スケッチ・ショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スケッチ・ショウ
SKETCH SHOW
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル エレクトロニカ
活動期間 2002年 -
レーベル エイベックス/cutting edge/daisyworld discs
共同作業者 坂本龍一
小山田圭吾
メンバー
高橋幸宏
細野晴臣

スケッチ・ショウSKETCH SHOW)は、高橋幸宏細野晴臣によるエレクトロニカ・ユニット

概要・歴史[編集]

当初"Audio Sponge"を名義として使用する予定だったが、当時狂牛病問題が取り沙汰されていることから、このユニット名でデビュー。2002年8月に開催された石野卓球主催のイベント「WIRE02」にスペシャル・ゲストとして参加。同年9月には、坂本龍一テイ・トウワも参加したデビュー・アルバム『AUDIO SPONGE』をリリース、12月に行なわれたライブ「WILD SKETCH SHOW」にはコーネリアスもサポートメンバーとして参加した。

アルバム『AUDIO SPONGE』『LOOPHOLE』には盟友・坂本龍一が参加、『tronika』にはコーネリアスリミックスで2曲参加している。2003年にはバルセロナで行われた「sonar 2003」とロンドンの「CYBERSONICA'03」に出演、インベーダーゲーム25周年記念スペシャルCD『スペースインベーダー大作戦』に参加。2004年の「sonar 2004」では坂本龍一とともにHuman Audio Spongeの名義で登場。同年9月1日発売のTOKIOのアルバム「TOK10」では、プロデューサーとして1曲提供している。また同年10月には東京で開催された「sonar sound tokyo 2004」において、スペインと同様にHuman Audio Spongeとして出演した。

2005年以降、SKETCH SHOWとしては徐々に露出が少なくなっていったものの、生楽器を取り込んだエレクトロニカという音楽の方向性は、YMOとして約30年ぶりに新録された「RYDEEN 79/07」でも健在だった。2007年にパシフィコ横浜で行われたHuman Audio Spongeのライブも楽曲の中心はSKETCH SHOWのナンバーであり、彼らのスタイルはYMOの音楽をも内包・融合しつつ、HASYMOの活動へと発展的に継続されつつある。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  • AUDIO SPONGE(2002年9月19日)
収録曲:
  1. Turn Turn
  2. Wonderful To Me
  3. Microtalk
  4. Wilson
  5. Supereme Secret
  6. Do You Want To Marry Me
  7. GOKIGEN IKAGA 1・2・3
  8. Reform
  9. Flying George
  10. Turn Down Day
  11. Return
  12. Theme From A Summer Place
  • tronika(2003年2月26日)
  • LOOPHOLE(2003年11月27日)
  • '''sketches & notations'''...SKETCH SHOW REMIXES...(2004年9月1日)リミックスアルバム

アナログレコード[編集]

  • ekot/chronograph(2003/3/29)
  • LOOPHOLES(2004/1/31)

参加アルバム[編集]

  • Strange Flowers Vol.1(2002/4/3)
  • スペースインベーダー大作戦(2003/8/4)
  • audio sponge(1)(2003/9/1)
  • audio sponge(2)(2004/7/5)
  • TOKYO LOUNGE Vol.4(2004/12/27)
  • 「男はソレを我慢できない」OST(2006/7/26)

DVD[編集]

  • ワイドゥド・スケッチ・ショウ/ Wild Sketch Show Live 2002(2003年9月25日)

外部リンク[編集]