は警察庁科学警察研究所に導入されたばかりであり、弁護側は「信頼性に疑問がある」としていた。
1993年
足利市内に住む西巻糸子が疑問を抱いて拘置所に手紙を出して面会を求めるが拒否される。(しかし、面会拒否が菅家の本心だったかどうか不明であり、所員による強要や一方的回答の可能性も。また、拘置所や刑務所では往々にして外部と手紙などの連絡において検閲がされる為、西巻との手紙のやりとりの初期においては双方で手紙の内容や思いが改竄なしにダイレクトに伝わっていたかどうかも不明。)
最初の手紙から2か月後に、菅家から「無実」を訴える返事が来た[3]。西巻は後に「菅家さんを支える会・栃木」代表、菅家の身元引受人となる。
西巻も菅家と同じように幼稚園バスの運転手をしていた経験から、逮捕の報道を見て腑に落ちない思いがしたことが支援の動機である。
1993年7月7日
宇都宮地方裁判所久保真人裁判長)は菅家に無期懲役の判決。
1996年5月9日
東京高等裁判所高木俊夫裁判長)が控訴棄却。
1997年10月28日
佐藤博史弁護士が押田鑑定書を添付して、DNA型鑑定の再鑑定の申し立てをする。しかし、最高裁はこれを取り上げなかった。
2000年7月17日
最高裁判所亀山継夫裁判長[4])が「DNA型鑑定の証拠能力を認める」初判断を示し、第一審の無期懲役判決が確定。千葉刑務所に服役した。

再審請求とDNA再鑑定[編集]

2002年12月25日
収監された菅家が宇都宮地裁に対し、再審請求を申立てる。
2008年1月
日本テレビが、ニュース特集で足利事件のキャンペーン報道を開始する。自供の矛盾点やDNA鑑定の問題点などを指摘、DNA再鑑定の必要性を訴えた。その後も繰り返し放送を行う。記者は「桶川ストーカー殺人事件」などを取材してきた清水潔
2008年2月13日
宇都宮地裁(池本寿美子裁判長)は、菅家の再審請求を棄却[5]。菅家は東京高裁に即時抗告した。
2008年12月19日
東京高裁(田中康郎裁判長)がDNA型再鑑定を行うことを決定(逮捕から17年目)。
2009年2月
検察(東京高等検察庁)側と弁護側(顧問:佐藤博史他)のそれぞれが推薦した鑑定人2名が、DNA型再鑑定を開始。
2009年4月20日
再鑑定の結果について、弁護側推薦の鑑定人は「不一致部分が多いため同一人物のものではない」とし、検察側推薦の鑑定人は「一致部分が非常に少ないため、同一人物のものではありえないと言っても過言ではない」とする鑑定結果を提出。東京高裁の嘱託鑑定で「菅家のDNA型と女児の下着に付着した体液の型が一致しない」という結果となった[6][7]
高検はさらに「捜査中に誤って汗などが付着した可能性」についても検討するため、当時の捜査関係者との比較も行ったが、いずれも不一致となり、試料が正しく犯人のものであることも明らかとなった。これは真犯人を特定するための有力な証拠ともなるが、この時点で逮捕から17年以上が経過しており、既に公訴時効が成立。真犯人を逮捕・起訴できる機会は法的に失われた。
2009年5月25日
東京高裁の即時抗告審に鑑定書を提出していた筑波大学教授本田克也が鑑定書の改訂版を提出。

釈放[編集]

2009年6月1日
弁護団が刑の執行停止をしない検察を不当だとして宇都宮地裁に異議申し立て。
2009年6月4日
鑑定結果を受けて、東京高検が「新鑑定結果は再審開始の要件である『無罪を言い渡すべき明らかな証拠』たり得る」とする意見書を提出し(事実上の再審開始決定)、併せて刑の執行を停止する手続きを取ったことにより、千葉刑務所に服役中の菅家が釈放される。この時菅家は62歳であった[8]刑事訴訟法では再審の開始前であっても検察官が刑の執行を停止できると定めており(第442条)、「有罪判決を導いた証拠が誤りであった以上、刑の執行を継続すべきではない」とする判断に基づくものだが、極めて異例のことであり、東京高検は「再審開始前に刑の執行を停止した前例はない」としている。記者会見で菅家は「検察と栃木県警に謝罪してほしい」と涙ながらに語った[9]
この事態を受け、栃木県警元幹部は「事件の捜査は妥当だった」「足利事件については思い出したくない」と語った[10]。また、当時陣頭指揮を執った元刑事部長である森下昭雄が「まだ無罪が確定したわけでは無く、自供も得ているし、(菅家が)犯人だと信じている」と報道陣に語ったところ、本人が運営するブログ「モリリンブログ」に批判のコメントが1000件以上も殺到し、そのブログが閉鎖される事態となった[11]
栃木県警も当初「暴行や自白の強要はなかったとこれまでの裁判で認定されている」とコメントし、森英介法務大臣(当時)も取調べの可視化を求める声に「捜査に支障をきたす」としていたが、東京高検に対して速やかに再審を開始し無罪判決を求めるよう指示した。
毎日新聞は、当事件の上告審の際に弁護団が求め続けていたDNA再鑑定を実施しなかったことの是非や、冤罪被害者に対する謝罪意思の有無、また当事件の公訴時効を裁判所が成立させた件についてどう思うかなどの質問を、判決に関わった当時の最高裁判事5名(亀山継夫北川弘治河合伸一梶谷玄福田博)と再審請求を認めなかった当時の宇都宮地裁判事3名の計8名に送り、回答を求めたが、判事達は「退官した現在は手元に資料がない」や「回答することは判決理由を後から変更するに等しい」などを理由に、全員が回答を拒否した。木谷明・法政大学法科大学院教授(元・東京高裁総括判事)は、判事達の回答拒否について「なぜまったく答えないのか不思議。答えられる限度で率直に答えるべきではないか」と疑問を投げかけている。
2009年6月23日
東京高裁(矢村宏裁判長)が再審開始を決定。
2009年10月5日
菅家が宇都宮地検を訪れ、検察側が初めて正式に謝罪。検事正幕田英雄が面会に応じて対面し、「無実の菅家さんを起訴して長年にわたって服役させ、苦痛を与えたことについて大変申し訳なく思います。検察を代表し、心から謝罪します」と口頭で直接述べた。これに対し、菅家は「これ以上、わたしと同じ苦しみが絶対あってはならない」と応じた[12][13]
釈放後の記者会見では、当時の取調べの状況に対し「刑事達の責めが酷かったです。『証拠は挙がってるんだ、お前がやったんだろ』とか『早く吐いて楽になれ』と言われました。私は始終無実を主張していますが受け付けて貰えず『お前がやったんだ』と同じ事の繰り返しでした」と述べており、殴る蹴るの暴行のみならず、頭髪を引きずり回されたり体ごと突き飛ばされる等の拷問に等しい暴行が横行した取調べの時間は15時間近くにも及んでいる。取り調べた刑事達については「私は刑事達を許す気になれません。それは検察や裁判官も同じです。全員実名を挙げて、私の前で土下座させてやりたいです」とも述べた。

再審[編集]

2009年10月21日
宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で再審公判が始まる[14]
2010年1月21日
再審第4回公判において取り調べ時の録音テープが再生される[15]
2010年1月22日
再審第5回公判において事件当時の担当検事・森川大司が証人として出廷。「現在もなお菅家氏が真犯人であると思うか」という弁護団からの質問には沈黙し、最後まで菅家に対する謝罪の言葉は一切なかった[16]
2010年2月12日
再審第6回公判で検察側は「取り調べられた証拠により、無罪を言い渡すべきことは明らか」とし、論告で無罪を求めた。論告に際して、検察官は裁判長に発言の許可を求めた上で「17年余りの長期間にわたり服役を余儀なくさせて、取り返しのつかない事態を招いたことに検察官として誠に申し訳なく思っています」と謝罪した。菅家はこの謝罪について公判後の記者会見で「17年半を思えば、1分少々(の論告)では物足りない。謝罪はあったが、1分少々では腹の底から謝ったとは思えない」と述べている[17]
2010年3月24日
菅家は再審の判決公判を間近に控え、東京新聞の取材に応じ、「しばらくは冤罪で苦しむ人を支える活動を優先させたい」と述べ、自分のような悲劇が繰り返されぬよう「冤罪の語り部になりたい」と誓った[18]
2010年3月26日
再審の判決公判で、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)は菅家に対し、「当時のDNA鑑定に証拠能力はなく、自白も虚偽であり、菅家さんが犯人でないことは誰の目にも明らか」と判示して無罪を言い渡した[19]。判決の言い渡し後、裁判長は菅家に対し、「真実の声に十分に耳を傾けられず、17年半の長きにわたり自由を奪うことになりました。誠に申し訳なく思います」などと謝罪した。その後、宇都宮地検が上訴権放棄を宇都宮地裁に申し立てて受理されたため、無罪判決が即日確定した[20]

当事件を題材とした作品[編集]

事件を巡る国会の対応[編集]

2011年3月8日の参議院予算委員会にて、当時の内閣総理大臣であった菅直人民主党有田芳生の質問に答え「同種事件を防ぐ意味からも、警察などがしっかり対応することが必要」と再捜査の必要性を認識した見解を述べた。「『時効だ』と言い逃れするのでは、住民の不安を解消できない」と主張する有田に対し、菅は「捜査には一般的なルールはあるが、冤罪事件であり、その後も類似事件が続いている」と前置きした上で、捜査側に「必要な対応」を求めた[21]

真犯人の存在[編集]

冤罪の影で警察が発表をしていなかった「初期目撃証言の存在の事実」、「警察が前科前歴から割り出し重要参考人として指定していた数人の男たちの存在の事実」が近年の当事件に関連する報道や取材、調査により掘り起こされ明るみになっている。中でも日本テレビの清水記者は、真犯人を特定し捜査機関に情報を提供している事実を明らかにしている。【清水潔「菅家さん冤罪足利事件『私は真犯人を知っている』」】

防犯ビデオに写っていた男について、かつて足利事件を捜査してた捜査員は、犯罪の前科・前歴などからも捜査し容疑性の高い『Aランク』と呼ばれていた男数人について行動調査もしていたが、その中の一人に酷似していると語っている。【参考記事 らせんの真実-冤罪・足利事件- <終章><1>「消息」 捜査中止の参考人複数 酷似する「ビデオの男」下野新聞】(外部リンク参照)

冤罪事件として[編集]

冤罪発覚の経緯としては、証拠不十分で容疑者や被告を真犯人として挙げる事や勾留が困難になったというだけではなく、真犯人の存在が明らかになった事をきっかけに冤罪が判明した。過去には富山連続婦女暴行冤罪事件のように後に真犯人が逮捕された、あるいは松本サリン事件のように真犯人の存在が明確になった事で冤罪が判明し真犯人も検挙された事件案件があるが、当事件は後者の経緯に近い。

事件発生日時に、真犯人の男が目撃されていたことや、その目撃者の存在などの事実が日本テレビの調査報道で明らかにされた。真犯人の存在を示す報道は、菅家が求めていたDNA再鑑定の実施を後押しし、冤罪判明、無罪確定・釈放を実現させる上で大きな役割を果たした。

当事件の冤罪判明では、清水潔(日本テレビ記者)による北関東連続誘拐殺人事件の調査の過程にて当事件での真犯人の存在など事件自体の真相を示す証拠も見つかった。

被害者遺族側の指摘[編集]

被害者遺族は、当事件が時効を迎えている事について「ある事件の犯人が捕まって起訴された場合、共犯者は逃げていても、その間、時効は進まないとされているそうです(刑事訴訟法254条の2項)。私からすれば、真犯人の共犯者は警察ではないかと思います。だから、警察が菅家さんを無理して逮捕して以降、捜査が進まなかった期間の分、時効は伸びて然るべきではないでしょうか。」とその思いを語った。【参考文献 文藝春秋2010年12月号 清水潔 被害者遺族の手記『なぜ娘のシャツを返してくれないのか』】

2009年5月、被害者遺族である母親は検察から被害者女児自身のDNA鑑定の協力を求められた際、「菅家さんが無実であるなら、早く軌道修正をして欲しい。捜査が誤っていたならば、謝るべきです。捜査は誰が考えたっておかしいでしょう。ごめんなさいが言えなくてどうするの」と怒りをあらわにするとともに人として諭すかのように検事に訴えた。その4日後、菅家は釈放された。【参考文献 「文藝春秋2010年12月号 清水潔 菅家さん冤罪足利事件『検察が隠蔽する「真犯人のDNA」』】

検察・警察が被害者女児の遺品を遺族に返還しない問題[編集]

被害者の遺族が、事件当時被害者が着ていた赤いスカートやシャツなどの遺品の返還要求をしたところ、検察は「赤いスカートなどはお返しするがシャツだけはこのまま預かりたい」と国の施設で冷凍保存したいと遺族に返答した。シャツとは真犯人のDNAが付着していたものであるが、事件が時効となった今では捜査や鑑定などの使途も失われているものを、なぜ検察が保存するのか、ここでも行動の理由や動機となるものが不明である。真犯人を特定できる最大級の有力な証拠が返還されていない【清水潔「菅家さん冤罪足利事件『私は真犯人を知っている』」】。

当事件の捜査・刑事・司法手続きにおける問題点[編集]

当事件においては、事件未解決や冤罪被害発生の直接の原因になった、警察当局や裁判関係者の捜査上や裁判手続きでその理由や動機が不明な行動や事象が多数確認される。

  • 最初の有力な目撃証言に基く捜査を早々に打ち切った。(当事件捜査において最大の不審点でもある。その実質の捜査実態も不明。)
  • 1997年からの再審やDNA型再鑑定の請求を長期間拒否した。(その明確な理由や動機も不明)

いずれも、適切な捜査と対応をしていれば事件解決につながったと考えられるポイントである。

特に最初の目撃証言の時点でそれに基づく適正な捜査を行っていれば、その時点で犯人検挙が実現し当然のことながら冤罪も起こらなかった可能性。

1997年のDNA再鑑定の請求から2005年の公訴時効成立までの間に司法がDNA型再鑑定請求を認め、再審が行われていれば、その時点で菅家の無罪が確定し、事件の再捜査も可能だった点も指摘されている[22]

最初の有力な目撃証言に基づく捜査を打ち切った正当な理由についても警察当局は明らかにしていない。目撃証言については、近年の清水潔による調査報道を受けて、菅家の自白と矛盾するということで事件とは無関係とする警察の見解もあるが、通常の捜査であれば、反対に有力な目撃証言と矛盾するから菅家の自白は虚偽(強要された)と判断するところである。そもそも目撃証言に基づく捜査は早期に打ち切っているので、打ち切った正当な理由があれば、菅家の自白と矛盾しているとする旨をわざわざ警察発表でする必要もないはずのものである。

最初の目撃証言をした証言者たちの中の一人に対し、自宅を訪れ、「正直言ってアンタの証言が邪魔なんだ。消したいんだ」と目撃証言の撤回を迫り、証言を撤回させ調書も勘違いに書き換えた【「新・知ってはいけない!?」船瀬駿介 著】。前述の「事件とは無関係とした見解」の実態である。

この事件の捜査に当時導入されたばかりのDNA型鑑定が採用されたのは、実際の事件でその実績を作りたかったためである。しかし、当時の鑑定の精度の低さゆえ時期尚早であり失敗であったことは、後年の再鑑定の結果明らかになっている。

菅家をマークをしていた時期により確実性の高い前科・前歴から数人の男の行動調査をしていた。しかし、理由不明のままその数人の男に対しての捜査を中止している(いくつかの冤罪事件に共通して見られる、犯人決めつけに基づく行為。この場合は、菅家を犯人と決め付けたことにより、より容疑性の高い数人の男に対しての精査を怠った。同じようなことは、菅家を犯人とするあまり、初期目撃証言に対して精査を怠った行為にもみられる。)。

菅家が自白した、手で首を絞めたことによる「扼死」と被害者の鼻の穴などから細かい泡状の液体(泡沫液)が漏れていたという「溺死」の鑑定所見と、被害者の死因の鑑定の点で矛盾が見られる。【らせんの真実-冤罪・足利事件(下野新聞)】より

菅家の自白(強要されたものと判明)そのものを重要証拠とし、秘密の暴露として認定し起訴し公判でも採用されている点。だが、その秘密の暴露を元として有罪とするだけの裏付ける検証結果や状況証拠は何一つ見つかっていない。(現に、女児の死因の矛盾、女児を自転車の荷台に乗せて土手を下る男の姿の目撃証言が存在しない、犯行ルートが時間的に不可能である等が生じている。自白を精査すれば虚偽であることは起訴前に判明した可能性がある。なお、前述のとおり、自白と反する目撃証言や状況証拠はいくつも判明している。)

当時のDNA鑑定に、当時の「精度の低さ」の他に「型の取り違え」の可能性などの重大な問題が潜在していたことが判明している。また、検察はこの問題を検証しない。【参考文献 「文藝春秋2011年3月号 清水潔 菅家さん冤罪足利事件『真犯人のDNA型が二つあった!』】

群馬県・栃木県の同地域で当事件と関連すると思われる未解決の誘拐殺人及び誘拐事件[編集]

群馬県・栃木県の県境付近では1979年以降、幼女の誘拐事件が起きている。この事件を含め4人の幼女が死亡し、1人が失踪する事件の計5件の事件(北関東連続幼女誘拐殺人事件)が発生したが、いずれも未解決事件となっている[23]。当事件の真犯人による仕業と見る検証や分析がある。足利事件で真犯人が検挙されていれば、同時にそれ以前に起きた数件での犯人検挙、足利事件以後に起きる事件が未然に防げた可能性も指摘されている。【参考文献 清水潔「菅家さん冤罪足利事件『真犯人は幼女五人連続誘拐犯』」】

1996年の事件との関連[編集]

歩く恰好や風体(いわゆるルパン似、ニッカボッカを穿き帽子にサングラスという格好)など、事件発生時に目撃された男の姿が、上記の事件の一つで1996年に発生する「太田市パチンコ店女児連れ去り事件」でパチンコ店の防犯ビデオに写った男の姿とよく似ていると、日本テレビの「バンキシャ」などの報道番組も指摘している[24]。「バンキシャ」では目撃者の女性も取材に応じている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宇都宮地裁平成5年7月7日判決/刑集54巻6号670頁・判例タイムズ820号177頁
  2. ^ 2008年1月6日 日本テレビ「ACTION」より
  3. ^ 「〈足利事件「支える会」代表が語る〉主婦の私がなぜ菅家さんの無実を信じ続けたのか」西巻糸子著(『婦人公論』2009年7月22日号)
  4. ^ 無罪確定後、テレビ局が取材したが、亀山は菅家に対し謝罪を拒否すると公言している。
  5. ^ 足利事件、再審決定 産経新聞 2009年6月26日時点でのアーカイブ。2009年6月23日閲覧。
  6. ^ 「足利事件:再鑑定の結果「DNA不一致」…東京高裁に提出」 毎日jp(毎日新聞社)2009年5月8日[リンク切れ]
  7. ^ 第2章スタート ACTIONコラム(日本テレビ)2009年5月26日。その他、「北関東連続幼女誘拐・殺人事件」など。
  8. ^ 足利事件、菅家さんを釈放 17年半ぶり、再審開始決定へ 47NEWS 2009年6月4日
  9. ^ 「警察と検察に謝って欲しい」菅家さん、支援者への手紙で : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2009年6月7日時点でのアーカイブ。 2009年6月4日
  10. ^ 【足利事件】「捜査は妥当だった」「思い出したくない」 栃木県警元幹部ら - MSN産経ニュース 2009年6月6日時点でのアーカイブ。 2009年6月4日
  11. ^ 「足利事件」捜査の元県警幹部ブログが炎上 「謝罪しろ」コメント殺到 - ITmedia News 2009年6月5日
  12. ^ 「菅家さんに『苦痛与えた』と謝罪 検察、足利事件で初」 中日新聞 2009年10月5日 11時25分[リンク切れ]
  13. ^ 検事正が謝罪、足利事件 - YouTube(TBSNewsi, 2009年10月5日)[リンク切れ]
  14. ^ 足利事件再審:裁判長「菅家さん」 被告扱い封印 毎日新聞 2009年10月21日時点でのアーカイブ。 2009年10月21日閲覧
  15. ^ 足利事件:92年1月28日の地検聴取テープ(1) 毎日新聞 2010年1月25日時点でのアーカイブ。2010年1月22日閲覧
  16. ^ 足利再審 元検事語る(1) 産経新聞 2010年1月25日時点でのアーカイブ。 2010年1月23日閲覧
  17. ^ 足利事件:検察側が無罪論告 菅家さんに謝罪 毎日新聞 2010年4月7日時点でのアーカイブ。 2010年2月12日 11時29分 - 最終更新 2月12日 21時33分
  18. ^ 無罪でも終わらない 菅家さん故郷で語る 中日新聞 2010年3月27日時点でのアーカイブ。 2010年3月25日 07時07分
  19. ^ 足利事件再審で菅家さんに無罪判決…宇都宮地裁 読売新聞 2010年3月29日時点でのアーカイブ。 2010年3月26日
  20. ^ 足利事件:菅家さん無罪 裁判長が謝罪 宇都宮地裁 毎日新聞 2010年3月28日時点でのアーカイブ。 2010年3月26日 10時12分 - 最終更新 3月26日 13時52分
  21. ^ 【下野新聞2011年3月9日付参照】
  22. ^ <「足利事件」とDNA鑑定>佐藤博史弁護士に聞く 日経・朝日・読売によるニュースサイト「新聞案内人:新s あらたにす」 2009年5月9日時点でのアーカイブ。 2009年05月09日。全10頁
  23. ^ 未解決事件地図
  24. ^ 足利事件 真犯人は ('09.6.7)(youtube)[リンク切れ]

参考文献[編集]

  • 菅家利和『冤罪 ある日、私は犯人にされた』朝日新聞出版、2009年8月、ISBN 978-4-02-330451-2
  • 菅家利和・河野義行(共著)『足利事件 松本サリン事件』ティー・オーエンタテインメント、2009年9月、ISBN 978-4904376119
  • 菅家利和・佐藤博史(共著)『訊問の罠 足利事件の真実』角川書店、2009年8月、ISBN 978-4047102088
  • 小林篤『幼稚園バス運転手は幼女を殺したか?』草思社、2001年1月、ISBN 978-4-7942-1023-4
  • 小林篤『足利事件 冤罪を証明した一冊のこの本』講談社文庫、2009年9月、ISBN 978-4062764582
  • 里見繁 「DNA鑑定の呪縛 足利事件と飯塚事件」(『冤罪をつくる検察、それを支える裁判所 そして冤罪はなくならない』インパクト出版会、2010年12月、ISBN 978-4755402111
  • 佐久間哲『魔力DNA鑑定 足利市幼女誘拐殺人事件』三一書房、1998年9月、ISBN 978-4-380-98300-9
  • 清水潔日本テレビ報道局『ACTION日本崩壊 五つの難問を徹底追跡する』新潮社、2008年12月、ISBN 978-4-10-313331-5
  • 清水潔「菅家さん冤罪足利事件『私は真犯人を知っている』」(文藝春秋2010年10月1日号)
  • 清水潔「菅家さん冤罪足利事件『真犯人は幼女五人連続誘拐犯』」(文藝春秋2010年11月1日号)
  • 清水潔「菅家さん冤罪足利事件『検察が隠蔽する「真犯人のDNA」』被害者遺族の手記『なぜ娘のシャツを返してくれないのか』」(文藝春秋2010年12月1日号)
  • 清水潔「菅家さん冤罪足利事件『国会で明らかになった重大事実』」(文藝春秋2011年1月1日号)
  • 清水潔「足利事件キャンペーン・菅家利和氏の告白『なぜ真犯人が野放しなのか』文藝春秋2011年2月1日号)
  • 清水潔「菅家さん冤罪足利事件『真犯人のDNA型が二つあった!』文藝春秋2011年3月1日号)
  • 清水潔「足利事件キャンペーン・決定的新事実『これが真犯人の根拠だ!』文藝春秋2011年4月1日号)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]